2017.03.18-20 黒部横断(ザラ峠越え)その1

3月18~20日 【黒部横断スキー】
16/17シーズ24,25,26日目(山13,14,15/ゲレンデ11)
W/(L)よねちゃん(ウチの会)
Weapons/Dynafit Manaslu, TLTSpeed Radical, TLT5 Mountain

***************************************************
GWの黒部横断(または周回)は何度もやっているけれど、まだ気候の厳しい3月のそれは私にとって敷居が高く、5年前に敗退して以来再チャレンジすらあきらめていた。今回ウチの会のバリバリのよねちゃんから誘ってもらえ、意を決して一番無難なザラ峠越えに行ってきました。心配だった針ノ木雪渓の雪崩、黒部川の渡渉、中ノ谷ゴルジュの沢割れのいずれもが願ってもいない好条件でしたが、2日目は烈風と正真正銘のホワイトアウト。視界数mのザラ峠からの足探り下降に続く湿雪の下りラッセルと雪酔いしながらのルーファンにひどく時間を取られたことも事実ですが、それがなくとも私のスピードでは予定の1泊では間違えなく抜けられない長大なルートでした。無事に完遂できたのはリーダーよねちゃんのお蔭、感謝してやみません。
***************************************************

18日快晴のち曇り
日向山ゲート3:45→5:30扇沢駅6:05→11:02針ノ木峠11:48→13:20針ノ木谷出合13:45→14::54黒部湖(平の渡し)→渡渉(2回)→15:45黒部湖C1
19日雪一時曇りのち雪(ザラ峠付近は烈風、湯川谷源頭部~刈込池付近まではほぼ完全ホワイトアウト)
黒部湖6:45→中ノ谷→12:14ザラ峠→湯川谷→17:05泥鰌池対岸の1334P西側(C2)
20日快晴微風
C2 6:20→湯川谷・常願寺川→12:10立山駅

この3連休には期せずしてウチの会から3パーティーが黒部横断に入った。1つはまっちゃん・寅Pの屏風尾根を登って大スバリ沢を滑走して室堂経由奥大日岳カスミ沢滑走。もう一つはひろみっちゃん・はっち・みなぽPの蓮華岳南西斜面滑走~奥大日岳カスミ沢滑走。(当日は他に4Pが黒部横断を目指したが、内2Pは知合い、1Pは黒部スキー横断の草分け澤田さんPだったと後で知った。)

前夜は信濃大町駅前の焼き鳥屋鳥新でまっちゃんPと気勢を上げた。ここは絶対お勧め、行くべき一軒である。


日向山ゲート3:45出発。
悪い脊柱管狭窄症のため、背筋が伸びる平地歩きは10分が限界の私にとって第一関門が始まる。
20170318_2_R.jpg

5:30オープンを1か月後に控え除雪作業が始まっていた扇沢駅。
ザックを背負っていると平地でも腰が曲がるので心配した足の痺れは出なかったが、5年前より15分以上(多分25分)余計にかかっていた。この歳で幾らトレーニングを積んでも遅くなる一方というこの悲しい現実。
20170318_4_R.jpg

稜線を見上げると雲がすごい勢いで流れているし、ここまでの重荷の歩きで腿の付け根の関節を痛めたようだし、寒いし、一気に弱気の虫が顔を出してきて、よねちゃんに笑われた。

前回はスタート地点から3,40cmのラッセルだったが、今回はこの通り。これなら一番恐れていた雪崩の心配は少なそうだ。
ただし稜線では雪煙が舞っているのでウィンドスラブには注意が必要だろう。
20170318_8_R.jpg
(よねちゃんを狙ういやらしい影…)

写真では判別できないが、谷が狭まり傾斜がきつくなる辺りに二人の先行者を発見。(RSSAの平野さんPだった。)
20170318_11_R.jpg
依然固く締まった雪で足取りも軽い。雪崩敗退はなさそうな予感に加えて稜線の風もどんどん収まってきてることが見て取れ、俄然モチベーションアップ。

前回敗退を決めたマヤクボ沢出合で念の為のピットを掘るとCTM5(BRK)と微妙な結果。先行Pが登っても安定しているようなのでそのトレースを使ってハイクを継続することにした。
20170318_16_R.jpg

谷のはるか下に豆粒のような3人の人影。ヤバっ、5時の電車で信濃大町駅に着いたひろみっちゃんパーティーがもう追い付いてきた。
20170318_20_R.jpg

扇沢から5時間かかって針ノ木峠に到着。傾斜がきつくなるマヤクボ沢出合からが近いようで長い。
先ほどまで雪煙が舞っていた峠はほぼ無風、春霞が掛かっているが槍が遠望できる好条件に恵まれた。
20170318_28_R.jpg

そうこうしている内にひろみちゃんPがもう到着。はえーーー。先行の全パーティ抜いてきたとか。
20170318_29_R.jpg

ここで滑りに不安があるミナポをこっちに吸収してひろみっちゃん・はっちは蓮華岳南西面滑走へ。
20170318_32_R.jpg

我々3人は針ノ木谷に向かって夏道のある広い斜面を落としたが、お日様の日を朝からたんまり受けた斜面はターンもままならない重い雪になっていた。
20170318_34_R.jpg

この通りのいい斜面なのに残念。
20170318_38_R.jpg

高度を落とすと何故か少しましになった。
20170318_42_R.jpg

例年板を外すという谷の狭隘部は薄いSBがかろうじてつながっていて平野さん達のトレースが付いていたが、私は50cmの対岸横飛びに失敗しSBを壊して板水没。
浅いのでブーツは濡れなかったが、5mだけ板を外して通過した。

針ノ木谷出合に着いて休憩していたらすぐに蓮華南西面を滑った二人が下りてきた。はえーーー。
蓮華岳南西面はカリッカリで危なかったとのこと。ミナポ吸収正解!
20170318_47_R.jpg

針ノ木谷の渡渉もここ1か所だけ。なんてラッキーなんだ。
20170318_48_R.jpg

そしてついに黒部湖へ。今立っている地点は夏なら水面下10mです。
20170318_51_R.jpg

例年3回あるという渡渉の1発目はラッキーにもブーツ渡渉であっけなし。
20170318_54_R.jpg

2発目はさすがにシェルパンツを脱いで下着を腿まで捲り、沢用ネオプレーンソックス+アウターブーツで渡渉をした。見ての通り水流は穏やかで水深も脛~一部膝下程度だったが、対岸に着くころには足が痺れるほどの冷たさだった。
20170318_55_R.jpg 

32726165274_4cdea7f91d_z.jpg 

ちなみに2011年5月の黒部横断で渡渉した上の廊下広河原↓。
これに比べれば今回は格段に浅く、水流は穏やか、水底は歩きやすい砂利。広河原で感じた転倒=死というような悲壮感は全くなかった。
Trans_kurobe0036.jpg


ラッキーなことに3回目の渡渉をしなくて良いことが分かったので黒部湖底をC1とすることにした。
そして念願の黒部湖底ファミリーキャンプ場オープン。対岸の森の位置から普段はここが深い湖底であることが分かる。
20170318_56_R.jpg

ここは電波が通じているので明日の天気をチェック。なんと予報が大きく変わって明日は午前10-12時を除いて風雪が強まるとのこと。明後日も悪天。そうなると進めばザラ峠からの急斜面の雪崩がヤバイし、戻るにしても針ノ木峠からの雪崩が怖い。と言って停滞しても明後日も同じ天気では食料が持たない。どうしよう。

今日があまりにもスムーズにいって甘く見た黒部横断であったが、ここが安全地帯から隔絶された秘境であることを実感させられた。

無線を通じて3Pで明日の行動計画を知らせ合ってから夕食にしたが、今度は平の小屋付近の森の中からこちらに向かって正体不明の獣がワンワンだかキャンキャンだかヒステリックな鳴き声で威嚇を始めそれが5分ほども続いた。むろん狼でもハイエナでもない。強いて言えばコヨーテ?の訳もないからキツネかなぁ。


秘境である…。



関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます