FC2ブログ

2017.03.25~26ブサノ裏沢(奥利根)滑走~米子頭越え(1)

 3月25,26日 【念願のブサノ裏沢滑走】
16/17シーズ27,28日目(山16,17/ゲレンデ11)
W/(SL)寅(ウチの会)、M.yumi(←)、スガー(熊谷山旅会)、ぢゅん
Weapons/Dynafit Grand Teton, TLTSpeed Radical, TLT6 Performance

***************************************************
何年間も天候敗退していたブサの裏沢(奥利根)。今回最高のコンディションに恵まれて滑ってきました。 我々以外誰もいない静かな山と、奥利根湖に向かって雄大な斜面を滑るという素晴らしいロケーションを満喫です。翌日は上トトンボ尾根からの米子頭越え、ホワイトアウトとひどいモナカ雪に苦しめられた脱出行となりましたが、全員で力を合わせて無事下山しました。
***************************************************

25日曇り・ガスのち快晴
清水集落手前路肩7:15→井戸尾根→11:40偽巻頂上直下(他パーティートラブル対応)12:10→13:19巻機山山頂→13:28ブサノ裏沢源頭→14:00ブサノ裏沢滑走→14:45 alt 1156ポコ付近(C1)
26日曇り・ガス
C1 6:20→枝尾根→上トトンボ尾根→9:14米子頭山→巻機山とのコル(1646)→10:15無名沢滑走→10:50米子沢滑走→12:30清水集落手前路肩



登山届ポストのある巻機山登山口。お金を落とさない我々山スキーヤーや登山者の為に除雪してくれてありがたいことです。せめてものお返しに残雪期になったら山菜が名物の民宿にでも泊まろうかな。
20170325_2_R.jpg

今年は雪が多いのでブッシュに邪魔されることなくルート取りが自在、こんなに楽な井戸尾根は初めてでした。
20170325_3_R.jpg

井戸の壁とそれに続く緩斜面の樹林帯を抜けるまでは上部はガスに包まれていて、やはり今季もダメかと半ばあきらめていた…
ら、突然抜けた!
20170325_10_R.jpg

偽巻取付きの急斜面もアイスバーンになっていなかったので難なく通過。
偽巻ピークまであと僅かのところで先行パーティーのトラブル対応を30分ほどお手伝いしている内に空一面の青空が広がった。
20170325_15_R.jpg

さすが巻機、我々が最後尾かと思っていたが続々後続がやってくる。コルからの登りでまるでクロカンスキーレースのようにえらいスピードで追い越していった山スキーヤーに「軽快ですねぇ」と声を掛けた瞬間に、一昨年も同じように声を掛けたことを思い出した。ここをトレーニングの場にしているというさわやかな山スキーヤーでした。
20170325_18_R.jpg

巻機山頂から一歩東側へ入ればそこは我々だけの世界。今日以上の快晴だった一昨年、奥利根側の谷が見えた瞬間に奈落の底に突き落とされたあの悪夢が脳裏をかすめた。
まさか、よもや…。
20170325_26_R.jpg

杞憂!
広い山頂の東端まで来ると、ここ何年もの念願だった真っ白なブサノ裏沢源頭が目の前に広がった!
コルへ下りたぢゅんから右岸側の斜面の方が良いのでコルまで下りないようにと無線が入り、我々は右岸でドロップの準備をする。
20170325_27_R.jpg

コルから右岸にトラバースして来て滑り込んだぢゅんと寅のシュプール。20170325_31_R.jpg

晴天の日の午後2時の東斜面、当然期待していなかった雪が生きていた!
20170325_43_R.jpg

面ツル、ロング。
20170325_59_R.jpg


20170325_85_R.jpg


17498937_1186940204736942_5998220669763750700_n_R.jpg


17498570_1186940221403607_7126778379806962049_n_R.jpg

ウーン、マンダム~。 としか言えないね。
17425110_1186940158070280_3716018290552905069_n_R.jpg

広い谷はどこまでも広く。
20170325_103_R.jpg


20170325_107_R.jpg

大滝の急斜面もあり。
20170325_109_R.jpg

ちなみに無雪期の大滝はこんな様子。(2010.10.17 ブサノ裏沢遡行
KmkBs0166_1.jpg


17499057_1186940214736941_1163445787461815861_n_R.jpg

ゴルジュもデブリもなくきれいな広い谷を滑り下り、そしてテント予定地が見えてきた。
17458087_1186940218070274_4391984597727324686_n_R.jpg

いやぁ、長年あこがれてきただけのことはあった素晴らしいロケーション。あれだけ人の多い巻機から一歩入っただけでここには他に誰もいない。
大満足だった滑走を振返るぢゅん。
17457816_1186940271403602_4496091147312191077_n_R.jpg

そして憧れの地でのキャンプ。
20170325_121_R.jpg

途中電波の入るところで拾ってきた最新の天気予報では明日は朝から崩れるという。明日の登路の様子を確認し、米子頭山の稜線から清水に下りられない場合のエスケープルートを話し合ってから各テントに別れて乾杯!


自分Memo (就寝時装備)
シュラフ)Down Hagger 800  W's #5(Montbell) 、ツーレイヤーシュラフカバー(←)
マット)NeoAir Xlite W's (Thermarest) ←寝心地・断熱性非常に良い。
下)化繊下着、スキンメッシュタイツ(finetrack)、メリノスピンサーモタイツ(←)、クライマウォームアストロパンツ(Adidas)、シェルパンツ(Patagonia)
上)スキンメッシュロング(finetrack)、メリノスピンサーモロング(←)、Desna Jacket(短毛フリース:MHW)、ニューモラップ(finetrack) 、ポリゴン4ジャケット(finetrack)、Goreアウターシェル(Haglofs)
足元)スキンメッシュソックス(finetrack)、替えソックス、羽毛テントシューズ(Montbell)、テントシューズカバー(←)
頭)Desna Jacketフード、フリース製バラクラバ (←2重にすることで首筋が非常に暖かい)



関連記事

コメント

非公開コメント

ありがとうございました

3/25ニセ巻手前の雪庇から滑落した者です。
あの時はロープを出していただきありがとうございました。
結果的に雪庇を上ることはできませんでしたが、
やりとりをしている間に、冷静になることができ、ガスも晴れ、
斜面を上り返して仲間と合流し、予定通り米子沢を滑ることができました。

今後も安全な山スキーを心がけていきたいと思います。
また、どこかの山で会うことがあったらよろしくお願いします。

ご無事で何より

fujisawa様、

わざわざご丁寧に恐縮です。
怪我がなくて良かったですね。
実際のお役には立てませんでしたがウチの若い衆二人がテキパキと対応してくれたので、私はそれを頼もしく眺めていただけでした。
しかしホワイトアウトは怖いですね。私の周囲でも複数の人間が同じように崖から落ちています。

もうシーズンも後半ですが、沢などへの転落の危険が増してくるだけにより心して残りのシーズンを楽しみたいと思っています。

またどこかでお会いできることを!