サソリの毒にやられたかった…

FIATのホットバージョンブランドであるABARTH。BMWのMやBENZのAMGのようなものですが、FIATの文字がどこにも出てこないので別な会社の車と誤解されている方もいるかもしれません。

このABARTH595は最近街に溢れているFIAT500(チンクエチェント)のホットバージョン。
mag_02_R.jpg

マイナーチェンジで595と呼び名を替えた現行モデルなのにインパネには前モデル名の500ロゴが相変わらず使われているというおおらかさというかイタリア流の適当さ。
img_inside_01_R.jpg

AMT仕様にはなんとシフトノブがありません!押しボタン式です。
しかしこのインテリアいいなぁ。正にコクピット。座っただけで「走るぞっ」って気にさせてくれそうです。
AMT_R.jpg

このやたらかっこいい内外装と、3.7mにも満たない小さな車体に145-190馬力を絞り出す1.4L過給エンジンを押し込んだホットハッチにすっかり取り憑かれてしまいました。こんなので峠飛ばしたら痛快だろうなぁ。イタ車の信頼性ももはや昔とは様変わりしたと聞くし、万が一故障した場合のディーラー保証も手厚いし(それって故障が少ない証拠)、ってなわけでまだ試乗もしていないのに寝ても覚めても…。
*************************************************


現在、山や家内の日常の足としてにFIT SHUTTLE(ガソリンモデル4WD)を使っているのですが、5AT起因のドライバビリティの悪さと、高速道の上り坂でのパワー不足、および上信越道軽井沢ICから横川SAの間に続く連続下りコーナーでの車両特性が不満です。快適な車中宴会と交換タイヤ代の安さを最優先に購入したファミリーカーなので仕方がないことなのですが。
もう5年、7万km越えなので乗りつぶすしかないと思っていたのですが、念のために調べてみたらびっくりするくらいの金額で買い取ってもらえることが分かり、だったら我慢していないで買い換えようかなぁという気になりました。

次の車の必要要件は、4駆で、FIT SHUTTLE並とは言いませんがそこそこ快適に車中宴会ができて、3人乗車+テント泊山スキー用品フル積載でも過不足のないパワーと、荷重移動すらまともにできない私でもワインディングを気持ちよく駆け抜けてくれるコーナリング性能。更には家内が普段使いするので大きすぎず取り回しのいいこと。

なかなかないよね、そんな都合のいい車。
Honda Sensingやパフォーマンスダンパーが標準装備になったVEZEL Hybrid Z (4WD ジャズブラウン内装)が消去法ながら有力候補に挙がり、ディーラーともかなり突っ込んだ話までしていたのですが、装備満載だけあってこれがファミリーカーかよっていうくらい結構なお値段。これだけ出すならようやく慣らしが終わったくらいの輸入中古車が視野に入ります。(仕事柄、国産車の良いところは十分理解しているつもりですが、会社の呪縛から離れた今は欧州車の高い基本性能やラテンカーの内外装デザインや唯我独尊の方にずっと強く惹かれています。)

いっそ4駆と車内泊という要件など捨ててしまい(つまり山をやめて)595を購入することも真剣に考えたのですが、例え山をやめたとしてもゲレンデスキーは間違えなく続けるだろうし、それにこんなに癖の強い車を家内用に買ったら何を言われることか。

一応こんなのも乗ってみました。
扱えきれないかと思ったら、普通に乗る分にはとってもマイルド。操作系も軽いし、シフトダウン時にヒール&トゥしなくても勝手にブリッピングなんかしちゃってびっくりしました。そんなんでいいのか、硬派が。
T_R_DSC_1089_R.jpg 

そんなこんな、楽しい楽しい時を重ねること約2ヶ月、ついに車種が決まりました。(考え抜いた割には平凡な車種なのでZ4の時のようにワクワクしないのは仕方ないか。)
後はじっくり出物待ち。

しっかし、車中宴会と4駆。こんな要件さえなければこの世にはもっともっと魅力的な車が沢山あるのになぁ。
5年後70歳になったらもう車中泊も4駆も不要でしょう。
その日が来てもまだ暴君ABARTHに乗りたがっている自分がいたら最高だなぁなんて思っています。
2008_Fiat_Abarth_badge_-_Flickr_-_extordy_(cropped)_R.jpg 

冨士スピードウェイでレーシングドライバーが同乗して限界点走行~限界点越え対応を丸一日トレーニングしてくれるトヨタレーシングドライバーミーティング < 中・上級コース >に申し込んでしまいました。

ホントにどうしちゃったんだろ、オレ?

関連記事

コメント

非公開コメント