予想的中

 3月27日 【水上高原宝台樹スキー場ファイナル】
今季滑走33日目(Sugar Daddy, ONYX, TLT5)

原発との必死の戦い、被災者の方々の事、万が一の時の家族の安全確保、いろいろな状況を考えるとまだ自粛が妥当だろうとは思っているのですが…
P1090057.jpg
鬱々とした気分で自宅にいるのに耐えきれず、ストイックな練習ならいいだろうって免罪符の下、行ってきました。

こんな状況下ですから今日は早くも今季ファイナルデイです。リフト券格安(差額は募金箱へ入れました)、駐車場無料、そして思った通り一般レッスンの生徒は私だけ

急遽決めたのでONYXを移植する時間がなくてファットスキーでの受講。もっとも私の場合板以前の問題なので、スーパーファットじゃなきゃ何でもいいんですがね。
P1090054.jpg 

ボードのグラトリ大会が予定通り開催されたので、坊主頭にサングラスと野球帽、大きな刺繍の入ったウェアーに腰には何だかチャラチャラぶら下げて、足の長さは身長の1/4くらいでしょうか、そんな人ばっかり。写真撮ろうかと思ったのですが、自粛。

午前午後合せて4時間のマンツーマンレッスン。お陰さまでいろいろ分かりました。今日もまた8時半の1番リフトから16時半の最終リフトまで昼飯抜き、ビールなし。トイレ以外板を外すことなしで目一杯。来シーズンは山を封印してここで練習に専念してもいいかななんてチラッと…。

ここ水上町にも片品村にも多くの被災者の方が避難されてきています。今度の週末は私もこの辺りの山に入る予定ですが、くれぐれも遭難事故など起こして地元の方々にご迷惑をおかけすることなどないようにしたいと思います。昨日今日、避難されてきた方々のお子さん対象に無料スクールを開催したというお話、良かったなぁ。

関連記事

コメント

非公開コメント

そろそろ

まさか、あんな大きな災害に見舞われるとは誰も予測していませんでしたよね。
日が経つにつれ、被害の甚大さに打ちのめされる気持ちでした。
折からの燃料不足もあり、国民全体がレジャーの自粛モードに入ったような感じでしたね。
自分も滑りと山を自粛していましたが、漸く谷川岳ロープウェイも運行を再開し、これを機に自分も山を再開しました。
全国各地の観光施設も自粛モードの影響を受けたようですが、景気の気は気持ちの気、このままでは経済も停滞してしまいますよね。
景気も良くならなければ被災地の復興も無いと思います。
自分達のできることをやりながら、レジャーも復活しないといけませんね。

わたしも

sakusaku_fukafukaさん、

私も悲惨な光景や救援の方々の必死の作業を考えるとスキーに行きたい気持ちがちっとも湧いてきませんでした。

でも日本中がいつまでもそれじゃいけませんよね。私も復活です。今週は被災者を1000人近くもバスで迎えに行って受け入れてくれた片品村の観光業に少しだけ経済貢献してきます。

これからのビッグマウンテンシーズン、お互いに安全に楽しみましょう。雄大な風景やスリリングな滑走風景を楽しみにしております。