2016.07.10 ヌメヌメだったヌク沢左俣右沢

 7月10日【2級の沢に12時間】@笛吹川水系ヌク沢左俣右沢
W/ (L)hdさん(ゆきうさぎ)、スガー(熊谷山旅会)、tomomiさん(シーハイル)
シューズ:フェルト
使用ギア:50mロープ(大滝登攀)、ハーケン(中段の2ピッチに各数枚使用)
天候:晴れ
行程:西沢渓谷登山者用P6:20→西沢渓谷遊歩道→6:40近丸新道入口6:45→7:20ヌク沢渡渉地点→堰堤越え(入渓)→8:55二俣→9:00 4つ目の堰堤上→10:05大滝下段→10:55大滝中段→大滝上段→15;50遡行終了地点(1910付近)16:20→17:03徳ちゃん新道17:10→18:45西沢渓谷遊歩道→19:15西沢渓谷登山者用P

***************************************************
何年も前から計画しては雨で中止の憂き目を見ていたヌク沢左俣右沢にある260m(公称)大滝をようやく登ってきました。大滝までは無駄に水線突破で遊んだことや、大滝登攀3回目のhdさんがここでハーケンなんか打ったのなんか初めてと言うヌルヌル大滝、その上1本のロープで4人が登った事などが重なって13時間近い行動になってしまいました。5月とか秋の方が多少ぬめりが少なくて快適なのかもしれません。
***************************************************

下部は平凡とのことで近丸新道でショートカットした。
20160710_4_R.jpg 

近丸新道の渡渉地点。この堰堤を越えたところで入渓の準備をした。ETNDSCF1522_R.jpg

沢に入ると楽しいナメの連続。
20160710_9_R.jpg 

20160710_12_R.jpg 

20160710_14_R.jpg 

4つ目の堰堤を右岸から巻くと、
20160710_17_R.jpg 

巻きの途中で1550の二俣(枝沢が入るので三俣)が見える。
20160710_18_R.jpg 

更にその上の5つめの堰堤を越えた地点から実質の左俣の遡行が開まると言っても良い。
(ネット上には色々な記述があった5つの堰堤越えはいずれも安定していた。)
20160710_22_R.jpg 

ヌルスラ登り練習。
20160710_23_R.jpg 

20160710_34_R.jpg 

20160710_39_R.jpg 

ETNP1300644_R.jpg 

ETNP1300651_R.jpg 

暑いのですべての小滝の水流突破かしぶきがかかる範囲で遊んできたけれど、この滝だけは登れず小さく巻いた。
20160710_44_R.jpg 

そうこうしている内に260mあるという大滝の一段目(100m)に到着した。
3段滝の1段目と言うよりは独立した滝と言う方が妥当な気がする。
TMMP7100028_R.jpg 
 
ヌメヌメなのでhdさんがお助け紐を出してくれたが、スリップさえ気を付ければ簡単。
20160710_58_R.jpg


20160710_61_R.jpg 

そして核心となる中段80m。
TMMP7100055_R.jpg 

hdさんは以前簡単に登ったとのことだったが、今回はぬめりがひどく安全を期してハーケンを連打しながらのリードとなった。

まずhdさんと私が右壁の浅いルンゼ状を7,8m登り、そこから左へ5mほどちょっと緊張するトラバースをした先のテラスに確保支点を作って後続2人に登って来てもらったが、どうせ50mロープ1ピッチで足りないので基部でビレーする方が良かった。

そこからさらに左にトラバースしてハーケンを打ちながら左壁を登り、約40m延ばして灌木でビレー。トップは灌木直下を登らず一旦水流を登ってからから灌木に再トラバースしたが、アッセンダー登りの後続はロープが延ばせず灌木直下はゴボウA0。

35mほどの2ピッチ目は左壁水流脇をハーケンを打ちながら登り、短い3ピッチ目は確か水流を登ったような気がするが曖昧。

3段目は簡単に見えたがあえて仕舞う事もないのでロープは引いたが中間支点は取らなかった。
20160710_71_R.jpg 

飛沫を浴びて寒くなった3段目第2ピッチはわざわざ合羽を着て最後の水流突破。
20160710_82_R.jpg

大滝上で滝を一つ登ると様相一変、穏やかな源頭となった。
 20160710_85_R.jpg 

このすぐ先で遡行を終了し、右岸の枝尾根を40分ほど登って徳ちゃん新道に出たのがもう17時。大滝手前で遊び過ぎたりロープ1本で4人が登った大滝登攀に時間をかけ過ぎたりだった。約1000mの下山と遊歩道歩きが待っているので半ば走るように下山した。

hdさん作動画
関連記事

コメント

非公開コメント