戸隠パウダーキャンプ

1月29,30日【中妻山、佐渡山】
今季滑走19,20日目(JJ, ONYX, TLT5)  同行者のルート図

山スキーMLの大御所達が年に1回戸隠の山荘に集うパウダーキャンプ。30人以上が揃うので昼間は各会毎に分れての行動です。 土曜日、我々の会は高妻山と乙妻山の中間ピーク(2297峰、通称中妻山)を滑る事にしました。

山荘を出てみると予想外の青空。
P1080621.jpg

大橋から佐渡山のコルを経由して氷沢川に滑りこみ、梯子尾根を登って中妻山を目指します。これは佐渡山の尾根。
P1080626.jpg 

OMさんのTLT5 Performance。CarbonカフのTLT5ハイエンドモデルです。
P1080627.jpg 

梯子尾根1912付近。体力的にエキスパートチームに全く付いて行けない我々ロートル3人は別パーティとして行動していましたが、体調不調(=飲み過ぎ・睡眠不足)でエキスパートチームから脱落してきた2人をこの辺りで吸収して5人パーティになっていました。
P1080632.jpg

1980付近でメンバーがギブアップ宣言。とは言え70歳に手が届こうという年齢で私と同じペースでここまで登って来たのですからすごい事です。エキスパートグループはこの時点で既に山頂(2297)でのピットチェックが終わり滑り始めるとの無線連絡が入ってきました。速いなぁ。後で聞いたら梯子尾根は標高差600m/時間を超えるペースで駆け上がったとか。
P1080633.jpg

奇声とパウダーを上げてエキスパートグループが滑りこんできました。
いいなぁ。私としては珍しくピークに未練があったので羨ましかったです。
P1080634.jpg  
  
そしてスキーヤーズレフトの沢を滑降。ちょっと重めパウダーでしたが、広い上部はカ・イ・カ・ン…

Skier  xx101
50deg.jpg 

下部でV字谷となった沢を出合手前まで滑り込んだあと、まだ体力のあり余るエキスパートグループは更に佐渡山に登りましたが、我々ロートルグループはコルから往路の尾根を滑走。雪も良くて意外な快適滑走。後で話を聞いたら我々の方が楽しめたようです。

そして本番。
今回は我々の会の他に新潟稜友会、シーハイル、RSSA、TAC、有名なお医者様、フランスからの参加者など30名を大きく越えて遅くまで盛り上がったようです。
P1080640.jpg 

アイドル系エキストリームスキーヤーSHOちゃん、セクハラ口撃ゴメンなさい。すっかり壊れてしまった某有名テレマーカーに負けない常吉だったようです。
P1080658.jpg 

日曜日は新潟稜友会のお二人とRSSAのSHOちゃんが加わって総勢19名でお手軽な佐渡山へ行きました。 昨日と違って私でも付いて行かれるのんびりペース。
P1080663.jpg

一晩で40cm以上積もったのでこんなラッセルでしたが、人数が多かったのが幸い。 大橋から全く休憩なしのフルラッセルで山頂まで2時間半でした。 
P1080666.jpg

山頂で2班に分れて北東面を滑走。軽い粉が沢山積もったのでバフバフです。
Skier①熊谷山旅会マッキー、Skier②新潟稜友会Sさん[広告] VPS

Skier Fumi
MT_SADO.jpg  

そしてまだ滑った事のない斜面を探検するために1738Pへ登り返したのですが、その途中で友人のONYXの前ピンが折れるというあり得ないトラブルは先日お知らせしたとおり。(原因究明はまだですが、とりあえず新品が送られてきたそうです。)
G3 ONYX 致命傷 

P1080675.jpg 

1738P南西尾根の快適なパウダーツリーランを楽しみ、黒姫山登山道のトレースを使って大橋へ下山しました。 心配された友人も片足に荷重をかけない見事な滑りでパーティーから遅れることなく無事下山しました。

関連記事

コメント

非公開コメント

標高差600m/時間とか、佐渡山はゆっくりペースだったとか、みなさん凄すぎます(笑)

常吉さんジェントルでしたよ、どこがセクハラだったのかわかりません(笑)
「すっかり壊れてしまった某有名テレマーカー」はウケました。
面白かったですよね。

肉離れ治しつつボチボチ頑張ります。

SHOちゃん、

「常吉さん、昨日のセクハラ口撃すごかったですねぇ」とか
「ぶなのY.T」とか
酔って記憶がないのをいいことに皆にかつがれたらしいです。でもとっても楽しかったですね!

肉離れ? 私も昨年春に筋断裂しちゃいました。
無理せずお大事にしてくださいね。