2016.10.15~16 奥穂南稜・明神主稜(1)

10月15,16日【奥穂高岳南稜、明神主稜縦走
W/momo
使用ギア:8×40m補助ロープ(奥穂南稜30m凹角及び明神2峰で使用)、カム(キャメ#1.#2 明神2峰で使用)
シューズ:軽登山靴(降雪時の軽アイゼン装着対応)、クライミングシューズ(奥穂南稜および明神2峰で使用)

***************************************************
素晴らしい晴天に恵まれた秋の週末を穂高のバリエーション縦走で楽しんできました。奥穂南稜は昔Juqchoさんに誘われたことがあったのですが、その頃はまだクライミングにばかり目が行っていたのでその時は北岳バットレス(上部フランケとDガリー奥壁)に行ってしまい、その後すっかり忘れていたルートでした。今は登る人も少ない不遇のルートですが、30mロープセクションやトリコニーのナイフリッジ通過、ちょっとしたクライムダウンなどもあって変化に富んだ好ルートでした。事前に目を通したどの記録もルート取りに関わらず足が着かない深いハイマツ漕ぎに難儀をしていたのでハイマツ漕ぎゼロ化を企て、見事達成。
翌日は白出しのコルから奥穂・前穂を経由して明神主稜縦走。所詮岩稜縦走なので前日の奥穂南稜に比べると色あせ感は拭えませんが、2ピッチの簡単なロープセクションを含めた岩稜縦走が楽しめました。
***************************************************

15日 無風快晴 奥穂南稜(ハイマツ漕ぎなし!)
河童橋5:55→8:00岳沢小屋8:25→8:52南稜ルンゼ取付き(登攀準備)9:20→三又→中央ルンゼ→10:10下部スラブ→上部岩壁基部トラバース→10:20 30m凹角(ロープ)11:10→お花畑→トリコニ-縦走→13:55南稜の頭(装備解除)??:??→14:30奥穂??:??→15:15穂高岳山荘(泊) ←かなりのんびりペースです。
16日 無風快晴
穂高岳山荘4:15→5:00奥穂高岳→6:10紀美子平(朝食)→7:00前穂高岳7:25→明神主稜縦走→南西尾根(読図トレ)→14:00岳沢登山道⑦標識14:15→14:45上高地

沢渡5:10→上高地5:40
もうこんな季節になっていた。
DSCN643520161015_3_R.jpg

上高地から岳沢沿いの緩い登山道をハイカーにバンバン抜かれながらモタモタと岳沢小屋へ。最近ホントスピード上がりません。

岳沢小屋でトイレ休憩を済ませ、テンバを右手に見やりながら岳沢の歩きにくいゴーロを詰める。
ドン突きに見えているのは滝沢。
DSCN644220161015_10_R.jpg 

誰もいないかと思っていたが、積雪期の登路である南稜(ひどい藪らしい)そのものに取り付いている若者4人Pと、単独行の方が先行していた。
DSCN644420161015_12_R.jpg

単独の方と我々は無雪期定番のルンゼルート。赤線のルート取りができれば藪漕ぎをせずにすっきり登れるとふんできました。
DSCN644420161015_12_2_R.jpg 

ここがルンゼの取り付き。小屋からここまでゆっくり歩いて30分弱。
DSCN644620161015_14_R.jpg

右手には威圧的な大柱状節理。
DSCN644520161015_13_R.jpg 

まだ日が当たったいなかった小屋前では寒くて震えが止まらず同行者に「何か着てください!」と叱られたが、ここはひだまりの別天地、幸せいっぱい。小屋で休憩をしてきたばかりなのに気持ちよくてついついまたのんびりしてしまった。DSCN644720161015_15_R.jpg 

登攀の準備をし、落石を避けるために単独行の方との距離を十二分においてから出発した。
DSCN644820161015_16_R.jpg 

ルンゼ下部には立った2つか3つの小滝があったが、いずれも簡単。ただし二人とも万一の降雪に備えてアイゼンを装着可能な底の固い(お揃いの)軽登山靴。小さなスタンスに立つのは気を遣うのでクライミングシューズに履き替えることにした。アプローチシューズなら問題なし。
DSCN645120161015_19_R.jpg 

三又で中央のルンゼを登り始めると100mほど先に合流してきた4人Pが人の頭の半分ほどの石を落とし、ルンゼの中を飛んで落ちていった。思わず側壁に身を隠した私はステップを踏み外して50cmほど落下。危ねぇじゃんか。
4人が右手の尾根に乗り換えてフォールラインを外すまでルンゼの中で待つことにした。

ルンゼを抜けると傾斜の緩いスラブ帯(下部岩壁)に突き当った。
DSCN645520161015_23_R_1.jpg 

当初はこの基部をトラバースして左端(左ルンゼの源頭)付近で下部岩壁を乗り越えるつもりでいたが、休憩していた先ほどの単独行の方に「クライミングシューズを履いているんならこのスラブを登ればいいじゃん。」と言われ、そりゃそうだと納得。クラックを使いながら苔の生えたスラブを直上し、突き当った第一岩壁を左上気味に簡単に越えると目的の30m凹角の基部に出た。

DSCN645620161015_24_R.jpg 

ここで我々がロープを準備している間にスラブ基部をトラバースして追いついてきた先ほどの単独行の方が逡巡の後にノーロープで上部に消えていった。この件については後ほど改めて。

出足はカチ以上ガバ未満のホールドとジャミングが使えるのでIII級の爽快な登り。
DSCN645820161015_26_R.jpg 

ここが核心かと思っていたが、この上で1か所か2か所IV級を感じさせるムーブがあった。実は先ほどの方に「出足さえ終わってしまえばあとは簡単なようですよ。」などど焚き付けてしまったのであるが、申し訳ないことをしたような気がする。いずれにせよロープを付けていた我々は簡単ですっきりしたクライミングが楽しめた。

草原に出てからやりやすいハイマツでビレイするには40mロープが必要。
DSCN646120161015_29_R.jpg 

トリコニーI峰へはどこからでも取り付けるように見えるが、我々は写真中央少し左側の浅いルンゼ状から取付いてみた。上部で斜めに付き出している岩が有名なモノリス岩。
DSCN646320161015_31_R.jpg 

DSCN646420161015_32_R.jpg 

右手のスカイラインは迫力の前穂吊尾根。
DSCN646520161015_33_R.jpg 

弱点を突けば簡単。でも弱点を突きすぎたのか、有名な階段状のチムニーを登らなかった。楽しみにしていたのに。
DSCN646620161015_34_R.jpg 

モノリス岩が近くなってきた。
DSCN646720161015_35_R.jpg 

ひたすら爽快!
NRDSC_0328_R.jpg

トリコニーI峰通過中。
MMDSC_0331_R.jpg


DSCN647220161015_40_R.jpg 

この辺りで短い懸垂ポイントが2か所あったが、どちらも簡単にクライムダウンできた。
DSCN647520161015_43_R.jpg 

私は結構ヘロヘロになりながらようやく南稜の頭に到着。いやぁ、疲れたけど面白いルートだった。我々のルートなら藪漕ぎもゼロだし、もっと人気が出ていいルートだと思います。
DSCN647820161015_46_R.jpg 

左から、前穂、明神主峰、明神2峰(鋭い三角峰)。明日はあそこを縦走する。
DSCN647920161015_47_R.jpg 

南稜の頭でのんびりしたのに、奥穂でまたまた長~いお喋りタイム。(バックはコブ尾根の頭とジャン。)
DSCN648020161015_48_R.jpg 

県警に提出した計画書には「行動時間8時間、休憩1.5時間:上高地6時発/穂高岳山荘15時半着」と記しておいたが、実際の到着が15時15分だったとは、我ながらお見事。
DSCN648220161015_50_R.jpg 

標高差1700mのバリルート、少々疲れたのかいつものようにはアルコールも入らず19時過ぎには完落ちでした。
関連記事

コメント

非公開コメント