消えた10d

6月27日 【ランナウト】@西国分寺 

今週末は母親にお付き合いしなきゃいけない用事が幾つかあったので山はお休み。 日曜日の昼間はちょっと時間があったのでjuqchoさんを誘ってY女史と3人で西国分寺のランナウトで遊んできました。

Photo juqchoさん
20100627_01.jpg

ジムには会のNさんとミカちゃんが来てました。ミカちゃんはクライミングを始めて間もないというのにもうイレブンなんだってね。モダンバレーで鍛えたという股関節はズルいくらい柔らかいし、あの身長とあの手足の長さ、羨ましいなぁ。昔会社の山岳部に在籍していたI さんとも久々にお会いしました。宇都宮時代は敵じゃないと思っていたのに今じゃ私よりず~っと上でした。

ただでさえ下手糞な私は前夜千葉くんだりまで遠征して学生たちと飲み会をしていたので強烈二日酔い。3月の筋断裂から復帰3回目なので難度追求は捨てて、保持力強化をメインパーパスということにしておきましょう。

アップに登った5.8,5.9ですら我ながら危なっかしいムーブの連発。なのに三次元壁に移って登った10dはあっけなくOS。ちょっと変だなぁとは思ったのですが、案の定ぬかよろこび。帰る間際によく見たら実は10bでした… 。

その後スラブ壁の10c(水色斜めバー)でまさかの敗退。10cはスキーシーズン前のOSグレードだったのでがっかりでしたが、次に登ったjuqchoさんも敗退。10cにしては難しい課題だったのかも。最後にスラブ10aでクールダウンしてから得意系のボルダリングでしばし遊んで帰宅しました。 juqchoさん、Thanks!

その後juqchoさんはご尊父様の79歳のお誕生祝いで親孝行、片や私は83歳の母親に小川町の古い割烹料理屋に連れて行ってもらう親不孝。

ところでこれからのシーズンに向けてアルパイン用のクライミングシューズを買い換えました。定番中の定番Spire(fiveten)です。ホントは評判のGrand Stone(fiveten) 狙いだったのですがCalafateで仲根さんのお話をいろいろ伺っている内に心変わり。
 Spire.jpg

これは02年以来私のアルパインクライミングを支えてくれたDiablo(Boreal)です。足入れの良さと長時間履き続けていられる快適性は評判通りで満足していたのですが、 なぜか今月の谷川岳×2で親指の爪が死んでしまったので…。
Diablo.jpg 

なのでDiabloよりも1サイズアップ、フリー用のAnasazi(中段のベージュの2足)に対しては2サイズもアップしました。 こうしてみるとちょっと不安になるくらい大きいです。
Shoes_10.jpg  

今日は履きなれたKeen のサンダルでも靴擦れしてたし、足まだ成長中なのかも…

関連記事

コメント

非公開コメント