チンネクライミング(1)

 2009年8月14-17日 
【夢の夏休み】 w/マッキー

みくりが池山荘にて最高に旨いビール。話はこの3日前に遡る。
Tsurugi2009_0817BZs.jpg

14日(快晴)アプローチ
扇沢6:30⇒室堂8:20-40→雷鳥平9:10-20→別山乗越10:40-11:00→剱沢キャンプ場11:30-55→長治郎谷出合13:15→真砂沢ロッジ13:50

天候不順が続いたこの夏、出発を4日間遅らせたお陰でこの先数日間の好天を捕まえたようだ。
Tsurugi2009_0814ADs.jpg 

喧騒の室堂から雷鳥平へ。
ここにはもう観光客の姿はなく、トレッカーの世界。いつか家内とのんびりとテントに泊って周囲を散策してみるのもいいだろうななどと感傷。
そしてもう後3ヶ月とちょっとすれば白銀の世界。心は決った。
Tsurugi2009_0814AGs.jpg 

山小屋1泊とテント2泊。アルパインクライミング装備一式、ピッケル、前爪付きアイゼン、野営装備、4日×2人分の共同食料、5日分の行動食、それにワイン1本とつまみを背負ってたったの19kg。これなら雷鳥坂も楽々である。
Tsurugi2009_0814AJs.jpg 

別山乗越に到着。秀峰が今年も変わらぬ姿で迎えてくれた。
Tsurugi2009_0814AMs.jpg 

いつもとは違う剱沢キャンプ場の風景。
軽量化のために各ピッチ毎に500ccだけ汲んできている水を補給しながら剱の勇姿にしばし見ほれて腰がなかなか上がらない。
Tsurugi2009_0814AOs.jpg 

この辺りは例年も雪が切れている剱沢を下る。
源治郎尾根と八つ峰が圧倒的な迫力で覆いかぶさってくる。
Tsurugi2009_0814BAs.jpg 

本峰方向から飛来して文登研前進基地のヘリポートにタッチ&ゴーをした県警ヘリ。残念ながら不吉な予感は当たってしまった。
Tsurugi2009_0814BDs.jpg 

例年と変わらない豊富な雪を湛えていた剱沢雪渓本流。
雪渓を渡る涼風がとても気持ち良かった。
Tsurugi2009_0814BHs.jpg 

平蔵谷。マッキー虎視眈々とチェック。
Tsurugi2009_0814BIs.jpg 

平蔵谷と源治郎尾根を隔てて長次郎雪渓。このまま熊の岩まで重い荷物を背に2時間のきついアルバイトにせいを出すのが普通のアルパインクライマー。
目的意識の高い我々は真砂沢ロッジを目指して雪渓を下りる。
Tsurugi2009_0814BMs.jpg  

一昨年GWに滑った思い出の真砂沢。
Tsurugi2009_0814BQs.jpg 

途中滝で寸断された雪渓を一旦登山道で高巻いてから真砂沢キャンプ場に到着。絶景は剱沢キャンプ場には敵わないが、それを補っても有り余る魅力の小さなオアシス。
Tsurugi2009_0814BYs.jpg 

目的意識。
Tsurugi2009_0814BUs.jpg 

予想外の風呂。 掛け湯だけであるが疲れた身体にはありがたいことこの上ない。
Tsurugi2009_0814BVs.jpg 

たった二人で切り盛りしている小さな小屋だったが、付かず離れずのオーナーの気配りや立ち居振る舞いが大変ありがたかった。
Tsurugi2009_0814BWs.jpg 

某山岳雑誌の取材班10名弱が20時を過ぎても戻らず、各小屋からの無線が飛び交った。結局24時ごろ無事戻ってきて小屋の中でバタバタしていたが、私ならば営業小屋泊まりで24時着はちょっと遠慮するかな。 まして夏だし。

3時起きの我々には短い夜になった…

関連記事

コメント

非公開コメント

同じ場所で

14日ニアミスでしたょぉ~
判っていたら劒沢のテンバまで急いだのに(笑い
以前真砂沢ロッジって通り過ぎたことあるけどお風呂にはびちくり、なかなかよさそうですね今度チャンスあればいいなぁ~
おそくなりましたが、チンネのトハンおめでとうございます。
(2)~楽しみにしています。

目的意識の高い我々・・・・・(笑)

T登頂おめでとうございます~。

”目的意識の高い我々”とは、なんとインテリジェンスあふれたお言葉・・・。

私も目的意識をもって水晶岳周辺をつぶさに見てきましたが、水晶岳から剱岳を見ながら今頃常吉さんチンネを登攀しているのかなと想像しておりました。

それにしても長治郎谷のゴミ見たいのは登山者ですか?雄大さには恐れ入ります。お互い待った甲斐があって好天に恵まれ、ようござんした。

剱沢

kuroさん、

そうだったんですか。たまには飲み屋じゃなくて山でお会いしたかったなぁ。それにしてもお天気に恵まれて素晴らしい山行でしたね。

バリ、行こうね~!

アリガト

ジャンさん、ありがとうございます。

そりゃ冒険にはモチベーションが大事ですから。
特に暑い夏のビアと来りゃね。

欲望です

アベル父さん、

コメントありがとうございます。でもね、インテリジェンスじゃなくて「飲みたい一心」なんで残念。

翌日は仕入れた缶ビールの重さにへこたれそうでした。