北岳 the Second !

 8月22,23日 【バットレス第4尾根】

月曜夜に剱から帰宅して、火水大阪食い倒れ出張、木曜飲み会、金曜出発。
で、出発日を1日間違えていたことにその日の朝に気がついた。
危ねぇ危ねぇ、今回はアルパインクライマーju9choさんとの初コラボだってぇのに。
KTDK2009_0822AAs.jpg

今や日本で一番有名なツアー会社に混じって。
KTDK2009_0822ABs.jpg 

まぁ駄目かとは思っていたけど、とりあえずBガリー取り付きまで。
KTDK2009_0822AEs.jpg

これじゃモチ湧きません。
Ktd_A2009_0822AJs.jpg  

なので850円×…
Ktd_A2009_0822AYs.jpg 

明日はいいかも。
Ktd_A2009_0822AXs.jpg 

やたらクライマーが多かったので翌朝2時半に小屋を出発してBガリー大滝へ。
2枚前の写真と同じ場所とは思えないモルゲンロートの輝き。
支点の取り方がダメですねぇ。←自分
Ktd_A2009_0823ABs.jpg

 Bガリー大滝2ピッチ目をリードするju9choさん。
KTDK2009_0823ACs.jpg 

4尾根1ピッチ目のクラック。
先行したガイドさんの華麗なフットジャムを真似して両足をクラックに入れて登ってみるも足が嵌らず失敗。左足を左の壁に突っ張って安定したが、それでもあせってA0! せいぜい5.7かそこらなんだけど…。
KTDK2009_0823AIs.jpg 

白い岩のクラックを登るマッキー。ここは爽快なクライミング。
Ktd_A2009_0823AUs.jpg 

残念ながら核心の垂壁(Ⅴ)の写真はなし。
安易にハーケンの頭を踏んで登ろうとしたら、ju9choさんからの厳しいダメ出しの声。お陰で落ちたらグランドフォールの緊張感あるバランスクライミングが楽しめた。 

マッチ箱からの懸垂。
Ktd_A2009_0823BGs.jpg 

Ktd_A2009_0823BOs.jpg  

KTDK2009_0823ARs.jpg 

枯れ木テラスまでもう少し。
Ktd_A2009_0823BJs.jpg 

日帰りでの中央稜継続はあきらめ。次回!
KTDK2009_0823AWs.jpg

 
Ktd_A2009_0823BRs.jpg   
 
北岳 the Second
そう言えばこの山も登山道は知らないなぁ。 
KTDK2009_0823BHs.jpg  

KTDK2009_0823BJs.jpg

ホールド限定課題。
KTDK2009_0823BOs.jpg  

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

ju9choさん、お世話になりました。
そうなんです。4尾根は2回目。今回はju9choさんにロープを組んでもらって私の味見をしてもらう事が目的だったので、あまりややっこしくないルートと思ってバットレスを選びました。でもju9choさんがこれで4回目とは知らずに大変失礼しました。

お天気に恵まれたスカッとしたクライミングでしたね。それにビールも美味かったし、お昼寝も気持ちよかったですね。

またよろしくお願いします。

もうもう

あそびすぎっ!!(笑い

いいなぁ~(遠い目

週末は

kuroさん、

今週末は小川山FCの予定なんだけど、何やら天気が…

劔につづいて北岳も。
しかもju9choさんと。いいなぁ、いいなぁ。
岩の写真を見ていると、ワクワク?ムラムラ?してきます(笑)。

いいでしょ、いいでしょ

ニシさん、

天気予報が変わって明日の廻り目平は曇り。
なので今週末は小川山で岩三昧なり。

また遊んできます。

バットレス第4尾根も気持ちいいですよね~
私は、下部フランケから登った記憶があります。
核心部が、Ⅴ級のクラックでした。
それにしても、中央稜はいかしてますね。
是非、チャレンジしてください!

剣に北岳にクライミング三昧、すっごく充実されてますね! お天気にも恵まれて何よりです。

でも、実はちょっと本筋じゃないけど、写真に見る日本で一番有名なツアー会社って、営業しているのにびっくり! あれだけの事故を起こしながらも、ツアーに参加する人がいるって・・・。そこに一番驚いてしまって、スイマセン。この前、私が山で雑談していた人達は皆、「あのツアー会社はやめとくわ・・・」って言ってましたが、使う人いるんですね。

中央稜

サトさん、

中央稜は傾斜も高度感も4尾根とは格違いで正に「いかしてます」今年はもう無理かもしれませんが登ってみたいです。

北岳は魅力的なルートが満載ですね。

人それぞれの考えが…

MINMINさん、

遭難事故ってその日その場にいた当事者にしか分からないことが多いと思っています。また、あの会社のツアーを私自身の目で見て私自身で感じて判断する材料を持っていないので、なぜ今でも繁盛しているのか考えようとしたことはありません。

しかし、例えいわく付きの会社のツアー登山であっても独りで登るよりはその方が安全に山登りをできる方々が多いことは容易に想像できます。

私もあの日大勢の参加者を見た時は一瞬ビックリした一人ですが、あの事故の後もあのツアーに参加されている(少なくともリピーターの)方々はご自身の命にかかわる事ですから、その辺りを自分自身で判断した上での行動ではないかと今は思っています。