FC2ブログ

2017.05.02-05 第9回黒部周遊(or横断)スキー縦走(3)

5月2-5日 【黒部源流周遊スキー】@北ノ俣岳、黒部五郎岳、鷲羽岳、双六岳、弓折岳
16/17シーズン33-36日目(山25/ゲレンデ11)
W/スガー(熊谷山旅会)、ヂュン
Weapons/Dynafit Manaslu, TLT Speed Radical, TLT5 Mountain

***************************************************
GW恒例の黒部源流スキー縦走。当初計画では薬師東面某ルンゼを滑って黒部川横断後、高天原温泉をベースに水晶岳や未だ滑ったことがない赤牛東面を滑るつもりであったが、いろいろな事情で断念。初日晩に日程短縮も決定し、精神的負担のない和佐府から新穂高までののんびり縦走になった。今年は異常ともいえる高温に見舞われ、夜は夏用シュラフでも暑くて素足で寝るほどだったがその分雪はデロデロ。最高の滑りには恵まれなかった。また5泊6日(内1泊山小屋)+予備日1日装備でザック重量15.8kg(行動水1.5L、酒・つまみ含む)と軽量化には成功したが、登行スピードが全く出ず、体力・気力共に限界が来たことを思い知らされた山行となった。
***************************************************

2日 和佐府林道ゲート7:05→9:20飛越トンネル(トラブル対応あり)10:10→(トラブル対応あり)→18:00北ノ俣岳稜線→18:50太郎小屋
3日 太郎小屋7:45→9:35北ノ俣岳10:05→(ボードトラバース時間要)→13:20黒部五郎岳13:40→五郎カール滑走(トラブル対応あり)→五郎沢右俣滑走→14:40黒部川(釣り歩きするも釣果なし)→18時頃黒部源流(C1)
4日 C1 8:00→2536コル→夏道→(南東面観察:滑走断念)→10:55鷲羽岳(2850地点) →11:50西面滑走12:15→C1撤収14:00→14:40三俣山荘14:55→弥助沢滑走→15:45樅沢出合(C2)
5日 C2 6:00→(常吉大ポカ判明、情けなくて涙止まらず)→樅沢→9:30双六岳10:10→双六谷滑走→13:00弓折岳14:00→南面滑走(ビンディング破損対応あり)→秩父沢滑走→15:25左俣林道→16:40新穂高(常吉大ポカ対応)→平湯定宿にて飛騨牛大宴会

今日は鷲羽岳の南東面と西面を滑った後、明日朝のカチカチのアイスバーンと化した弥助沢を滑走しなくていいように今日の内にテン場を樅沢出合に移しておくことにした。

上田のてんちょさん軍団と。
20170504_59_R.jpg

熱き暑き抱擁。
18278334_1231063866991242_7173927758732944924_o_R.jpg

この日水晶へ向かう軍団を見送ってから我々は鷲羽へ。
20170504_61_R.jpg

三俣蓮華からの大斜面。この8年間、あの山頂からここをいったい何度滑った事か。
20170504_62_R.jpg

源流のテン場から鷲羽へは西面をシールで登ることも考えたが、南東面の偵察もあるので夏道を選択した。
20170504_65_R.jpg


20170504_66_R.jpg

この時後ろの三俣山荘付近には薬師中央ルンゼ~黒部川横断・赤牛東面・水晶西面中央ルンゼという3つのレアなルートを終えたまっちゃん・寅Pが上がってきていたのが見えていた。
20170504_76_R.jpg

南東面の滑走は斜面が見えず止めることにしたが、後で見たら私が滑れるような斜面ではなかった。
18278369_1231064306991198_4838312209741921723_o_R.jpg


20170504_78_R.jpg

南東面が滑れないなら山頂には行かないと駄々をこねる二人を置いてここまで来たが、あまり待たせるわけにもいかずあと10分を残してここでおしまい。
20170504_79_R.jpg

で、ハイマツの中で滑走準備をして、西面の雪のあるほぼトップからドロップ。
SGWKRBIMG_2380_R.jpg

源流源流目指してメローな斜面の大滑走。西面なので雪も緩まずヒャッホーの滑り!
18238163_1231065540324408_19988574105775114_o_R.jpg

はるか下の源流キャンプ場大アップ。
SGWKRBIMG_2375_R.jpg


20170504_82_R.jpg


20170504_86_R.jpg


20170504_88_R.jpg


20170504_89_R.jpg


SGWKRBIMG_2430_R.jpg

ワイド&メローーーー!!
イヤイヤ、オレにはこんな斜面が気持ちよくてちょうどいいね。

滑走終了点がテン場という最高のロケーション。
ジリジリとお日様に焼かれながらお昼ご飯を頂いて居る時、ウチの会のI・Hパーティーが鷲羽の基部をトラバースしていったのを見ていたが、その時はそれと分からず手も振らなかった。今年は源流エリア大賑わいである。
SGWKRBIMG_2432_R.jpg

テントを撤収したら再び三俣山荘まで登って弥助沢の滑走。

山頂から続く鷲羽南東斜面は万が一滑落したら何100mも絶対止まらない斜面。私にとってはは技術以前にまず精神面からして無理な斜面だったし、もしも滑っていたらバッサリ切れていたような気がします。滑らないで正解でした。
IMG_2438_R.jpg

今まで大体いい思いをしてきた弥助沢だったが、今回は重々スノー。
20170504_114_R.jpg

案の定バッサリいった。
20170504_118_R.jpg


SGWKRBIMG_2440_R.jpg

ボトムはこれまた最高のロケーション。大好きな場所の一つである。
18320835_1231069516990677_2053999015778237547_o_R.jpg

早くも今夜は最後の晩。残ったお酒とツマミで大宴会だ!
18320733_1231070090323953_763007874810829560_o_R.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント