日本で一番好きな場所

8月14-17日【剱岳周辺クライミング】

天候不順で延期していた剱岳チンネ登攀に明日夕方から行ってきます。
2005年夏に登っていますがどうも「連れて行ってもらった感」が拭えず、もう一度登り直して自分の山としておきたかったルート再訪の第1弾です。

2005年夏の8ピッチ目の登攀 左の針峰がクレオパトラニードル
Gachan2005_0808AE-s3.jpg

ただ、重いアルパインクライミング用品を背負っての長くて苦しいアプローチを考えるとチャンスはせいぜいこの1,2年と思っていました。ひょんな事からこのお盆休みに行く機会を得、自分自身の山にするために計画からリーダーまでやらせてもらうことにしました。核心部のリードももちろん。

一般的には核心は9ピッチ目にある「鼻」と呼ばれている小ハングの乗越しと言われていますが、岩登り以前に雪上技術に劣る私としては長次郎雪渓右俣の通過が鬼門。BCの出発が朝3時になるので真っ暗な中でのクレバス通過になってしまいます。

写真(2005年夏源治郎尾根1峰にて撮影)中央で上に伸びているのが長次郎雪渓右俣。稜線までつながっているように見えますが、この時は上部にクレパスがいくつも入っていて緊張しました。
Turugi2005_0809AP-s1.jpg 

そこで思いついた名案。前日に八つ峰6峰Cフェースを登攀してから八つ峰上半を縦走し、池の谷乗越から長治郎雪渓右俣を下降してクレバスを観察しておくこと。これなら雪渓の様子が分かるだけでなく、Cフェースも登れるし、八つ峰の縦走もできるということで一石三丁!

最終日は今流行の「雪を抱いて登る」ルートで本峰を踏んでから下山します。
F山岳会さん、本峰でお会いできるといいですね。

とても日本とは思えない針峰群と雪渓に囲まれた風景の中で全13ピッチの高度感あふれる登攀と、日本で一番好きな場所で命の洗濯をしてきます。

関連記事

コメント

非公開コメント

チャレンジ精神旺盛な常吉さんだったら、きっと満足いく結果になると思います。
気をつけて目いっぱい堪能してきてください。
素晴らしい景色を楽しみにしてます。

いってらっしゃい!

おおー、チンネ左稜線。
恋いこがれつつ、なかなかたどり着けないあこがれの場所です。
天気に恵まれ、気持ちよい登攀ができますように。
報告レポ、楽しみにしていますね。いってらっしゃい!

Thanks !

warabeさん、ニシさん、

応援ありがとうございます。雪渓が割れてその中へ転落とか、落石事故とか、考えても仕方がない不安なことがあってちょっと緊張しています。前に行った時はただ連れて行ってもらっただけだったのでそんな事は感じなかったんですが。

でもようやく天候も安定してきたようだし、この先また行かれるかどうか分からない場所での夏休みを目いっぱい楽しんでくるつもりです。

携帯が通じればモブログでライブの風景をお伝えしますね。

一石三丁・・

おお!ここだったんですね!クレオパトラニードル。
どうやらお天気も微笑んでくれているようです。
一石三丁の命の洗濯がうまくいきますように・・