2017.02.18 野谷荘司山白谷滑走

2月18,19日,(20日) 白川郷プチ遠征
16/17シーズ18,19日目(山7,8/ゲレンデ11)
W/マッキー(熊谷山旅会)、スガー(←)
Weapons/Liberty Double Helix, TLT Radical ST2, TLT6 performance

***************************************************
高山市内をベースにした白川郷山スキーと高山ナイトライフ。素晴らしい3日間を過ごした。
18日)野谷荘司山は残念ながら前日の昇温と雨の影響を受けてジャガイモ畑。しかし想定外の晴れに恵まれ山頂直下の白谷ドロップポイントまで上がることができたのでよしとしよう。
19日)皈雲山(かえりくもやま=三方崩山北峰 1897.2)からのシッタカ谷滑走は全ての意味で The 山スキー。最初から最後までクトーが利かないアイシーな急斜面の上に載ったパウダーとの苦闘5時間。斜度と雪質を見極めたルーファンを強いられ、何度も板を脱ぐ羽目になったが、ご褒美はシッタカ谷に溜まったドライパウダー。源頭の広いメローなツリーランに続くプチルンゼ滑降、そしてそれを抜けた先の明るく開けた広い谷の滑走。予想をはるかに超えた素晴らしい滑走ルート。なかなか大変だったハイクも含めて記憶に残る山スキーになりました。
20日)登山口まで行ったものの雨。白川郷と高山の観光を楽しんで帰宅した。
***************************************************

18日【野谷荘司山 白谷】
天候:晴れ時々薄いガス
滑走時積雪状況:源頭部は硬めの締り雪、ノドから下ははジャガイモ畑
行程:トヨタ白川郷自然学校7:50→11:05標高1740白谷源頭11:35→白谷滑走(休憩含む)→12:50トヨタ白川郷自然学校

ホワイトロードの除雪終了地点(トヨタ白川郷自然学校前)に到着したのは7時半と遅い時間だったが、停まっていた車は僅か5,6台。雨の翌日、地元の人はあえてこんな日には来るわけないねとアウェイの悲哀。先週泊まったトヨタ白川郷自然学校にはブルクリのタキさんやツアーのお客さんらしい車が続々と入って行った。

降雪中のツリーランと思っていたが、蓋を開ければ想定外の晴天。白谷左俣源頭を目指すことにした。
20170218_6_R.jpg

右はマッキーのライン、左はスガーと私のライン。
20170218_4_R1.jpg

料金所付近までホワイトロードを辿り白谷沿いの枝尾根から取付いた。
昨日の昇温と雨で解けた雪が再凍結した斜面。早々にクトーを装着して登る。
20170218_7_R.jpg

滑りは一縷の望みしかないが、想定外の晴天は気分よし。
20170218_9_R.jpg

1250付近で樹林帯を抜けるとオープンとなり急登を登る。視界がなければこの辺りから東谷と白谷を回す予定でいた。
20170218_10_R.jpg

1602ポコは右巻き。
20170218_13_R.jpg

白谷源頭に到着。昨年は初めてだったのでピークまで行ったが、山スキー的にはここが実質のピークとなる。
20170218_17_R.jpg

私とスガーは定番のドロップポイントから。
前回はフカフカだったのになぁ。
IMG_2041_R.jpg

ちなみに昨年2月11日は浅いとはいえこんなパウダーに当たった。
DSC01824_2_R.jpg

続いてスガードロップ。さすがボーダーらしく小尾根を絡めた一番のラインをゲット!
カッコ良かったぜ!
20170218_23_R.jpg


20170218_25_R.jpg


20170218_26_R.jpg

源頭部中央の雪庇の隙間からドロップしたマッキー。(写っているデブリは無関係)
20170218_41_1_R.jpg

楽しめなくはないが、余り快適とも言えない固い雪。
雪崩の可能性が限りなく低かったので2ピッチ目は散開していい雪探し。
でもどこも一緒だった。
20170218_45_R.jpg

とは言えそれなりには遊べるコンディション。
20170218_55_1_R.jpg


20170218_59_R.jpg


DSCF2165_R.jpg


DSCF2159_R.jpg


MKTDSCF2169_R.jpg

しかしそれもここら辺りまで。
谷が狭くなったらジャガイモ畑で、いやぁ大変だった。
DSCF2183_R.jpg

今宵の宿のチェックインには十分時間もあるし、右俣出合で春の気温とせせらぎの音に癒され大休止。
もうすっかり春の様相。
20170218_68_R.jpg

そして堰堤群をこなせばすぐにホワイトロードです。
DSCF2188_R.jpg

期待のパウダーには当たらなかったけれど、遠征故に日程が固定されるアウェイチームにとってそれは仕方がない事。それなりに滑走は楽しめたし、何より想定外の源頭ドロップポイントまで上がれたし。さてと、温泉で汗を流してから高山夜の部へと向かいましょう。

170218白谷_R




関連記事

コメント

非公開コメント