2016.09.17-19葛根田川・大深沢遡行、明通沢下降(2日目)

9月17-19日【葛根田川・北ノ又沢左又遡行、関東沢下降、大深沢・東ノ又沢遡行、明通沢下降】
W/Lマッキー、藪漕ぎジョニ(以上熊谷山旅会)、サチさん
使用ギア:40m補助ロープ(明通沢下降の小滝懸垂に使用。→6mm×20mで十分)

***************************************************
折角の3連休だったが直前に予定していた沢がキャンセルになり、マッキー達の山行に無理やり混ぜてもらった。
元より行きたかった北東北の名渓。広くたおやかな流れ、碧の淵、見たこともないような素晴らしい滑め、走るイワナ、キノコ、焚火…。素晴らしい3日間を過ごしてきました。
***************************************************

17日 葛根田川・北ノ又沢遡行 曇り、夕方一時雨
18日 北ノ又沢左俣遡行、関東沢下降、大深沢遡行 曇り時々晴れ
19日 東ノ又沢遡行、明通沢下降 曇り時々晴れ

滝ノ又沢出合手前7:54→10:30八瀬森1168P南コル(キノコ拾い)→10:58八瀬森山荘11:10→11:15大深沢右又右沢(仮称)下降→12:11関東沢出合(釣り)13:36→14:25大深沢二又(898)→(釣り40分)→16:25三又(992)


BPから300mで滝ノ沢出合、更にそこから200m先で北又沢左又に入った。左又は写真のように滝を掛けて合わさるので枝沢と勘違いするかもしれない。
20160918_102_R.jpg    

八瀬森山荘付近の湿原に直接出るためには奥の二又を左であるが、藪漕ぎを避けるために我々は1168南コルを狙って右沢を遡行した。

この2段滝は左壁を笹を掴んで突破したが、素直に滝を登った方が楽だったかもしれない。右壁を巻いた記録もある。
(この前に20m滝があったはずであるが記憶から飛んでしまった。)
20160918_123_R.jpg


20160918_125_R.jpg


20160918 葛根田川等_515_R 

地形図とにらめっこをしながら1168Pの南側1150コンターに突き上げる枝沢を詰め、藪漕ぎなしで登山道に出ることができた。20160918_132_R.jpg

UFOへ念を送る男たち。
20160918 葛根田川等_544_R

登山道でキノコ狩りをしてから湿原を渡って八瀬森山荘見学に。
20160918 葛根田川等_565_R 


20160918_142_R.jpg 

そして湿原に戻って”大深沢右又右沢”とでも呼ぶべき枝沢を下降した。この沢も草原から藪漕ぎなしで沢に入れた。
20160918_145_R.jpg 


20160918 葛根田川等_613_R 

関東沢出合で今夜のおかずの仕込み。
20160918_148_R.jpg 

大深沢二又。後で知った事であるが、たけちゃんが昨晩この付近に泊まっていた。我々は探さなかったが付近にはいいテン場があるのだろう。
20160918_153_R.jpg 

単調なゴーロ主体の大深沢を時々竿を出したりしながら遡行していくと…。
20160918_163_R.jpg 

大きな滝がドーン。これが通称大深沢のナイアガラの滝。流木が邪魔であるがとてもきれいな滝だった
20160918 葛根田川等_718_R 

それまでゴーロだった大深沢はナイアガラの滝上で美しいナメに一転した。
20160918_173_R.jpg 


20160918 葛根田川等_752_R

私はここまでかなり疲れていたが、この景色を見て文字通り疲れが吹っ飛んだ。
20160918 葛根田川等_749_R 

葛根田川より美しいと聞いていたが、その通り。
20160918_178_R.jpg

いやぁ、来てよかった。ここを見てしまうと葛根田は単なるアプローチと思えてしまう。
20160918_175_R.jpg  

写真ばかり撮っていてちっとも先に進めません。
20160918 葛根田川等_780_R 

歓喜のままに今日のBP予定地の992三又に到着。
北ノ又沢合流点の左岸におあつらえ向きのBPがあった。
20160918_184_R.jpg 

今日の遡行中の獲物。
20160918_150_R.jpg

今日は雨に降られることもなかった。
20160918_186_R.jpg 


20160918_189_R.jpg 

絶品!
色の違いは漬け込み時間の違いです。
20160918_194_R.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント