パウダーキャンプ

 1月28,29日 【戸隠】
11/12シーズン滑走10,11日目 Armada JJ(175cm),Onyx,TLT5,CT40
28日 五地蔵山でちょっとヒヤリ。



毎年山スキー界の有名人がおーすけさんの山荘に集うパウダーキャンプ、今年も末席を汚させていただきました。

初日は中妻山の予定だったのですが、先週末の日照を挟んだ降雪続き、さらに前日1日だけで45センチも積ってしまったことから雪崩を警戒して五地蔵山に変更しました。

ウチの山岳会メンバーと新潟稜友会のSさんの6名。戸隠キャンプ場からの入山です。 この通りの天候で五地蔵山は全く見えていません。
2012PC0005.jpg 

沢を2本越えて1347の尾根に乗る五地蔵山最短ルート。
2012PC0011.jpg 

大御所、意外にお茶目。尾根に乗ったところでコーヒーデリバリーサービスがありました。
2012PC0006.jpg 

きついけど変化に富んでいて楽しいハイクが続きます。 和気藹藹。
2012PC0012.jpg 

なんせ麓の1日で45センチですからワッフ音やシューティングクラックなど雪崩の兆候を探しながら登りましたが、この時点での全員の感触は「安定」。強いて言えばクライマーズレフトの急な沢に見えていたクラックが唯一の気がかり点でしょうか。
2012PC0014.jpg 

おーすけさんは歩きながらも所々で素早くピットチェック。こんなに遅れてもあっという間に追いついてきます。
2012PC0015.jpg 

最初から最後までこんなラッセルでした。6人もいたし、みんなつわ者なので私は大分楽をさせてもらいました。
2012PC0017.jpg 

山頂が見える辺りまで来ると木は雪をまとっていません。風で飛ばされてしまうのでしょう。ウィンドスラブになっていなければいいんですが。
2012PC0019.jpg 

狙っているのは木立の向こうに見えている開けた魅力的な沢です。下部はかなりの傾斜ですから、雪の安定性が気がかりです。果たして入れるのでしょうか?
2012PC0020.jpg 

山頂までの標高差650mに4時間10分もかかりましたが、そこに待っていたのは…
2012PC0025.jpg 

神の頬笑み。
2012PC0024.jpg 

何人かのピットチェックでは80cmの所に固い層があるものの結合は良さそうとの事。
2012PC0026.jpg 
ということで慎重に沢を滑る事にしました。それが冒頭の動画。

いやぁ、今回もまた素晴らしいパウダーでした。特に2ピッチ目は傾斜も出てきてフェイスショットの連続! 何だか上手くなったかと勘違いしてしまうような素晴らしい深雪パウダーです。ここはニセコか?

雪崩の兆候は全くなく私はこの時点で完全に警戒を解除、能天気滑走モードに突入していましたが、おーすけさんはあくまで警戒態勢を崩しません。入念に地形を観察し滑走ラインを指示します。

3ピッチ目を私が3番手で滑ったところ、何回目かのターンの瞬間にスラフがザー…。下にいた二人があわてて逃げて行くのが見えました。逃げ足速い速い。滑っている私は余り危機感がなかったのですが、私以外全員にバフッという大きなワッフ音が聞こえたそうです。まだ降ったばかりでスラブ化していなかったためにカタストロフィックな雪崩にはなりませんでしたが、コワイコワイ。 ピットチェックで検出した80センチの層の破壊や滑りではなく、別な層に空隙ができていてそれを私が潰したのだろうと想像します。

その後は安全地帯まで慎重に慎重にラインを選び、斜面に圧を掛けないような滑りを心掛けて無事生還しました。 あー、よかった!

夜は山荘に一同が会して昨シーズンの成果報告会。 今年はアイドルしょうこちゃんの姿がないのでセクハラ発言できないのがとっても残念でした。私はGWの黒部横断を、相方のまっちゃんは単独サラサラ越えを発表しました。
2012PC0030.jpg 

酒は各自なんて言うから集まる集まる。 これは新潟のある料亭が造らせた未市販の貴重なお酒だそうです。
2012PC0027.jpg 

なもんでウチのメンバーはみんな早々に倒れていました。
2012PC0029.jpg 

ZZZZZzzzz…。
関連記事

コメント

非公開コメント

http://shophoto.exblog.jp/

楽しそう!行きたかったです(笑)

あの後、松葉杖なしで歩けるようになりました。
常さまのおかげです。
ありがとうございました(^_^)v

しょうこちゃん、

元気そうな顔を見せてもらって安心しました。
しょうこちゃん根性あるからだいじょうぶだな。

あとはリハビリあるのみ!