EVの未来を語る

 9月16日 【宇都宮】

EV(電気自動車)の乗用車としての未来ってどうなの?
その心臓部を開発しているエンジニアとな議論をしようと呼び出した。
P1s.jpg
出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/360795/blog/14212131/

会議を放り出して来てくれたし、是非とも 「日本一」に案内したかったんだけど残念ながら定休日。懐かしいおかみさんの声が電話で聞けただけ。
で、西口で最近気に入っている魚とお酒が美味しいお店に行って乾杯。

でも結局オレ達こんな話題ばっかだったな。
CAM 
あとエリア62のボルダー群とか八甲田とか。

カムトレ、よろしく。その内A1もね。

関連記事

コメント

非公開コメント

おっ

下の画像に目が行っちゃいました(笑)
このサイズが本ちゃんで使う頻度が高いです◎

本題、けっきょく化石燃料が軽量で、車を運転する楽しみを損なわない、ということかな。

ゴルフSTI、BMWやベンツのコモンレールにしても、最近の日本のエンジン技術はドイツに負けてるような気がします。

カミサンのポロが7年目、買い替え時期なんですが・・国産ハイブリッドよりも、同じ値段ならTSIエンジン車が欲しい自分です。


さすが!

杉さん、

その通りです。電気自動車は個人で所有する乗用車としては疑問です。

実際的な大きさのバッテリーを積んだ場合、航続距離と充電時間の問題で「好きな時に好きな所へ」行かれなくて乗用車失格。バッテリーの革新的な進化には未知の元素の発見が必要だそうですし。
カーシェアリングのコミューターとか市内の配送車とかで活躍するんでしょうね。

エンジン技術、気が付いたらディーゼルもガソリンもまた背中が見えないくらいドイツに引き離されてしまいました。TSIにしても派手な部分につい目が行くのですが、そうでない部分でも「ここまでやるか」ってくらい基本に立ち返って設計されています。

脱帽です。杉さんにも。

車もガスや電気で走るようになってしまうんですかね
ガスとか電気とか目に見えないものが嫌いなんですが•••

やっぱ、カムだとか言ってる方が好きです

上手い!

エフさん、

エフさんも機械屋さんだもんね。
2020年や30年までは今までどおり原油由来の液体燃料が主流でしょ。でもカムはなくなるかもよ、電磁駆動弁とか。

やった者勝ちだった燃焼の世界も化学の素反応論なしには語れないやっかいな世の中です。そんなもの今更分からんですよ。

我々はカムで遊びましょ。