16.03.02・03火打山

3月2,3日 【失意の火打山】 黒沢岳滑走/火打山敗退/三田原山滑走
15/16シーズン 滑走24,25日目 (ゲレンデ10、山14,15)
Weapons/Liberty Double Helix, TLT Radical ST2.0、TLT6 PERFORMANCE
W/まっちゃん

***************************************************
低気圧通過と冬型による大量降雪の直後のパウダーを狙い冬季解放小屋1泊で火打山に行ったが、高谷池周辺は2日間とも激しい地吹雪。2日目に火打山を目指したが、地吹雪による視界不良と体を持って行かれそうな強風は私のなんちゃって登山の範囲を超え、例え登れたとしても下山に不安を感じたので途中敗退。まっちゃんはシーデポし、最後は文字通り這って山頂標識にタッチしてヒュッテに戻ってきた。帰路の三田原南面トラバースは生コン・激藪の修行。
***************************************************

行程
3/2(水)
妙高杉ノ原スキー場三田原第3高速リフト降り場9:55→11:08三田原山稜線(標高2300地点)→11:48三田原山12:05→(滑走)→12:20黒沢池12:37→12:35高谷池ヒュッテ12:50→黒沢岳北峰滑走→15:30高谷池ヒュッテ
3/3(木)
高谷池ヒュッテ→火打山(敗退)→天狗原ヒュッテ11:05→黒沢岳北コル→(滑走)→黒沢池→三田原山稜線(2347P南コル)14:15→(南面滑走)→16:10杉ノ原スキー場→16:20杉の沢スキー場第一ペアリフト


杉ノ原スキー場のゴンドラと三田原第3高速リフトを乗り継いで入山。ちなみに帰路はゲレンデボトムから駐車場まで第1ロマンスリフトに乗らなければならないので、ゴンドラ1回券、高速リフト1回券、リフト1回券の3枚が必要。大人1,800円、シニア券の私は1,150円也。

さすが人気の三田原山。平日と言うのに賑わっていました。
下の写真に写っているのはゲストの皆さんもカラフルなじゅんりなガイドパーティ。その前に少なくとも4人が先行、そして我々の後ろにも何組も。
20160302_2_1_R.jpg

月曜から降り続いたはずの期待の大量降雪は肩透かし。先行者のトレースはスキーペン約5cm、ごく一部の吹溜りでも15cm程度だったろうか。がっかりである。2か所のアバランチパスにも藪が目立っていた。

稜線直下までは大した風もなく時折日も差す平和なハイクだった。
160203DSC_0674_R.jpg 

しかし稜線上は強風と飛雪とガスで陰鬱な雰囲気。
立木に付いた雪は飛雪によるものであることが上の写真と見比べるとよくわかる。
20160302_5_R.jpg 

雪庇に気をつけながらほぼ稜線通しに三田原山の北端まで歩き、そこから眼下に広がる黒沢池目指して本日の初滑走。
20160302_7_R.jpg 

尾根上はパックスノーだったのですぐにスキーヤーズライトの沢に入るとそこそこ軽いパウダーが吹き溜まっていた。メローで広い沢を歓声を上げて一気に黒沢池に滑り込む。なかなか気持ちの良い滑走だった。

ここでシールを付けて黒沢池を横断し茶臼山南コル経由で高谷池ヒュッテへ。
20160302_11_R0.jpg 
20160302_11_R1.jpg 

高谷池ヒュッテは地形の陰になって直前に来るまで見えない。顕著な地形もなく視界不良の時は見つけるのが大変かもしれない。
(翌朝撮影;この後眉毛が凍り付いてバリバリに。)
160303DSC_0691_1_R.jpg 

ヒュッテに滑走に不要なものをデポし、すぐに黒沢岳東面の滑走に出発。
本峰は東側に雪庇が張り出していて厄介そうなので北峰ピークからドロップした。CT反応なし。
20160302_13_R.jpg 

腰パウ!
20160302_14_1_R.jpg 

まだ地形が残っていたが、逆にそれが楽しい。視界が良ければもっともっと楽しめたのに。
20160302_16_R.jpg 

160302DSC_0683_R.jpg 

160302DSC_0685_2_R.jpg 

Wow! たった150mしかないのが残念だった。
160302DSC_0686_11_R.jpg 

もう1本というまっちゃんの提案もあったが、時間も押しているのでヒュッテへ帰還。
DSC_0687_R.jpg 

小屋ではブログ「火打の風」のオーサーや、この地域に溶け込んで生活をし冬は山スキーを謳歌しているというカナダ人と日本人の夫妻とポツポツと談話。周囲に流されるように平凡に生きてきた私にとって、自分の頭で考えた生き方を選択しているように見える皆さんがまぶしかった。おっと、ついマジメなことを。

3日
一晩中山鳴りが聞こえていたが、予定通り4時半起床すると風はさらに強くなっていた。
行かれるところまで行ってみようという事で予定通り6時出発。

シャッター速度が速いので写真では灌木が揺れていないかのように見えるが、体があおられ倒されそうな強風が吹き荒れていた。
160303DSC_0694_R.jpg 

稜線上はますますの飛雪で足元の凹凸すら見えない上にカリカリのアイスバーン。
♪♪ブリザード、ブリザード
なんて頭に浮かんでくる余裕はなかった。

【Gedankenexperiment】
山頂に行くにはどこかでシートラしてアイゼン履いて、山頂に着いたらシール剥して滑走準備して、滑り始めたら足元が見えなくて転倒して板を履き直すのに苦労して…

凍傷の後遺症で弱くなった両手の指先がこの先ちぎれんばかりに痛くなるのが確実な中、そんな作業は考えただけでごめんなのでまっちゃんに敗退宣言。昔鳴らしたまっちゃんにとってはこんなのはただのボタ山ハイキングなので彼は一人で山頂に向かった。

ほうほうの体で帰還した私に対し、涼しい顔で戻ってきたまっちゃん。さすがにスキーでは降りられずに途中にデポしたスキーを回収してからもアイゼンで下りてきたとのこと。
20160303_19_R.jpg

のんびり昼食を摂り、天候の回復待ちで停滞していた夫妻に挨拶をして下山開始。

風に叩かれてパックされた黒沢岳東面の滑走。地吹雪が来た瞬間は全く視界がなくなる。
20160303_23_R.jpg 

強風に晒される三田原稜線上の歩きを避けるために延々とトラバース気味に高度を上げる。思った以上に長い!
160303DSC_0701_R.jpg 

2347P南コルから涸沢を滑り、1960付近からトラバースを開始。
160303DSC_0706_R.jpg

足を取られてターン不能の生コンと密藪に苦しめられること1時間半。ようやく高速道路に合流できた。
まっちゃんに促されて手を挙げているが、実は精魂共に尽き果てている。
160303DSC_0707_R.jpg 

ここからは高速道路を飛ばしていくだけであるが、リフト終了時間に間に合うかどうかえらく微妙な時間になっていた。祈るような気持ちで飛ばしてリフト終了時間の10分前に第1ロマンスリフトリフト乗り場に到着することができた。


めでたしめでたし、…ではなくて、


今回特に帰路でまっちゃんの足を引っ張ってしまった。足は遅い、シールやクトーの脱着が遅い、藪にからめとられて転倒する…、たぶんまっちゃん一人なら半分の時間で下山していたと思う。
登りで付いていけないのは仕方ないとしても、せめて準備くらいはもっと工夫しておかなきゃなぁ。

まっちゃん、すまんね!



関連記事

コメント

非公開コメント