軽量ザック

8月1日 【Osprey Mutant 38】

GoliteGranite Gearなど今はやりの超軽量ザックって一体どんな物か一度はこの目で確認しておきたくて都内を縦走してきた。

思ったとおりアメリカの大平原でのバックパックツアー用に作られたらしく、沢やアルパインでの過酷な使用には心もとない気がした。もちろん縦走にも使えはするが、私のパッキング技術では使いこなすのが難しそうだった。と言う事でもう興味なし。

でもせっかく大都会に出たので、お役御免と言いつつその後も沢で使い続けて先頃お釈迦になったPaineエルキャピタン45の後継の購入も。

沢やゲレンデクライミング用の40Lくらいの丈夫で軽いシンプルザックということで、検討してきてふるいの上に残っていたのが以下4点。
①Black Diamond Speed 40
②Osprey Mutant 38
③Mammut  Granit 40
④mont・bell グラナイトパック40 

やけにGraniteやGranitやグラナイトが多いのは耐磨耗性を謳ってるのか?

BDSpeeds.jpg granit_40_black_ms.jpg   Montbells.jpg

本命はBlack Diamond Speed 40 。BDってなんとなく通っぽい感じがするからというみーちゃんはーちゃんにはとっても大切な動機がその理由。
でも残念ながら汚れの目立つイエローしか在庫がなかったので諦めた。

Mammut Granit 40は一般部に500dナイロンが使われていて耐磨耗性が魅力だったが、保水量も多そうだったので却下。でもこれでも良かったかなぁ。

mont・bellグラナイトパックはコストパフォーマンスNo.1。でもちょっと重いことを言い訳に却下。

てな訳で消去法的に残ったのがこのOsprey Mutant 38 (Mサイズ、38L)。
Mutant2009_0801AAs.jpg 

かのExposureの後継機種というのが気になるが、Ospreyを信じて。

ところで目白にあるかのお店は意外にもザックに関する商品知識が欠けていた。Mサイズの試着だけで危うく背面長の合わないLサイズ(41L)の取り寄せをお願いしてしまうところだった。
原宿のICIでは私が背負う前から「お客さんにはLは大きいですよ」って言ってくれたのに。
Ospreyは同じ商品名のザックにS、M、Lと少しずつ容量が異なるものをラインアップしているが、その選択の観点は容量ではなくて背面長であることに留意が必要である。

もう一つ情報。
Vector glideのスキー板の購入を検討している方、08/09モデルでよければBC Mapへ行ってみる価値ありかも…。


HPのザックの紹介にMutant 38の他にExposureの感想やHaglofs Lawを追加して更新しました。

関連記事

コメント

非公開コメント

山道具選び

 こんばんは。現場監督です。

 ザック選び、お疲れさまでした。
 車でも何でもカタログ見てあれこれ悩んでいる時が面倒くさいけど楽しいですよね。

 ちなみに私が今使っているザックは、
(大)オスプレー・イーサー60
(中)mt.ダックス・フリーダム40
(小)マムート・フライト28
 オスプレーは同容量他社と比較するとやはり軽さが光り、脆弱な非公認同人「おやじれんじゃぁ隊」のオフィシャル・ザック。
 マムートは意外と細かい作りが隠されていて、さすが本場スイスの「象印」です。
 で、特筆すべきは国産のダックスですが、これは訳あってメーカー直々にいただいた物。生地は最強の1680dnで、このぐらいでないとタケちゃんとの沢は行けません(^^;)

 私も根がミーハーで外国ブランド志向ですが、最近の山道具を選ぶ際の基準は「シンプル」「ロングセラー」「ド定番」。ちょい保守的ですが、これ一番間違いないです。(^^)v

トラッド

そうそう、カタログで検討している時は楽しいですね。実物を見て思ったとおりだった時には尚更です。Mutantは今日使ってみましたが、あの軽さは特筆物ですね。背負い心地もなかなかで、当たりだったかもしれません。
しかしMt.ダックスの岩が磨り減りそうな1680dってびっくりです。今度話しの種に見せて下さい。

>脆弱な非公認同人「おやじれんじゃぁ隊」のオフィシャル・ザック

じゃ、Exposure,Switch,Mutantの3つも持ってる私は入隊資格ありですね。てな訳で入れておくれ。

>「シンプル」「ロングセラー」「ド定番」
私、未だにセンターフックベンツ、段返り三つ釦です。