そうだったのか!

4月6日

FJ-1s.jpg

私が勝手にスキーの理論的師匠に祭り上げているふじいクンの5冊目?6冊目?の著書。
今度は自転車。発刊直後からネット上でかなり話題になっているようです。

例によってふじい節炸裂。
速く走り、安全に曲がり、安全に停まるための秘訣が感覚でなく力学的に考察されています。一昨日ふじいクンから進呈されたばかりなのでまだ読みきっていませんが、面白くて読み甲斐あります。

えっ、着る服でこんなに違うの!? とか、エネマネとか。
まさにそうだったのか!」。うまい副題です。

雑学として読んでもいいし、関係者なら知った顔を探し出すのも楽しいし。
FJ-2s.jpg

ここではペダルへ作用する力に腿の慣性力を導入しています。この辺はエンジン屋としては極当たり前の常識ですが、たぶん一般ユーザーには目新しいし、速く走りたい人には参考になるはず。

いつも思うのは彼の知識の豊富さもさることながら、創意工夫の実験の数々。
この姿勢、見習わなきゃ。

ミーハーだから渋るふじいクンに無理やりサインもらっちゃいました。
ふじいクン、ありがと。でもそろそろBCにも戻ってきてね!
FJ-3s.jpg
ISBN978-4-7899-6165-3 スキージャーナル社 ¥1400+税


そう言えば私のビアンキ、発注(=全額支払)してからはや6ヶ月。販売店に問い合わせても「入荷日未定、いましばらくお待ちください。」の一点張り。

08M発注したつもりだったんだけどなぁ。

関連記事

コメント

非公開コメント