山菜パーティー

週末は恒例の山菜パーティ。

20160514_28_R.jpg

今年の収穫は山ウド、山ブドウの芽、イラクサ、ネマガリタケ、ウルイ、イヌドウナ、アザミ、フキ、ワサビ!など。例年無尽蔵に採れたコゴミは今年はすでに季節が過ぎていた。

魚類資源調査を仰せつかった私はこの流域の資源枯渇をしっかり確認、大役をきちっと果たした。

こんなに大きなワサビが!
20160514_24_R.jpg 

酢味噌、きんぴら、醤油マヨ和え、天ぷら、春巻き、焼き物、煮しめ、創作料理…、採ったもの全て11人で完食!!
20160515_47_R.jpg

山菜採りもせず、薪拾いもせず、料理も作らず、ただ飲んで食っているだけのオレ。
20160514_41_R.jpg

(焚火っていうとCO2が気になる方がいるかもしれませんが、燃やしてCO2にしなかった倒木はその後朽ちてメタンガスになります。メタンガスの温暖化係数はCO2の10倍なので倒木の焚火は温暖化防止の一助と言えます。←役に立たない常吉豆知識)

翌朝は山菜天丼。
20160515_49_R.jpg 

先週までのモノクロームの世界から一転、深いブナの森の新緑と小鳥の囀りに癒された週末だった。
20160515_55_R.jpg




PS
去年までは数mの高さがあったコシアブラの木の惨状。
20160514_3_R.jpg 

少し離れたところのもう1本も。
20160514_4_R.jpg

節度あるこの国に生まれた人の仕業とは思いたくない。

関連記事

コメント

非公開コメント