上富良野遠征2日目

2月12日 【はしご】 今季滑走24日目(JJ, ONYX, TLT5)  

晴れ後曇り:AM富良野岳ベベルイ川&ジャイアント尾根、PM三段山
 
白銀荘→(車)→バーデン上富良野前→ヌッカクシ富良野川渡渉→三峰山沢渡渉→北尾根トラバース→ベベルイ川スノーブリッジ(1000m付近)→ジャイアント尾根→1680付近→ベベルイ沢滑走(~1400付近)→ジャイアント尾根登り返し(1650付近)→ジャイアント尾根滑走→ベベルイ川スノーブリッジ(1100m付近?)→北尾根西斜面~末端トラバース→三峰山沢渡渉→ヌッカクシ富良野川渡渉→バーデン上富良野→(車)→白銀荘→三段山(1410付近)→白銀荘へ滑走


午前中の晴れを活用するために5時に起きて7時に白銀荘発。

バーデン上富良野前の駐車スペースに車を停め、堰堤のすぐ上を並んで流れるヌッカクシ富良野川と三峰山沢川を渡渉して北尾根をへ取り付きます。上に向かうトレースを無視してベベルイ川に向かって尾根をトラバースし、危なっかしいスノーブリッジを怖々渡ってジャイアント尾根に入りました。

森林限界付近でトレースに出合うまでずっとラッセルが続きましたが、FATなら概ね足首程度。北尾根を少し登ってからこちら側へトラバースしてくるトレースを使った方がラッセルがない分速かったようですが、無風晴天、人の気配のない静寂の森のとても気持ちの良いハイクはもちろん 正解。
P1080791.jpg

帰りのツリーランを考えると思わずニヤニヤしてしまう雰囲気の良い斜面を抜けて森林限界に近付いてきたところで北尾根のトレースを使って登ってきた杉さんパーティと遭遇。P1080793.jpg 

P1080799.jpg 

尾根のツリーランを楽しむつもりでしたが、クライマーズレフトに広がるベベルイ川の源頭部が余りにも魅力的じゃありませんか。急遽これを滑る事にしてもう少し上のドロップポイントまで上がる事にしました。
P1080800.jpg  

ドロップポイントに着きました。まだ誰も滑っていません。早起きの勝利です。
Photo:Keiko隊長
2011.0210-14吹上温泉白銀荘 026 

こんな景色に向かってエイヤッと身を投げます。奥から前十勝岳、三段山、上富良野岳D尾根、富良野岳北尾根。
P1080802.jpg
 
出だしの10mこそこそウィンドパックされていましたが、そこから下は面ツルパフパフ、歓声の世界!

Skier:T.O. 今回FATに替えて滑りがまた一段と果敢になりました。
P1080808.jpg 
 
広かった沢がゴルジュに変わり、つまらなくなった所でジャイアント尾根に戻ります。もちろん今度はあの快適ツリーランを目指して登り返しです。
P1080810.jpg 

森林限界まで登って滑走開始。しかし往きに通った雰囲気の良い樹林帯には何故か出会えないままに渡渉点付近まで下りてしまいました。
P1080815.jpg

もう一度登り返してあの樹林帯を滑りたいとの声も上がりましたが、降雪が予想される明日の為に三段山の下見をしておく事にしました。

白銀荘の駐車場が三段山ツアーのスタート地点。ほとんど平坦な切り開きは多数のトレース踏み固められています。正面に1段目の段差が見えてきました。
P1080823.jpg 

山頂まで上がるつもりでしたが、2段目に上がると吹き飛ばされるような強風が待っていたのでここで断念。明日は多分ここまで上がってこられないでしょうから下見としては十分です。 この写真を撮るためにグローブを外すのはちょっと決意が要りました。P1080825.jpg 

メリハリある斜面を一気に滑り降りると白銀荘の駐車場。すごい立地。
P1080826.jpg

今日も休憩1回もなしで頑張りました。行動食が余って仕方ありません。

15分後にはビア&露天風呂。(前夜撮影)
P1080701.jpg 

つづく
関連記事

コメント

非公開コメント