2016.04.03 月山、姥ヶ岳

4月3日 【初見参】 月山
15/16シーズン 滑走28日目 (ゲレンデ10、山18)
Weapons/Grand Teton,TLT Speed radical,TLT6 PERFORMANCE (Dynafit)
W/あざみTOMOMIさん(シーハイル)

***************************************************
エキストリーム滑走とは無縁の身には厳しい今シーズン。普段の年なら滑ってみたい山が沢山あり過ぎて候補に上がってこない月山に初めて行ってみた。独立峰だけあってコンパクトな山域だったが、静寂のオープンバーンの滑走やとても雰囲気の良いぶなの森歩きを堪能した。
***************************************************

姥沢P7:50→8:03月山リフト下駅→8:40月山リフト上駅→9:40牛首東コル9:45→10:20頂上小屋10:30→南西面滑走→登り返し→11:55姥ヶ岳12:23→南西尾根滑走→石跳沢→標高1100トラバース滑走→登り返し(5分)→14:15姥沢P


次の日曜日にオープン予定の月山スキー場。例年ならばリフトの支柱を1本1本掘り出すらしいけれど、今年はこの通り。
HRYMIMG_0074_R.jpg

傾斜の緩い姥沢をハイクアップルートに選んだ。20160403_5_R.jpg

今にも雲に呑まれそうな月山山頂。天気は下り坂なので到着するまで持ってくれるかどうか。
20160403_7_R.jpg 

普段はサイボーグのような屈強な連中と行動を共にしているTOMOMIさんにケツでも蹴られるのではないかと内心ヒヤヒヤのハイクアップだったが、あちこちと写真を撮りながら登ってくれたので私でも付いて行くことができた。よかったよかった。
20160403_12_R.jpg 

山頂付近はやはりガスと強風の世界。本当は東斜面を滑る予定だったが、追われるように往路を戻った。
20160403_16_R.jpg 

山頂直下は締り雪で滑りやすかったが高度を落とすとプチストップスノー。    
20160403_17_R.jpg

それでも大斜面の独り占めは気分爽快、大きなターンを描いて西側のコルへ。
20160403_19_R.jpg

西コルでワックスを塗り直し、2ピッチ目は広い四谷川源頭部を滑走。
20160403_26_R.jpg

1523付近まで滑ってから姥ヶ岳に登り返した。
20160403_36_R.jpg

この日がデジイチデビューのTOMOMIさん。たくさん撮って頂きました。
20160403_42_R.jpg

きれいに撮れるなぁ。
HRYMIMG_0126_1_R.jpg 

ちなみに私の防水コンデジでとるとこうなってしまう。
20160403_40_R.jpg 

ザラメ未満ながらも滑りやすい雪になっていた南西尾根をリフト下駅を目指して滑走。

スキーを始めて4年で準指、その後すぐに正指導員をとったというTOMOMIさんの滑り。
20160403_47_1_R.jpg 

山からスキーに入った私の滑り…。何とかしなきゃなぁ。
HRYMIMG_0157_R.jpg 

月山リフト下駅まであと50m。これで本日終了というところで石跳沢をのぞき込みに行くと、こんなにいい斜面が。
20160403_56_R.jpg 

正面には翌日滑る予定だった湯殿山東面。(雨で中止)
20160403_55_R.jpg 

雪もいいし時間もあるし行くっきゃないよねっ、てことで頂き~。
20160403_57_R.jpg 

20160403_63_1_R.jpg

沢のボトムまで滑り、そのままシールをつけずにブナの森を1時間ばかりトラバース。
20160403_69_R.jpg 

この辺だろうと適当に見当を付け、シールで70m登り返したらドンピシャ駐車場に出た。
HRYMIMG_0234_R.jpg 

久々に藪にも激モナカにも苦しめられなかった満足の一日。
今日のルート取りだったら乗鞍よりもお手軽だけれど、バリエーションを取ればいろいろと楽しそう。
雪が少ない今季は貴重なエリアだ。

月山_R

お付き合いいただいたTOMOMIさん、ありがとう!
関連記事

コメント

非公開コメント

先日は大変お世話になりました。
ちなみに4年目は準指導員です(^^;)あんな滑りでお恥ずかしいです。またよろしくお願いいたします(^^)

こちらこそ

あざみさん、

こちらこそ付き合ってもらってありがとうございました。
雪の状態やお天気が心配だったんだけど、500kmも走って行った甲斐があったね。
また行きましょう。

来季はゲレンデもよろしく!