那須秘湯巡りハイキング

6月23,24日【朝日岳、茶臼岳】
W/もも、もとちゃん

1年半のアフリカ赴任を終えて帰国したもとちゃんを労う温泉ハイク。初日朝発、二日目は下山+アルファ程度という難しいリクエストだったので那須の日帰り周遊コースを1泊で行くことにしました。

23日:峠の茶屋P10:45→11:20峰の茶屋跡→11:50朝日岳12:05→隠居蔵→13:25煙草屋旅館
24日:煙草屋旅館7:15→那須岳避難小屋→8:25峰の茶屋跡→9:00茶臼岳9:15→牛が首→10:25峰の茶屋跡→10:50峠の茶屋P(⇒北温泉)

今回は美女二人に囲まれて。
なんちゃって、完全にアッシー君ですわ。
20180623_2_R.jpg

「あっ、あたしここ来たことある!」
那須には初めて来るようなことを言っていたももちゃんですが、この鳥居を見て冬のアルパインの超入門ルートである朝日岳東南稜を登ったことをようやく思い出したとか。そう言えば私も冬のアルパインデビューは朝日岳東南稜でした。余りに簡単なのでアルパインなどと言っていいかどうか多分に疑問ではありますが。ちなみに冬にはこの鳥居は雪で埋もれ、わずかに姿を見せている上部ををまたいで行くことになります。
20180623_5_R.jpg

森林を抜けると視界が開け茶臼岳が見えます。
20180623_7_R.jpg

登山道の右手には明礬沢を挟んで朝日岳。写真の向かって左側のスカイラインが東南稜です。ロープを使うのは途中のピナクルからいったん下降するときだけという易しいルートですが、那須の体ごと吹き飛ばされるような強風に苦しむことが多いです。
20180623_8_R.jpg

ちなみに2003年に東南稜を登った時に撮ってもらった写真です。この時は冬の那須には珍しく無風で平和な登山でした。
ASHP12600871_R.jpg 

のんびり歩いて30分で峰の茶屋跡。
20180623_15_R.jpg

峰の茶屋跡から剣が峰の東面を巻いて朝日岳へ向かいます。
20180623_17_R.jpg

剣が峰東面から見た朝日岳東南稜。(夏は岩がもろいので一般的には登られていません。)
先ほどの写真は下から二つ目のピナクルのピークで撮ってもらったものです。
20180623_19_R.jpg

朝日岳山頂から望む茶臼岳。正面左下から右上に延びている線が今登ってきた登山道です。
20180623_20_R.jpg

駐車場では無風でしたが、案の定山頂は強風。寒くて堪らないのでカッパを着てさっさと下りました。
20180623_22_R.jpg

予定では三本槍をピストンしてから三斗小屋温泉に向かうはずでしたが、強風で3人とも指先から血の気が引いてしまうような状態だったので三本槍は止めて直接温泉に向かうことにしました。
20180623_29_R.jpg

隠居蔵からの下りに三斗小屋温泉の源泉があります。
20180623_34_R.jpg

あっという間に到着~。でもワインもビールも焼酎もつまみもふんだんにあるからいいんですよー。
20180623_41_R.jpg

三斗小屋温泉には煙草屋旅館と大黒屋の2軒が並んでいますが、今回は露天風呂のある煙草屋旅館をチョイス。
20180623_44_R.jpg

趣ある建物にご機嫌女子。
20180623_46_R.jpg

昼間っから飲んでは温泉、出ては飲み、の繰り返し。17時以降露天風呂は混浴になりますが、いつ入っても勇気あるおばさまがいらっしゃいました。(タオル、水着禁止です。)
20180624_52_R.jpg

翌日は大黒屋さんを見学してから出発。
2003年3月に流石山に山スキーに行ったときに泊まりましたが、ピッカピカに磨き上げられた床や階段が自慢です。食事は部屋食。
20180624_56_R.jpg

予定では牛が窪経由で南東から茶臼岳に登るつもりでしたが、おしゃべりに気を取られて分岐を直進してしまい峰の茶屋跡経由で茶臼岳に登りました。昨日と違って今日は無風。眠くなってしまうほどのんびりしました。
20180624_64_R.jpg

ピストンしてもつまらないのでいったんロープウェイ駅方向へ降り、茶臼岳の西面をトラバースして牛が窪・峰の茶屋経由で下山しました。
20180624_76_R.jpg

下山後は北温泉へ。
2003年1月に鬼面山から朝日岳を目指した時は下の写真の脇を通って山に取付いた。その時以来これが北温泉の露天風呂ばかりだと思っていたのですがこれは水着着用の温水プールでした。
DSC_1068_R.jpg

ここも雰囲気ある古い建物です。
DSC_1060_1_R.jpg

露天風呂は熱すぎて入っていられなかったので天狗の湯(混浴)へ避難。今まで数多く入った温泉の中でもベスト幾つかに残る気持ちのいい湯でした。もちろん女子二人は女性専用の露天と内湯へ行きましたがこれまた大好評、なかなか出てこないで長いこと待たされました。北温泉、お勧めです。(石鹸シャンプー無し。)
DSC_1062_R.jpg

宇都宮単身赴任時代にはトレーニングのためによく通った那須ですが、お手軽でいいですね。同行者二人も大満足してくれて嬉しい限りでした。また錦秋時期に来ようかなぁ。

昼食(ミスタービーフ)

蛇足)
私は試行錯誤の末にごく僅かですが国境なき医師団のサポートをさせていただいています。理由は集めた寄付金の内から現地での活動に直接使われる金額比率の高さだったのですが、以前メンバーとしてそのロジを支えていたもとちゃんの話を聞いてそれが正解だったと確信しました。ご参考まで。

関連記事

コメント

非公開コメント