FC2ブログ

2017.05.02-05 第9回黒部周遊(or横断)スキー縦走(4)

5月2-5日 【黒部源流周遊スキー】@北ノ俣岳、黒部五郎岳、鷲羽岳、双六岳、弓折岳
16/17シーズン33-36日目(山25/ゲレンデ11)
W/スガー(熊谷山旅会)、ヂュン
Weapons/Dynafit Manaslu, TLT Speed Radical, TLT5 Mountain

***************************************************
GW恒例の黒部源流スキー縦走。当初計画では薬師東面某ルンゼを滑って黒部川横断後、高天原温泉をベースに水晶岳や未だ滑ったことがない赤牛東面を滑るつもりであったが、いろいろな事情で断念。初日晩に日程短縮も決定し、精神的負担のない和佐府から新穂高までののんびり縦走になった。今年は異常ともいえる高温に見舞われ、夜は夏用シュラフでも暑くて素足で寝るほどだったがその分雪はデロデロ。最高の滑りには恵まれなかった。また5泊6日(内1泊山小屋)+予備日1日装備でザック重量15.8kg(行動水1.5L、酒・つまみ含む)と軽量化には成功したが、登行スピードが全く出ず、体力・気力共に限界が来たことを思い知らされた山行となった。
***************************************************

2日 和佐府林道ゲート7:05→9:20飛越トンネル(トラブル対応あり)10:10→(トラブル対応あり)→18:00北ノ俣岳稜線→18:50太郎小屋
3日 太郎小屋7:45→9:35北ノ俣岳10:05→(ボードトラバース時間要)→13:20黒部五郎岳13:40→五郎カール滑走(トラブル対応あり)→五郎沢右俣滑走→14:40黒部川(釣り歩きするも釣果なし)→18時頃黒部源流(C1)
4日 C1 8:00→2536コル→夏道→(南東面観察:滑走断念)→10:55鷲羽岳(2850地点) →11:50西面滑走12:15→C1撤収14:00→14:40三俣山荘14:55→弥助沢滑走→15:45樅沢出合(C2)
5日 C2 6:00→(常吉大ポカ判明、情けなくて涙止まらず)→樅沢→9:30双六岳10:10→双六谷滑走→13:00弓折岳14:00→南面滑走(ビンディング破損対応あり)→秩父沢滑走→15:25左俣林道→16:40新穂高(常吉大ポカ対応)→平湯定宿にて飛騨牛大宴会

出発してすぐに私の大ポカが発覚。この上二人に迷惑をかけることやら余りに情けないやらでマジ涙の出発となった。
二人に慰めてもらい気を取り直して出発。
20170505_130_R.jpg

樅沢は側壁からの雪崩の心配も少なく傾斜も緩やかで、登りやすい良いルート。
20170505_131_R.jpg

いつも効率的な登路が分からない源頭部。
今回は2560の屈曲部であえて沢身を外して左岸を越えてみたが、地形の凹凸が隠れるこの時期は最後まで沢身を詰めるのが正解のようだ。
SGWKRBIMG_2457_R.jpg

双六岳山頂ではじゅんりなMSのじゅんさんPとばったり出会いしばし歓談。じゅんさんのウェアのブランドが変わっていてちょっとビックリした。
20170505_144_R.jpg

じゅんさんPと十分時間を空けて双六谷へドロップ。彼らの滑りを見ていて左岸側の斜面を滑ったのが大正解!
20170505_148_1_R.jpg


20170505_155_R.jpg


20170505_161_R.jpg


20170505_162_R.jpg

槍をバックに雄叫びを上げるヂュン。
SGWKRBIMG_2466_R.jpg

穂高をバックに雄叫びを上げるヂュン。
SGWKRBIMG_2470_R.jpg

槍穂をバックに雄叫びを上げるヂュン。
SGWKRBIMG_2485_R.jpg

出合までの滑走を楽しんだ後は消化試合の本流滑走。普段は登り返しの標高差などけちらず沢身を滑るが、緩んだ雪の隠れトラップで沢に転落することを警戒して左岸をトラバースした。

4回目だか5回目だかの大ノマ乗越しへの登り。
20170505_172_R.jpg

だとばかり思っていたら…

何と弓折岳に着いてしまった…。
なんか今年はヤバイ登りで怖いなぁと思っていたが、まさかまさかのルートミスとは…。
SGWKRBIMG_2502_R.jpg

まっ、いいか。滑ったことなかったんで。
20170505_181_R.jpg




SGWKRBIMG_2507_R.jpg




SGWKRBIMG_2529_R.jpg


こりゃねーだろ!人造トラップ。↓
写真では分かりづらいのですが、テン場造成の跡が埋め戻されずそのまま放置されていて危うく落ちるところだった。
非常識もいー加減にせーよ。
そもそもこんなところによくテント張るよなー。走路(スキーじゃなくて、雪崩ね、ナダレ。)ど真ん中じゃん。
例えどんなに雪が安定してたって地震とかいろいろ考えないんでしょうか、私にゃ理解不能ですわ。
20170505_182_R.jpg

気を取り直して滑り始めたのですが…
20170505_184_R.jpg

悪態をついたために神様のばちが当たったのでしょうか、なんとヂュンのビンディングが…。
18278577_1231074693656826_9055060981231656093_o_R.jpg

いくら用意周到な我々でもさすがにこれには対応不能。
しかし、ヂュンすごい。片側ヒールフリーでもオレより上手。
20170505_192_R.jpg

今年はデブリが潰れてソフトだった事も幸いだった。例年汗をかかされるこの辺りも楽々滑走できました。
20170505_197_R.jpg

難なく左俣林道に到着。
20170505_198_R.jpg

7年ぶりに見る蒲田川を埋め尽くしたSB。
20170505_200_R.jpg

林道もゲートのかなり手前まで滑ることができ、歩きはごく僅か。今年は本当に楽だった。
20170505_201_R.jpg

でこの後、例の私の大ドジで二人に大いに迷惑をかけて、ようやく宴会スタート。
9時ラストオーダー(10時閉店)というのに席に着いたのが8時45分。
しかしそのたったの15分で一人8千数百円の注文をして店の人には大いに喜んでもらえた。
18341852_1231113043652991_3646666010964847850_n_R.jpg

ちなみに4時から我々を待っていてくれたまっちゃん・寅Pは薬師中央ルンゼ滑走・立石奇岩での黒部川横断、赤牛東面滑走、水晶西面中央ルンゼ滑走、穴毛谷(ノーマルルート)滑走と満願成就のGWだった。

あー、うらやましい。





スガー、ヂュン、こんなオレに付き合ってくれて本当にありがとうございました。
もう成仏。
結局積み残しはできちゃったけれど、もう思い残すことは全くありません。



関連記事

コメント

非公開コメント