急流突破訓練

7月3日 【急流突破訓練】@丹波川本流

夏の沢合宿参加者向けの急流突破訓練と泳ぎ系沢登り。私は沢合宿組ではないのですが、渡渉練習は是非やっておきたかったので参加してきました。 

直前のメールで「ウェットスーツ、ゴーグル、ザックに入れる浮力体」を持ってくるようにって…。えっ!? そんな事するの?? ビーチボールだけ買って参加しました。
July_Tosho_train0005.jpg July_Tosho_train0006.jpg
      
数日来の雨で丹波川はご覧の通りの急流になっていました。昨年同時期の倍の川幅だそうです。
July_Tosho_train0007.jpg

リーダーが張ったロープにビレイを取って渡渉を始めた途端に一人が流されるアクシデント。膝上位の水深ですが水流が強すぎて立ち上がる事が出来ず、二人掛りで浅瀬に引きあげました。いやぁ、想像を越えるすごい水勢です。
July_Tosho_train0009.jpg

固定ロープに掛けるスリングの長さを試してみたり、いったん流されたらどうなるかを実地体験したり。
July_Tosho_train0034.jpg

写真には撮れていませんが、流されるとロープが水没し水勢を受けてゴムのように伸びます。
July_Tosho_train0035.jpg  

何とか立ち上がれたとしても…
July_Tosho_train0036.jpg

空中に出て水勢を受けなくなったロープが縮んで引きずり倒されてしまいます。これの繰り返し。絶対に流されてはいけないということです。
July_Tosho_train0037.jpg

3人でのスクラム渡渉。互いのザックのショルダーストラップ を掴みあって相手の体を下に押しつけるようにして渡ります。一人がバランスを崩しても二人で対応できるのでかなり安心感があります。          
July_Tosho_train0010.jpg

こちらは3人が輪になって回転しながら渡渉する方法。上流側に来た1人は動かず確保に専念するので非常に安定しますが、時間がかかります。流芯に差し掛かった時だけやればいいのかな。
July_Tosho_train0101.jpg 

この深さだと止まっていれば何とか安定していますが、動こうとするとかなり大変でした。
July_Tosho_train0013.jpg

そういう時は10mのお助けスリングが出動。補助ロープよりもずっと使い勝手が良いようでした。
July_Tosho_train0020.jpg

末端交換三角法。実際的かどうかは別問題ですが、シングルロープでの渡渉よりずっと安心感がありました。
July_Tosho_train0024.jpg

上の状態で渡渉中のトップが流された場合の対応をいろいろ確認してみましたが、上流側のロープを繰り出し、下流側確保者はできれば下流に走りながらロープを引くのが良さそうです。
July_Tosho_train0026.jpg

中間の人は固定ダブルロープで渡渉しますが、ラストは持っていた末端を対岸のメンバーに送り出してトップと同じく三角法で渡ります。
July_Tosho_train0077.jpg

午前中いっぱいこんな練習を繰り返し、午後は泳ぎ系訓練で丹波川の遡行です。
えー、ホントにやるの~~!? こんなに増水してるんだよ~~。
July_Tosho_train0081.jpg


ホームセンターで買った290円の作業用手袋をしていた私はこのトラバースに失敗して流されました。 濡れるとゴム?部分がツルツルです。
July_Tosho_train0083.jpg

リーダーが左岸から飛び込んで突破した急流のゴルジュ。他の人はどうしても突破できずザックを浮き輪にしてロープで引き上げてもらいました。
July_Tosho_train0093.jpg

我々特攻Cチームはここで遡行を断念。ヤッタネ (^O^)/
ザックを浮き輪にして流されて下るのは楽チンで楽しかったのですが、膝くらいの浅瀬に来ても脚力がないと身体を止めて立ち上がることができません。女性はやらない方がいいかも。
July_Tosho_train0097.jpg 

下)finetrackフラッドラッシュスキンメッシュボクサーショーツ、速乾ボクサーショーツ、Phenix 4DM(サポートタイツ)、finetrackフラッドラッシュタイツ、finetrackストームゴージュパンツ
上)finetrackフラッドラッシュスキンメッシュT、PhenixアウトラストロングT(厚手)、finetrackフラッドラッシュジップネック
午後はこれに加えてゴア雨具上下。摂取エネルギーはパウンドケーキ中心に1020kcal。
さすがに寒さは全く感じませんでした。


さすがの特攻A,Bチームも余りの水量にてこずり、その後2時間もかけて100mか200mしか進めなかったそうです。
July_Tosho_train0102.jpg 

明日は上昇志向チームは一の瀬川遡行で更に精進、もういいよチームは竜喰谷で楽しい滝登りです。


関連記事

コメント

非公開コメント

こ、、怖い…。

訓練おつかれさまでした。
水嫌い(というか水恐怖症)の私には、ありえない訓練です~。
でも、沢シーズンに向けて、すごくしっかりと訓練をしているのですね。こういう取り組みって、会によって全然違うんだなぁ…。見習わなくては。

かなづちです

私も苦手。なので癒し渓専門です。でもどうしても渡渉が必要な場面がないとも限らないので一応体験したのですが、水勢の想像を超える強さを知りました。なんでも体験してみないと分からないものですねぇ。