ついに思い出となってしまった八ツ峰Ⅵ峰フェース群

15年ほど前に八ツ峰Ⅵ峰Dフェース(富山大ルート)で本チャンデビューを果たした。昨夏そこを再登して人生最後の剱クライミングとするつもりだった。


何回この景色を見たことだろうか。
いろいろな人とのいろいろな思い出が詰まったⅥ峰フェース群と大好きな熊の岩。
CfaceM2009_0815AQ1_R.jpg 

ところが昨年のお盆は天候不順で現地にさえ行かれず終い。ゲレンデクライミングは更にその前の年の暮れに止めていたし、当然パートナーももういない。剱本チャンのチャンスはもうないと思っていた。

それが昨年のパートナーが今年も一緒に行ってくれるとの吉報!

なのになんと今年は剱沢雪渓の崩壊によって通過が危険なだけではなく、富山県警が強い制止姿勢を見せているとの情報。(通行禁止ではない模様。源次郎までは行かれるかも。長次郎谷はズタボロ?)

人生最後のDフェース登攀はあっけなく転進の憂き目に。
まぁ、しかたないね。たかがエンジョイクライミング。



転進先は体力的にずいぶん楽な所に決まったけれど、これまで条件に恵まれずに失敗続きで来年こそは人生最後にしたい赤牛岳滑走に向けてトレーニングは続けています。

今週のサマリー:ピラティス5時間、固定ローラー3時間50分
8月1日(月) 時間取れず
8月2日(火) ピラティス(プライベート)60分
        ATインターバルトレーニング(ATIT)90分@固定ローラー
         WU/30分(125bpm)→ATIT/10サイクル→CD/10分
8月3日(水) ピラティス(プライベート)60分
        変形ATインターバルトレーニング(変形ATIT)60分@固定ローラー
         WU/25分(125bpm)→変形ATIT/10サイクル→CD/5分
8月4日(木) ピラティス(グループ)60分×2
8月5日(金) ピラティス(グループ)60分
        クルーズインターバルトレーニング(CIT)80分@固定ローラー
         WU/30分(125bpm)→CIT/10サイクル→CD/5分
8月6日(土) Rest予定

------------------------------固定ローラープロトコル----------------------------------
目的:AT向上
体データ: Max HR157bpm(220公式), AeT119bpm(呼気直接法@2015.09)

★ATインターバルトレーニング(ATIT)
負荷期(ギア適当)
最初の1分15秒:max125bpm;AeT狙い(31km/h@3.5%勾配)
次の45秒:max135bpm ;AeT超えの有酸素領域狙い(33km/h@3.5%勾配)
ラスト30秒:max145bpm;メディオ(もがき@3.5%勾配)
回復期(アウターロー/平地)
2分30秒:110bpm以下(ATマイナス10bpm) 
WU25分とCD5分込みで10サイクル繰り返して80分

★クルーズインターバルトレーニング(CIT)
負荷期①(ギア適当)
30km/h@3.5%勾配/3分 (135bpm 狙い)
回復期/1分30秒:110bpm以下(ATマイナス10bpm) 
負荷期②(ギア適当)
28km/h@3.5%勾配/3分 (125bpm 狙い)
回復期/1分30秒:110bpm以下(ATマイナス10bpm) 
WU30分とCD5.5分込みで負荷期①、②を交互に計11サイクル繰り返して85分

★世界に冠たるTabata(HIIT) 
言わずもがな
 (これのみVO2max向上狙い)

関連記事

コメント

非公開コメント