イワナ爆釣

 6月20日 【江戸前三番瀬 】 

カマスにあらず。
プリップリの卵や白子がつまった新鮮な塩焼きに家族も大喜び。
0906OB29s.jpg

今日は某大学の「釣り部」OB会のシロギス釣り大会。 開拓期の三宅島の「クチジロ」(石鯛/石垣鯛の老成魚)や、トカラ列島で「カッポレ」(超大型のヒラアジ)を追い求めていた「磯研(磯釣り研究会)」のメンバーが中心に約10名が集まった。

ちなみに前者を追いかけていた先輩方は一生自慢できる成果を残し、後者を追いかけていた我々の世代は華々しい成果こそなかったが一生忘れられない思い出を刻んだ。

30年ぶりの海釣り。大先輩のFさんから竿もリールもお借りして、飲み込まれた針は後輩のNに外してもらうシロート遊興。
でも、ご覧の通り、釣れた釣れた。

数えてないが、シロギスだけで30匹位?これでも多分ドンケツ。
竿頭は58匹釣った同期のW 。
0906OB25s.jpg

今年は型が良く、天婦羅にできないサイズがこんなにいっぱい。 このサイズになるとかなり引きを楽しめる。
0906OB28s.jpg 

うれしい外道はイイダコ、刺し身サイズの大アジ、カレイ、それに大きなマゴチ。なぜか私の外道はトラギスばかり。

釣ったメゴチを餌にしたマゴチ狙いの大仕掛けに正体不明の大物が掛かり、あと一歩で顔を見せるという時に5号のハリスが根ズレもなしに引っ張り合いで切れるという一幕もあった。 あれは磯マグロかはたまたカッポレか…

今日はべた凪、しかし帰宅後の今も未だ揺れが止まらず。 船酔いに弱いのをすっかり忘れてた。


女性は見ない方がいいかも…
0906OB21s.jpg 
 

関連記事

コメント

非公開コメント

へぇ~っ! 釣り部だったんですかぁ!?
私も一時黒鯛にはまって外房通いしてましたが・・・
なんだかんだ趣味道楽&遊びは一通りやることになってるんですね。
残ったのはアマ無線ぐらいっすか? (^^ゞ

それにしても美味しそうなシロギス!
天ぷらに刺身に・・・最高ですよねー。

飲む打つ止まり

そうでしたか。外房の黒鯛も有名ですね。私も江見辺りの磯は良く通いました。でも私は難しい黒鯛はやらず、近場では主にメジナ狙いでしたね。前以って江ノ島で採っておいたイワノリをエサにした西湘での海苔メジナ。1.5号のハリスで2.3kgを釣った思い出があります。

アマ無線も今年中にはなんとかしなきゃなぁと思ってます。もちろん趣味じゃなくて非常用のハンディー器ですが。

想像ついたけどつい見たくなる…わぉっアオイソメ(>_<)
キス釣り楽しいですよね~爆釣何よりでした。

自称「元体育会系釣り部」、夏までに沢登系渓流釣り師に転身して晩のおかず確保をお願いします。

食料調達班

あれ、おっきくして見ちゃったんだ。慣れてないとあの中に手を入れるのはちょっと勇気がいるかも。

船頭任せの船釣りもいいけど、自分でここと思ったポイントでイワナが掛かった時の快感の方が上ですね。

食料調達部員拝命いたしました。
大船に乗って任せてください!

お見事、爆釣ですね~

この時期のキス天&生麦酒旨いですよね~。

「クチジロ」・「カッポレ」 漢の憧れです。

漢の遊び

じゃんさん、どうも。

高級魚獲り放題食べ放題のじゃんさんでもクチジロ、カッポレは憧れですか。私の若い頃はやる気と道具と運に恵まれればトカラの磯から2,30キロクラスのカッポレは夢ではない時代でした。三宅島サタドー岬のヒラマサや八丈島石積ケ浜のオオカミが一世を風靡した時代でもありました。

随分夢を見たなぁ。夢でしたけど。

2晩目の昨日は小ぶりのキスを天婦羅で頂きました。新鮮なキスの天婦羅は格別ですね。

>常吉さん

うわーーー、スゴイ!大漁ですね♪
しかも美味しそう。
海釣りは後も楽しめますね~~。
大物を釣ったらやめられなくなるんでしょうね(^^)
ウチから歩いて10分くらいのところから海釣りの船が出てます(^^)
やる気があればすぐできちゃう環境ですが
あの中に手を突っ込むのは無理です(><)

酔い止めは「アネロン」が効きますよ♪
(フェリーとか船に乗るときは必ず飲みます)

えっ、いいな

のんすけさん、

海辺にお住まいでしたか。温暖だし魚が美味しくていいですねぇ。久々に食べた新鮮なキスは本当に美味しかったです。

私、今でこそ田舎者なんですが実は私も家内も湘南育ちなんですよ。学生時代夏休みは早起きして漁師の地引漁の手伝いなんかやったりしたくらいですから新鮮な魚に恵まれてたんですが、今じゃねぇ…。

「アネロン」ですか、メモメモ。
今年は必要になりそうなので助かります。