FC2ブログ

ビジネス用リュックとしてARC'TERYX Blade 20を買ってみた。

6月15日
仕事用のザックとして10年来愛用してきたHaglofs LAW(14L)ですが、…
LawDSCN0729_R.jpg

さすがにこれだけ使っていると内部のコーティングが剥がれて細かな破片が荷物に付着するようになり、また外部ポケットのジッパーが固着してしまい頻繁に出し入れする財布を本体に収納しなければならず、改札口での取り出しに不便な思いをしていました。

本来は仕事用グッズなど断捨離を考えなければならない歳なのですが、前にも書いたように母親の介護費用捻出のためにまだまだ働かなければなりません。ともすれば悠々自適にあこがれてしまう自分を鼓舞するためにも新たにビジネスリュックを購入することにしました。

自分なりに幾つか要件を決めて検討した結果、購入したのはARC'TERYX Blade 20です。
アウトドア用のリュックとは一線を画す、まるでランドセルのような外観。
20180615_93_R.jpg

背面にはオシャレな立体成形のブランドマーク。街使いには邪魔なだけのチェストストラップだのヒップベルトだのが付いていないため、非常にすっきりしています。
BLDDSCN0736_R.jpg

このザックの最大の特徴はコンパートメントやポケットが沢山あって内部のオーガナイズ性にとても優れていることです。
そして全ての取り出し口はザックの右側に集中しており、左肩からストラップを外せばどのポケットにもアクセスできるように作られています。LAWはジッパーが柔らかな生地に縫い付けられていたので片手で生地を押えながらもう一方の手でジッパーを引かなければならなかったのですが、これは前面、背面ともに補強材が使われているので片手で開けることができてとても便利になりました。
20180615_102_R.jpg

メインコンパートメントのジッパーを開くとビジネス鞄のように左右に大きく開き、片側にソフトパッドで保護されたメインコンパートメント、反対側に隠しコンパートメントが現れます。
BLADE20DSCN0735_R.jpg 

これが私の会議用の携行品。
10.1インチ2in1 PC、8インチタブレット、レーザーポインター、ノート、各種筆記用具、眼鏡、モバルバッテリー、各種電源コード、それにPCをプロジェクターに繋げるための変換ケーブルなど。
20180615_74_R.jpg

これらをメインコンパートメントにガサっと突っ込んでみました。
20180615_75_R.jpg

そして左側の隠しコンパートメントにはビジネスシーンでひと目に晒したくない私物を収納してみました。写真では1泊分の着替えを入れてみましたが、2泊分までは十分入りそうです。
20180615_79_R.jpg

1泊分の私物とビジネスグッズを入れてこんな感じ。
十分な余裕をもってきれいに収まっていますし、客先でPCなどを取り出す際にも私物をお客様の目に晒さずに済むのがいいですね。
20180615_77_R.jpg

帰宅時に玄関先でザックの中から探し出すのが大変でイライラさせられていたキーケースはここに入れれば問題解決。
20180615_82_R.jpg

20180615_81_R.jpg

財布は背面にあるポケットへ。外部ポケットが使えなくなっていたLAWの時はコンパートメントに入れておかざるを得ず、駅の改札でゴソゴソと手間取っていたのですが、これならすぐに取り出せますし、背面なので防犯上も多少は安心です。
20180615_83_R.jpg

そして最前面には小物を仕分けられる3つのポケット付きの中容量コンパートメント。
電車の移動経路表とか航空券とか文庫本など移動中にしばしば出し入れするものを入れておくのにとても便利だと思います。
20180615_80_R.jpg

更に。
我々の業界はドレスコードが甘いのでビジネスリュックに対してあまりアレルギーはないのですが、それでも企業トップに近い方とお会いする場合はちょっと気が引けます。そんな時はこうしてサイドストラップを持っていれば多少はみっともなさが緩和されそうです。この時ショルダーベルトがだらしなく垂れ下がらないように固定するための専用ストラップが背面に付いているという凝りようは、さすがArc'。
20180615_87_R.jpg

唯一気に入らないのは前面の目立ち過ぎる白いブランドマークとロゴですね。背面と同様に同色の立体成型だったらよりオシャレだったと思うのですが。


BLADE20、とてもよく考えられています。
こんなにいい物に出会えてワクワクしています。

関連記事

コメント

非公開コメント