赤牛岳東西両面滑走~出発前のてんてこ舞い

昨夜遅くディーゼルエンジンに関する研究論文の査読依頼が来た。
依頼元は英国機械学会、日本機械学会それに日本自動車技術会のコラボレートによって厳選した技術論文のみを出版することで名が知れたイギリスの格調高い学術出版機関。

その掲載論文を査読するなどエンジニアとしてはこの上ない栄誉、一生の誇り。


でもなぁ、現役を引退して早3年。最新技術から離れてしまったオレごときがそんなことしていいんだろうか。
一晩悩みに悩んだ末にお断りするのが筋だろうという結論をようやく自分に言い聞かせました。
さて、それからが大大変。
代わりに引き受けてくれそうな人をあちこち当たってようやく見つかったのが今朝の10時過ぎ。


ということで今から行ってきます、7泊8日黒部スキー縦走の旅。
IMG_20160428_185021_R.jpg

例年以上に軽量化を図って、今回は行動水・アルコール込みで16.2kg!(ビーコン、GPS、カメラ含まず)
水晶は3回も4回も滑っているのになぜか残ってしまった赤牛の東西両面を目指して今から行ってきます!
問題は天気だ…

関連記事

コメント

非公開コメント

お気をつけて!
お天気が微笑んでくれますように😄

いず、

ありがとう!
あまりお天気には恵まれなかったけれど、すばらしい山旅を満喫してきました。
今平湯でまったりした朝を迎えてます。

そっちはどうだった?

レポ待ってま~す

いいですね~~~
今季双六周辺を諦めましたので、羨ましい限りです。

お気をつけて行ってきてください。
レポート楽しみにしております。

成果なしでした

sakusaku_fukafukaさん、

今年も2泊目の嵐の日と最終日に双六冬季小屋を使わせてもらいました。
小屋ではお会いできるかなぁと淡い期待をしていたのですが、やはりあの積雪と天候ではおいでにならなかったのですね。案の定左俣林道はワサビ平を過ぎても全く雪の姿なし、でも意外や意外、稜線付近の積雪は昨年より多かったのですよ。

昨年の邂逅を思い出しながら最後の晩を過ごしました。