Respect

9月19日【75歳スーパーおばあちゃん甲斐駒ダイアモンドフランケ赤蜘蛛を攀る】

NHKホリデイ・ドキュメンタリー(19日18:10~18:45)
あこがれの大岩壁へ~限界に挑んだ75歳~

(以下無断転載)
平均年齢65歳のロッククライミング集団が長野県にいる。その名も「エンドレス・Gチーム(終わりを知らない、じいの集団)」。垂直に切り立つ絶壁を軽々と登る“スーパーなお年寄り”たち。今夏、最大傾斜130度、絶壁が300メートル以上も続く甲斐駒ケ岳の「ダイヤモンドフランケ 赤蜘蛛ルート」に挑む。家族や仲間の死、自らの大病。積み重ねてきた人生を背負い、老いてなお、命がけの挑戦を続ける彼らのひと夏を追う。

昔鳴らしたクライマーが再びっていうなら分かるんだけど、このおばあちゃん人工登攀初挑戦みたい。登攀技術はもちろん、アプローチすら体力的にきびいしい状況でどうしてそんな前向きでいられるんだろ。

成功に導いた仲間達(赤蜘蛛開拓者)も素敵!ってかそういう仲間を持つお人柄なんだろなぁ。

最近背中を押される事が多い。

関連記事

コメント

非公開コメント

見たかった!

うわ、すごい番組があったのですね。
チェックしてませんでした。見たかったなぁ…。
もう若くないからって、ついていけないからって
自分に限界を作るのは簡単。
でも、そんな人生はつまらない。
…最近の自分に当てはめて、
ちょっとカツを入れてみます。

テレビ

ご覧頂きありがとうございました。
もうちょっと頑張ってみます。

無限界

ニシさん、

なにをおっしゃいますか。山も仕事もあんなにアクティブにやっておられるのに。どっちもこれからの10年が脂が乗る時ですよ。

私も実際には歳による限界なんて感じていないのに、なんとなく自分で限界を作っていました。っていうか逃げの言い訳にしてたみたい。

がんばるぜぇ! ところで、飲みいこか。

この度の快挙、本当におめでとうございます。心からお祝いと申し上げるとともに驚嘆しております。

su-さん、

まさか御大からコメントを頂けるとは思いませんでした。クライマーの端っこにも入れない私のおふざけブログにおいでいただきお恥ずかしい限りです。

登り終わって岩小屋に着いた時に見せた河西さんの笑顔、準備段階でのsu-さんの河西さんを登らせることへの熱意と余裕、とても印象に残りました。多くの知り合いが感銘を受けています。本当にありがとうございました。

これからのますますのご活躍をお祈りいたします。