憤懣のち有頂天

雪崩エアバッグの高圧ボンベの充填が終わって返送されてきたけれど、料金が変。約3倍強も取られていた。
IMG_20151204_204957_R.jpg

充填に出す前にインポーターの確認を取り、その指示に従ってヘッド交換不要(リリーフバルブ不要)の旨を付けて充填に出したのに、何の相談もなくヘッド交換が行われ、その料金。

充填に出す前のインポーターの弁:飛行機に乗せたければヘッド交換を。そうでなければ交換不要。
同意なしにヘッドを交換した充填所の弁:ヘッド交換なしでの使用は法律違反。インポーターと相談して交換した。
2回目のインポーターの弁:ヘッド交換なしでの使用は法律違反ではないが、充填作業が法律違反。最初の説明と充填所の説明は誤り。

何だかなぁ。
来週辺り高圧ガス保安協会に確認してみますが、いずれにしても何の連絡もなしに勝手に高価なヘッド交換をして送りつけて来るっていうのはビジネスとしてあり得ないと思う。(返送は充填所ではなくインポーターから。)

もっと言うと、商品を販売しておきながら後になって「実はあれは法律違反だったのでお客様負担で部品交換をします。」っていうことが今の時代の感覚としておかしいと思う。その間にインポーターが代わったなんてということはユーザーには無関係だし。


納得できずにもやもやしながら、別件で知り合いのスキーガイドさんに電話をしたら、「ところでさぁ、」って思いもかけないうれしい申し出を頂いた。 まさに私がお願いしたかったけど言い出せないでいたこと。

憤懣のち有頂天。

関連記事

コメント

非公開コメント