2016.09.17-19葛根田川・大深沢遡行、明通沢下降(初日)

9月17-19日【葛根田川・北ノ又沢左又遡行、関東沢下降、大深沢・東ノ又沢遡行、明通沢下降】
W/Lマッキー、藪漕ぎジョニ(以上熊谷山旅会)、サチさん
使用ギア:40m補助ロープ(明通沢下降の小滝懸垂に使用。→6mm×20mで十分)

***************************************************
折角の3連休だったが直前に予定していた沢がキャンセルになり、マッキー達の山行に無理やり混ぜてもらった。
元より行きたかった北東北の名渓。広くたおやかな流れ、碧の淵、見たこともないような素晴らしい滑め、走るイワナ、キノコ、焚火…。素晴らしい3日間を過ごしてきました。
***************************************************

17日 葛根田川・北ノ又沢遡行 曇り、夕方一時雨
滝の上温泉先のゲート8:43→9:08葛根田川入渓→9:31明通沢出合→9:57お函10:11→10:26大石沢出合→10:53中ノ又沢出合(1時間20分釣り)12:13→12:35葛根田大滝(40分釣り)13:15→13:50滝ノ又沢出合手前(泊)


現在県道194号線は終点となる葛根田地熱発電所入口ゲートと、その手前手前7kmほどのところに設置されたゲート(仮に第一ゲートと呼ぶ)の間に17時~8時の間通行規制が敷かれている。そんな事とは知らなかった我々は第一ゲート前でオープンを待つ間に入渓準備を済ませ、とても感じの良い営林署の方から下山日や計画書の有無などの質問を受け、8時に車をスタートした。途中右手にある広い駐車場の施設で最終トイレタイム。

葛根田自熱発電所入り口ゲート前に車を停めて出発。(ここには登山計画書提出ポストはない。)
20160917_304_R - コピー

発電所内の舗装路はやがて明通沢(あきどりさわ:秋取沢)につながる旧車道(廃道)に変り、それが西から東へヘアピンカーブを描く手前で左手の踏み跡を拾って葛根田川へ入渓した。

今期はショボ沢しか歩いていないのでこの広い流れに感激!
20160917_9_R.jpg 

緑の森の中の清流にただただ感激するばかり。
20160918 葛根田川等_028_R 

生まれて初めて見る素晴らしい渓相。
20160918 葛根田川等_031_R 


20160918 葛根田川等_038_R 

少し前の台風や大雨の影響が気になっていたが、スクラム渡渉するほどの流れはなかった。
20160917_22_R.jpg 

ドクロ滝だったかな?
20160917_28_R.jpg 

20160918 葛根田川等_083_R 

ナメやゴーロが続く中に出てきた小滝。
20160917_32_R.jpg 

お函と呼ばれる美しい狭隘部の入口。
20160917_43_R.jpg 

素晴らしいトロもある。
20160917_34_R.jpg 

こんなところもあったけれど、簡単だった。
20160918 葛根田川等_110_R 


20160917_45_R.jpg 

この辺りではイワナの群泳が見られ、先々が楽しみ。
20160917_46_R.jpg 

このようなナメ滝が随所にかかっている。
20160917_49_R.jpg 

20160918 葛根田川等_149_R

お函が終わってまた鏡のように静かな流れに変わった。
20160917_50_R.jpg 

特段急いでいたわけではないが、この辺りまでに先行Pを全て抜いてしまった。
20160918 葛根田川等_148_R 

それにしてもきれい。
20160918 葛根田川等_172_R 

写真を撮るのに忙しくてなかなか前に進めんぞ。
20160918 葛根田川等_190_R 


20160918 葛根田川等_229_R 

大石沢出合。
先頭Pに立って以来イワナの走りを期待していたが意外にも少ない。
20160917_54_R.jpg 

大石沢出合付近に少なくとも前日には入っていたと思われる先行者の幕営地があった。
20160917_57_R.jpg 
後で知った事であるがヂュンの釣り仲間だったらしい。
上流に釣りに行った様子が見て取れ、それでイワナが姿を隠してしまったのかとようやく納得。

20160917_67_R.jpg 

3連休だけあって入渓者はとても多い。このまま滝ノ沢出合のBPまで先頭で行ってもテン場付近では釣りにならないだろうと考え、
中ノ又沢出合で後続をやり過ごして釣りタイムとすることにした。
20160917_71_R.jpg 

中ノ又沢に入って釣りをするマッキー。
20160918 葛根田川等_271_R 

私は葛根田大滝の3m前衛滝の深い釜で大物をハリス切れでバラしてしまった。
20160918 葛根田川等_284_R 
(FB投稿記事より)
深い釜の中からようやく姿を現したそいつは見るからに抜き上げ不能。足場の悪い中、上手い事浅瀬に誘導して上半身を水面から持ち上げることに成功し、さてと口の中に指を入れて取り込んでやろうとした刹那、なんと穂先の糸が頭上のブッシュに絡んでしまった。どうしたもんかと気を取られていたら最後のひと暴れでハリスを切られてしまったが、目の前にいた誰もが見ていなくて信じてもらえないこの悲しさ。


期待していた葛根田大滝の釜ではアタリなし。
20160918 葛根田川等_294_R 

大滝の巻きは容易だった。
20160917_79_R.jpg 

滝ノ又沢出合の1.2km手前に絶好のBPを発見し、ここを今夜の宴会場とすることにした。
正面に見えている左岸枝沢の滝はタケちゃんが一人で登った滝だと思うが、ホントすごいと思う。
20160917_83_R.jpg 

広い砂地で付近には薪も豊富。万が一の増水時にも逃げ道が確保された上物物件だった。
20160918 葛根田川等_350_R

火熾し前の一時本格的な雨があったが、ジョニの技で難なく着火。
20160917_91_R.jpg

焚火が熾きてからテンバの前で私が釣った超新鮮なお刺身。美味しかったー。
20160917_94_R.jpg 
贅沢な時間…。
20160918 葛根田川等_359_R

関連記事

コメント

非公開コメント