2011年8月北鎌尾根縦走・始めに

4年に1度の北鎌縦走】2011年8月12~15日

2003年夏、2007年夏と2度も歩いた北鎌尾根。もう行くことはないと思っていたんですが…。

今回の同行者。
元々バリをやりたくて会に入ってきた姫(ブログ)…。
月の半分は日本中の山々を渡り歩いていて、バリやらないと行く所が無くなっちゃう勢いのyukaさん。

思えばこれが登山口。
P1090141.jpg

しかし問題は私の体力。ここ何年か持久力トレーニングを続けてきたとはいえ心肺機能は年齢支配。初めて行った時は軽量化など全く気にせず、無洗米8合・ガスカートリッジ大3個・アルパインルートが登れるだけのフル装備とかで推定ウェット重量25kg超えを担いで登ったものですが、もうそうはいかないのは自明の理。

軽量化に励んで、水2.5L入れた状態で初日は15kg、2日目の北鎌沢遡行時は更に2.5Lの水を追加した状態で17.5kg(推定)に収まりました。姫とyukaさんは初日ウェットで12~3kg、2日目のMaxで14~16kgくらいだったかな。 

えっ、まだ重いじゃんって!?
それがねぇ、3人とも酒とつまみは離せないもんで…。

軽量化のために朝晩はアルファ米、スパゲティ、カップヌードルなどお湯をかけるだけで完成するものを、行動食は現場監督さんに教えて頂いた山崎のローズネットクッキー(622kcal/100円)を1日2個の他、ZAVASエナジーアップタブ、アミノバイタルプロで不足分を補いました。これで特に行動食の軽量化を図る事ができました。ガチャはルートミス時の懸垂下降用に30m補助ロープの他必要最小限。コッフェルとガスは3人で1個、日焼け止めや虫除けも各人が持たずに共同装備です。

ルートは、往きはだんだん近づいてくる北鎌にワクワクドキドキ、帰りはその稜線を真正面に見ながら達成感にどっぷり浸れる表銀座・貧乏沢コース。時間に追われる辛い縦走など端から頭にないので稜線上での1泊宴会を含んだチャラチャラ3泊4日で行ってきました。


コンセプト早出早着き、ゆるゆるゆったり、のーんびり。

結果:前回以上に余裕でしたよ~♪
前泊 中房温泉Pで18時前から
MEMO0001.jpg 

初日:北鎌沢出合で16時半から
7320088_1272513849_224large.jpg 
7320088_1272513845_79large_1.jpg 

2日目:北鎌平直下の稜線上で14時半から。
7320088_1272513258_244large.jpg 

7320088_1272513255_88large.jpg

3日目:大天荘テン場 15時から
7320088_1272512631_217large_1.jpg 

4日目 おまけ  松本駅前で17時半から閉店まで。
7320088_1272533482_215large.jpg 

目指せ2015年!?
関連記事

コメント

非公開コメント

おつかれさまです!
4年に一度で3回目とは、北鎌マスターですね(●^o^●)
いつか行くときのために、
参考にさせていただきます。

ハーレムハーレム、よかったですね(笑)

俺達2人で131歳!北鎌尾根に挑む

常吉さん、こんにちは 佐藤です(赤木沢でお会いした)

「俺達2人で131歳!北鎌尾根に挑む」で、常吉さんの書き込みを見つけました。ここで北鎌に挑んだTッちゃんは、最近私のパートナーです。北鎌挑戦を終えたお盆休みも、もう一人の三人で錫杖岳左方カンテと3ルンゼに挑戦してきました。また今年になって山スキーを再開したり、沢登りに挑戦したりと大変元気なおじいちゃんです。そのうち、どこかの山で常吉さんにあえたらいいですね。

北鎌滑降

しょこちゃん、

北鎌、楽しいよー。ちょっとだけ体力いるけど是非歩いてみてください。
つーか、おーたんと滑っちゃってください

その時は中房温泉までお付き合いしますからね。

感動と鼓舞

佐藤さん、

あのお二人とお知り合いどころかロープを組んでいらしたのですね!? 

”垂直思考で岩壁を攀じる事に没頭した日々、クラシックルートの北鎌尾根は私の選択肢から消え去っていた。(中略)槍ヶ岳北鎌尾根! そこには何かがきっと待っているはずだ、心の忘れ物を取りに登ろう。”(ブログ原文より拝借)

筋金入りのクライマーだったお二人が「そろそろ歳だし北鎌でも歩いてみるか」なんてやってる事がカッコ良すぎるんですが、それだけじゃなくてファッションもカッコいいですねぇ。

「ウォルター少年と、夏の休日」に出てきたおじいちゃん二人と重なっちゃいます。

こちらは「軟式クライミング部」(現場監督さん、パクらせて頂く事にしました)で足元にも及ばないんですが、あこがれちゃいます。

山スキーも再開されたとのこと、ますます第2の山人生を謳歌されているんですね。いつの日にか先輩方・佐藤さんとお会いできる日を楽しみにしております。

機会があったらお二人によろしくお伝えください。私もまだまだ頑張ります!

最高ですね!

天気もメンバーも最高で、羨ましい限り。
「軟式クライミング部」というより「酔いどれ岩ガール部」といったところでしょうか?

ザキヤマのクッキー、甘いの苦手でなければ「カ○リーメ○ト」なんかより食べやすいでしょ。何よりコストパフォーマンス。

北鎌の次も楽しみにしております。

Ⓒフェース

監督さん、

姫が「軟式クライミング部」すっかり気に入っちゃったので勝手に使わせていただいてます。ホントはⒸ現場監督さんって書かなきゃいけませんね。

ガールじゃいくらなんでもおこがましいです。あっ、「姫」もか。