2011年8月北鎌尾根・貧乏沢下降編

8月12日快晴♪

中房温泉登山口(4:55)-合戦小屋(7:25)-燕山荘(8:32)-(12:05)大天井ヒュッテ(13:05)-貧乏沢分岐(13:27)-天上沢出合(16:10)-(16:30) 北鎌沢出合ビバークサイト

こんな素晴らしいお天気に恵まれて縦走がスタート。     Photo yuka
7320088_1272513849_224large_0.jpg 

日本アルプス3大急登の一つに数えられる合戦尾根。言われるほど厳しくはないのですが今日の我々は北鎌沢出合までの長丁場。軽装のハイカーに時々抜かれるスローペースでのんびり登ります。

合戦小屋のスイカを見送ってしばらく行くと槍が遠くに姿を見せました。しっかし、遠いいなぁ。
Aug_Kitakama0004.jpg 

燕山荘はもうすぐです。 前回、前々回共にこの辺りは日差しをもろに受けて辛い区間だったのですが、今回は比較的気温が上がらず楽でした。Photo 
Kitakama_Hime0021.jpg 

燕山荘でグラビアから抜け出てきたようなカラフルな山ガ・山ボの姿を堪能した後は静寂の表銀座へ入ります。 Photo 姫
Kitakama_Hime0033.jpg 

北アルプスの山々に囲まれた稜線漫歩。夏山JOYですねぇ。Photo yuka
7320088_1272513975_82large.jpg
 
涼風が吹き休憩中は寒いくらい。真夏の快晴の北アルプスでレインウェアを着たのは初めての事。 暑くないと体力消耗は大幅に少ないですね。Photo 姫
Kitakama_Hime0040.jpg 

                                      Photo 姫
Kitakama_Hime0050.jpg  
 
槍の手前に見えている小ピークが牛首。まだしばらく見えませんが大天井ヒュッテはそのコルにあります。
Aug_Kitakama0025.jpg

見えました。でもここまでせっかく登ってきたのに急降下はもったいないです。
Aug_Kitakama0027.jpg 

ヒュッテを目前になんでこんな所で休んでいるかというと…    Photo 姫
Kitakama_Hime0065.jpg 

荷揚げでした。バックは先月3人で歩いたジャンダルム。    Photo 姫
Kitakama_Hime0068.jpg 

ヒュッテでカレーうどんを食べたりビールや缶酎ハイを買い込んだりで1時間ばかりの大休止。ザックにヘルメットを付けた 北鎌狙いらしい単独の方もいらっしゃいましたが、この方とは最終日の合戦小屋まで何度もお会いすることになります。

貧乏沢分岐点はヒュッテから20分ほどの所。目立たない看板もあります。(マウスオーバー)
この地点が分からずに30分も探し回ったという記録もありますが、地形的に大きな特徴が2つもあるので地形図さえしっかり読んでいれば通り過ごすことはありません。 Photo 姫
  

ハイマツ漕ぎあり、                         Photo yuka
7320088_1272513892_5large.jpg 

ガレ歩きあり、                             Photo 姫
Kitakama_Hime0083.jpg 

藪漕ぎあり。                             Photo yuka
7320088_1272513884_27large.jpg 

右岸に本流が合流する前後からはどこを歩くかはルーファンとセンス次第。我々はできる限り沢床を歩かないようにしました。多分その方が楽で早いと思います。  Photo 姫
Kitakama_Hime0095.jpg 

左岸に枝沢が合流するこの地点は絶好の休憩ポイント。これまでは時間に追われて貧乏沢で休憩などした事がないのですが、今回は時間もたっぷりあるし夕立の心配もなさそうなので枝沢の水を浴びてリフレッシュです。上部のガレ場で追い越した先ほどヒュッテで見かけた単独の方はここで再び先行されて行きました。  Photo 姫
Kitakama_Hime0096.jpg 

振り返ってみればずいぶん下りてきました。さてともうひと頑張りしましょう。Photo 姫
Kitakama_Hime0097.jpg 

毎度感謝の緑の固定ロープ。これが出てきたらあと少し。   Photo 姫
 Kitakama_Hime0101.jpg

やっと天上沢に出ました。毎度の事ながら長くて鬱陶しいだけで面白みゼロの貧乏沢下降でした。その上合戦尾根で稼いだ標高差1160mをこの下りで760mも吐き出してしまいます。Photo 姫
Kitakama_Hime0103.jpg 

広い天上沢は北鎌沢出合の手前から伏流しています。水俣乗越からの登山者でしょうか、5,6張りのテントがあって皆さん既にくつろいでおられました。前2回はここまで来るともうヘロヘロでしたが、今回は軽量化の甲斐あって余裕です。Photo 姫
Kitakama_Hime0105.jpg 

北鎌沢の真正面のちょっとした高台に恰好のビバークサイトが見つかりました。豪雨で増水した場合の退路を確認しあってから宴会開始~。Photo 姫

Kitakama_Hime0106.jpg 

流水で冷え冷えになったビールと牡蠣缶、最高!! yukaさん、隠し玉サンキュー!! Photo yuka
7320088_1272513843_134large.jpg 

本日の行動時間11時間半也。(休憩含む)
関連記事

コメント

非公開コメント

写真見るだけでも嬉しい

記事見ていると
なんで常吉さんと友だちなの?
と、聞かれて仕方ないな~と溜息つきながら眺めています(笑)

山海亭は名前が変わったように経営が変わり、私たちはもう行ってないの。
板長さんは同じだから料理は美味しいでしょう。

山海亭改め匠

えみ丸さん、

帰りに寄れなくてごめんなさい。

共同経営だった山海亭が単独経営になったのを機に匠に改称したそうです。以前を知らないのですが味もサービスも大満足でしたよ。えみ丸さん達はやめてしまった経営者の方が御贔屓でしたか?