富士山大滑降

6月7日 【板収め】

サトコサンと須走口登山口から今季最後のスキー。 Fuji2009_0607AAs.jpg 

準備をしてたらこの方たちとバッタリ会った。
だるふぉさん(左)とTAKUさん(右)
Fuji2009_0607ACs.jpg 

雪がつながるまで1時間ほどの担ぎ。
Fuji2009_0607AIs.jpg 

近いように見えるのであるが…
Fuji2009_0607APs.jpg 

2年ほど使っていなかったシールが効かず、何度も何度も滑り落ちる内に脹脛が攣ってしまった。しかたなく↓の辺りでまた担ぎに変えた。
Fuji2009_0607AYs.jpg

今度は足首から膝までもぐる雪に大苦戦。
登頂断念が頭を横切ったが、幾つもの小屋が並んでいるのが見え始めた辺りで傾斜が緩んで再びシールが使えるようになり、9合目でかつぎの準備をしていたサトコサンにようやく追いついた。

標高差1800m、最後はちょっときつかった。
Fuji2009_0607BGs.jpg

先に着いていただるふぉさんとTAKUさんを大分待たせてしまった。
Fuji2009_0607BKs.jpg 

アベル父さんともようやくご対面。
Fuji2009_0607BI1s.jpg   

だるふぉさんが案内してくれた大斜面。
ウィンドクラストをものともせず素晴らしい滑りを披露するTAKUさん。
Fuji2009_0607BOs.jpg 

こちらだるふぉさん。同じくジャンプターンで力強い滑り。
Fuji2009_0607CJs.jpg 

アタシこの雪ダメ…
Fuji2009_0607BSs.jpg 

ブル道付近まで滑り降りて、プシューってのんびりしてたら…Fuji2009_0607CMs.jpg

だるふぉさんのガイディングで正しいルートを滑り下りて、雪渓末端にデポしておいた靴も無事に回収した。

だるふぉさん、TAKUさん、1日お世話になりました。お陰でいい斜面を滑れたし、ホワイトアウトも大船に乗ってしまいました。ホント楽しい1日でした。
アベル父さん、次回ゆっくりお話できる日を!


関連記事

コメント

非公開コメント

標高差1800mのスキーとは羨ましい限りです。天気も良さそうですね。

こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
帰りの渋滞大丈夫でしたか?

ホワイトアウトの中の滑降は1度現在位置を確認しましたが、
半分は帰巣本能みたいなものです。
船が泥船にならなくてよかったです(爆)

ジャンさん、

担ぎがあるので滑るのは1500mですけれど、さすが日本一のお山でしたよ。晴天で暑くないほどに風が吹く絶好の富士山でした。

いやー! 最高のお天気&最高の写真!!
もう目の毒ですぅ~ (^^ゞ
・・っつってもマネ出来るほどの体力ないので大丈夫ですが。

「板収め」なんて言わないでもう一回富士山いかがですか?

だるふぉさん、

昨日はありがとうございました。前回の雨飾でもそうでしたが、今回もお陰でホントに大船。それにあんないい斜面に連れて行ってもらって感謝です。

しかしだるふぉさん、サッカー観戦の寝不足で気力不十分とか言ってましたが、やはりすごい体力ですね。脱帽。

渋滞?
そりゃ大変なものでした。長駆雁坂廻りで帰りましたが、私は助手席で楽チン居眠り。昨日は中央道、関越道、上信道、東関道?みんな事故渋滞。1000円になって以来多すぎです。



普段のおこない?

タッチ石川さん、

そう仰らずに日本一のお山には1度は登らなきゃ。

なーんちゃって、実は初登頂。
それであんな好条件に恵まれちゃって、また有頂天です。
でも今週末からは沢と岩登りに転向しまーす。

楽しい1日でした。
やっとこさ登って頂上奥宮の石柱と熱い抱擁、嬉しかったなぁ。
11月から殆ど休まず突っ走って、これでやっと終われる~としみじみ。
怪我もなく、上達するでもなく(…?)、今季も沢山息をのむような景色を見る事が出来て満足です。
思い残す事なく今週末が迎えられて良かった良かった(^_^)
少しの間休養しますが、復活したら沢行きましょ!

富士山はまだ滑れるのですね~。

本当に最近の渋滞は、予測がつかないので困ります。
雁坂峠経由での帰宅、
私の住まいだとあまりメリットがないのです。残念。

中央道は抜け道が少ないし、道も険しい。
でも中央道の周りには魅力的な山がいっぱい。困ります。

高速代が高ければ安くしようと頭を悩ませ
安ければ渋滞に頭を悩ませる。むむぅ。

終わったね…

サトコサン、

11月から6月まで足掛け7ヶ月、いろんな斜面、いろんな雪、いろんな景色、旨い酒に美味い物、毎夜繰り広げられる楽しい宴会…。そして最後の〆は日本一のお山。
ありがとう。感謝しています。

しかし、さすがに疲れましたわ。ある意味終わってホッとしてます。体力のハナシじゃなくてね。

私は自立した山スキーヤーとしては未だ2シーズン目、だから「来週はどこへ行くか?地形とルートは?迷いやすい地点は?行動時間は?過去の雪崩の実績は?直近の積雪状況は?当日の天気は?」等々前以って調べなきゃいけないこと多すぎ。それが疲れました。でもそのおかげで私もサトコサンも山スキーヤーとして一歩階段を上がることができたと思っていますよ。
で、来年はスキー技術そのものも磨きますので、おつきあいよろしくね!

ほんのちょっとの間ゆっくりして、元気に復活してください。沢が呼んでるぜ!

困りもの

のんすけさん、

今年の富士山は例年以上に雪が多いそうですよ。不思議なものですね。風も弱く暖かな穏やかなコンディションの富士山を楽しんできました。

しかし、高速の事故の多さには困りものですね。明らかに高速慣れしない車が目に付きます。この間なんか前を走っていた車が、本線への流入路で一時停止…。もー、いい加減にしろ!って言いたいくらい。
結局、気が付くとした道走りしてます。

ところで今年は満願成?がんばってね!!

滑り納め

おはようございます。
そちらは富士山滑降で滑り納めですか。
我輩は奥穂高岳直登ルンゼで滑り納めでした。
涸沢周辺もまだまだ滑れますが、落石も多く、板を傷めてしまいますね。
我輩も富士山滑降でシーズン終えるはずだったのですが、野暮用で計画倒れ。
そのままシーズン終えるかと思っていたところに仲間から奥穂高岳のお誘い。
渡りに船とばかりに参加了承!
失業中^^; が幸いして好天を狙って滑り納めに相応しい奥穂高岳滑降を楽しんできました。
こちらの滑り納めも楽しそうですね。
写真を見る限りでは、涸沢周辺の雪よりも、標高が高いせいでしょうか?とても綺麗な雪ですね。
あと5ケ月我慢すれば、また次期のパウダーシーズンです。
待ち遠しいですね(笑)

sakusaku_fukafukaさん、

奥穂高直登ルンゼでの滑り納め、#3まで拝見しました。夏なら目をつぶっていても登れるような奥穂でも雪がある時は様相一変、雪上技術に自信がない私は読んでるだけでドキドキです。でも富士山より山としての魅力はたっぷり。エキストリーム滑走とは無縁のお手軽スキーヤーの私ですが、いつかはって気持ちにさせられます。

富士山は最近雪が降ったので上部の雪は真っ白でたっぷり。斜面は広いし気持ちよかったです。

来シーズンはかぐらでご一緒したいですね!