2015.09.12,13 真川岩井谷

9月12,13日【常願寺川水系真川岩井谷】@北ア
W/ (L)M姐(ウチの会)、K姐(←)、Lマッキー(熊谷山旅会)
シューズ:ラバーソール
使用ギア:お助け紐
天候:12日晴れ時々曇り、13日曇りのち雨
行程:
12日 折立7:25→8:30岩井谷橋(入渓)8:45→(釣り)→13:25鳶谷出合→14:35岩井谷→16:15大滝(巻き)17:00→17:10大滝上BP(泊)
13日 BP7:20→10:10奥の二俣(2010)→11:30薬師峠テン場の水場→12:10太郎平12:20→15:05折立

***************************************************
M姐にお願いして北東北の名渓で岩魚と戯れる予定でいたが、週半ばに関東地方と東北地方に大被害をもたらした記録的な豪雨のために、北アルプスで山の恵みを楽しんだ。2日目にBPを出発してすぐにアキレス腱を痛め、パーティーの皆さんには迷惑をかけてしまった。
***************************************************

折立から太郎平へ向かう登山道が森林を抜けると左手に見えてくる五光岩や薬師岳と登山道とを隔てているのが岩井谷である。日差しのきつい真夏、風のない日には沢の水の音が涼しげに聞こえ、一度は遡行してみたいと思っていた沢。

折立から工事車両以外通行止めの林道のゲートを「岩井谷に行きます」と断って通してもらい約1時間で岩井谷橋へ到着。ここで沢装備を整え入渓すると明らかに水量が多い。どうせなら両手に掴まってもらいたかったなぁ。
IWAI_DSCF1162_R.jpg

昨日まではもっと水量が多かったことがうかがわれる。
Iwaidani20150912_6DSCN3511_R.jpg

この沢は源頭部を除きゴーロ歩きか大岩の乗越が延々と続く。
Iwaidani20150912_7DSCN3512_R.jpg 

簡単なんだけれど声が通らないほどの水の音に心が休まらない。
Iwaidani20150912_16DSCN3521_R.jpg

そんなゴーロ帯の中に次々と出てくる広い淵。
Iwaidani20150912_20DSCN3525_R.jpg

鳶谷出合のずっと手前でもう我慢ができずに竿を出す。
Iwaidani20150912_10DSCN3515_R.jpg

これで我慢しろという方が無理でしょ…。
Iwaidani20150912_22DSCN3527_R.jpg

オレでも釣れたよ。
IWAI_DSCF1182_R.jpg
 
竿頭はまっきー。
Iwaidani20150912_33DSCN3538_R.jpg

でも真っ昼間ということもあって型はイマイチ、塩焼きサイズ。
Iwaidani20150912_35DSCN3540_R.jpg

すっかり時間をかけてしまって本当にいい流域に入ってからは釣りはあきらめ酒を急ぐ。イヤ先を急ぐ。

5段滝かな。
Iwaidani20150912_44DSCN3549_R.jpg

ショルダーだとか荷揚げだとかと結構ややっこしい所もあって、テン場に着いてからの釣りの時間が気にかかる。
Iwaidani20150912_46DSCN3551_R.jpg

ゴルジュの入口の滝はチョイ見で放棄。
IWAI_DSCF1214_R.jpg

左岸のルンゼを簡単に稜線まで詰め、TOPだった私が尾根上を左へ(上流側)へ行こうとすると、マッキーからちょっと待ったが。
そのまま尾根を反対側に越えた下に見えている沢が本流に違いないと。
でも、言った本人含めて全員が???
Iwaidani20150912_48DSCN3553_R.jpg

結局何の困難も危険もなく約40分でもう一つ上の滝上に復帰すると、からくりが判明。そういうことだったのね。

高巻き中に採ったクリタケ。
Iwaidani20150912_49DSCN3554_R.jpg

本流に復帰して10分で左岸にきっちり整地されたテン場を発見。
ここに来るまでに採ってきた山の幸にはアマゴが混じった。
Iwaidani20150912_55DSCN3560_R.jpg

そしてまっきーは刺身サイズの追加に出漁、私はまったり赤ワイン。
薪集めも火熾しも、もちろん調理も二人の姉御がやってくれました。(もう連れてきてもらえないかも。)
Iwaidani20150912_63DSCN3568_R.jpg

個食とのことでしたが、姉御二人が作ってくれた料理だけでもう満腹。
酒も次々と注いでくれるし、これじゃ明日になってもザックの重みが変わりません。
Iwaidani20150912_64DSCN3569_R.jpg

マッキーと姉御二人は遅くまで語っていたらしいけれど、「お子ちゃまは寝なさい。」と言われて私は先にお休み。

13日
歩き始めてすぐ大きく足を開いた拍子にアキレス腱を伸ばしてしまった。
ホントに足を広げただけなのに、あー、いやだ。歳は取りたくねぇもんだ。
Iwaidani20150913_69DSCN3574_R.jpg

しかしこれからまだ標高差約500mの遡行と太郎平からの長い下りが待っている。
小心者の気分はもう遭難、暗澹たる気持ち。
Iwaidani20150913_73DSCN3578_R.jpg

ビッコをひきひき歩く私を見かねてみんながザックの中身を分担してくれた。
もちろん一旦は抵抗したが、無理して悪化させたら余計皆に迷惑をかけることになる。
Iwaidani20150913_74DSCN3579_R.jpg

2110の奥の二又から先も足には厳しいゴーロ歩き。その上石はヌルヌル。
足を滑らせてブチッと切れたら…。
Iwaidani20150913_77DSCN3582_R.jpg 

痛みを我慢しながらも、藪漕ぎゼロで薬師峠のテン場のトイレへ無事到着。
(岩井谷源流はこのトイレの汚水が流されているので要注意。私は本流テン場付近で水を汲んでおきました。)
Iwaidani20150913_80DSCN3585_R.jpg 

下りはアキレス腱が伸びない為にあまり痛みが走らず、懸念していた太郎平から折立までは前回+30分ほどで無事に下りることができた。

これと言った滝の登攀も厳しい高巻きもない岩井谷は延々と続くゴーロ歩きと大岩のボルダリングがちょっと冗長。岩井谷橋とゴルジュ手前まで間での釣りキャンプでも十分楽しいのかもと思いました。



関連記事

コメント

非公開コメント