京都グルメツアー2015

 8月31日から9月4日まで京都で国際会議があり、参加してきました。
PFL20150903_34DSCN3475_1_R.jpg

8月31日 初日は身内だけで松喜屋京都四条店。近江牛が自慢のステーキ屋さんです。
IMG_20150831_204919_R.jpg 

始めは手前側の3人だけで行くはずだったので近江牛「極上コース」などとひそかに企てていたのですが、ふたを開けてみると倍の6名…。いかにも大らかなテキサス気質。そこがこの会社のいいところなんですが、いくらなんでも倍の予算オーバーはあんまりなのでワンランク下の「特上コース」に自主規制。

ワンランク下げたと言っても高級和牛そのもの、均一にサシが入ってジューシーで柔らかなステーキ。これでも十二分すぎです。
肉の上に載っている白い塊は「泡塩」という品のいい塩ですが、粗野な私にはしっかりした岩塩の方がうれしいな。熱した溶岩に乗って運ばれてきますが、焼きは鉄板だそうです。
IMG_20150831_195550_R.jpg

最近お肉に食指が向かない私にはもったいないディナーでした。

9月1日 ホテル京都グランヴィア 竹取の間
私ともう一人の日本人同僚にとってメインイベントの日。
サンアントニオの隣町のヒューストンに本社がある某社日本法人と合同でプライベートパーティーを開きました。
初めての試みだったので何人が来てくれるのか心配で心配で。
PFL20150901_2DSCN3443_R.jpg

ふたを開けてみれば名刺を置いて行ってくれた方だけでも170余名。
私ともう一人の同僚がこの何十年も培ってきたコネを駆使して招待状を発送しまくった甲斐がありました。
PFL20150901_5DSCN3446_1R.jpg 

自動車業界との直接のつながりが濃くはない共催会社もこの盛況ぶりには大いに喜んでくれました。
また、大阪出張から今日中に栃木まで戻らなければならない元上司がわざわざ京都で途中下車して出席してくれたことは大感激でした。

さすがにShinner Bock(テキサスビール)までは手に入らなかったのですが、コロナビールとフローズンマルガリータはホテル側の尽力でご提供することができました。コロナ片手に挨拶する弊社副社長。
PFL20150901_15DSCN3456_R.jpg

おかげさまで最後まで大盛況。
お開きになり照明を下げても外国からのお客様は帰る様子を見せないので、酔った私が英語でクロージングスピーチまでしてしまいました。あー、恥ずかしい。

大好評につきこれからは年1回どこかでやることになるような予感…。


ホテルのバーで副社長に労をねぎらってもらった後、日本人の同僚と2人で3次会。
各テーブルへのあいさつ回りに忙しく、アルコール以外何も口にしていなかったのでこの鶏寿司は美味でした。
PFL20150902_26DSCN3467_R.jpg

京風の上品なラーメンで〆。
PFL20150902_27DSCN3468_R.jpg

いい店だったことは覚えているのですが、一体どこだったのか全く記憶がないのが残念です。

こちらはお店の方じゃなくてカウンターで隣になった方。京美人でした。
PFL20150902_28DSCN3469_R2.jpg

9月2日 神馬 西陣(上京区 千本通中立売上ル西側玉屋町38)←この住居表示が即物的でオモシロイ。
神馬1_R

この日はH社の新世代ガソリンエンジン(ダウンサイジング過給エンジン)の高効率燃焼確立の立役者と、某大手サプライヤー役員を誘って会食飲み会。座敷で京料理って柄じゃないけど口が肥えたメンツなので、苦労して探し出したのがこの神馬(じんめ)。

今回5日間で食べた中で一番心に残った逸品は京らしい上品な薄塩味のグジの兜煮。これは美味かった!
神馬8_R

生、煮る、焼く、揚げる、素材の良さを引き出す素朴な料理の数々を堪能しました。
グジの他では特に生牡蠣と柳鰈が美味かったな。
クジラベーコンは厚身の上品なやつじゃなくて給食で食べてた薄くて真っ赤なヤツを期待していたんだけど…。

厚岸だったかな。広島は広島で美味いんですが、こっちはもう少しミルキーです。
神馬6_R

柳鰈がこんなに美味かったとは。
神馬7_R

味にはこだわる二人も堪能してくれたようで、私も一生懸命お店を探した甲斐がありました。
京都駅からタクシーで20分ほどかかりますが、京都に来たらまた是非寄りたいお店です。
神馬11_R

9月3日 公式バンケット
PFL20150903_46DSCN3487_R.jpg

太っ腹で遊び上手な京都の老舗計測器メーカーが毎回スポンサードしてくれるおかげです。感謝。
PFL20150903_36DSCN3477_R.jpg

なので当ブログもPRに一役。左の写真は終戦からまだたったの2年、右は私が生まれた年。
PFL20150903_44DSCN3485_R.jpg
この世代の方々は飢えに苦しみながらも死に物狂いで働いて焼け野原だった日本をあっという間に世界第二の経済大国に復興せてくれたのだから年金など多くて当たり前。それっぽっちじゃ足りんだろと結果的にはパラサイト第一世代だった私ですらそう考えています。この世代の方々が血と汗と涙で築いてくれた遺産のお蔭で難民にもならずに安穏とウダウダできている我々とそれ以下の世代かと。

2次会は某メーカー役員とH社期待の中堅エンジニアと。
PFL20150903_53DSCN3494_R.jpg

9月4日 根室花まる@KITTE丸の内店
新幹線の中でネットをチェックしていったのですが、期待外れの一言にしておきます。


よく飲んだ5日間でした。
個人的お付き合いのある皆様、来月は小倉で会いましょう!

ちなみに今週のオフトレ
1日(火)ウォーキング20分、ジョグ40分
2日(水)ジョグ30分
4日(金)ジョグ40分



関連記事

コメント

非公開コメント

常吉 様

 お久し振りです。

 相当な御健啖家のようですね。 御仕事上の御接待ではあるのでしょうが、その上に御好きなようで。。。。

 京都は、日本料理屋が多くて、多くが京風ですが、同じ関西にすんでいる者にとっても薄味で、大阪風の味付けになれた身には、あまり馴染めません。 でも、京都でも色々な国の料理が味わえるようになっていますので、中東や南アジアの料理屋他があって客足が絶えないようです。

 京都は水に恵まれたところなので、日本酒が美味しくて、豆腐等も良く賞味されます。 また、鴨川で鮎も捕れますので、京都市内で捕れた鮎を市内で賞味出来るのです。 嵐山では、夏になると鵜飼いで鮎漁があり夕方になると繰り出した見物の船内で賞味も出来ます。 

 変わったところでは、禅宗のお寺で精進料理を賞味出来ます。 宇治にあります万福寺では、中国風の精進料理・普茶料理を賞味出来ます。 

 郊外に脚を伸ばせば、山間部で捕れる猪や雉の野趣に溢れた料理があります。 冬なら、鞍馬山に登り、麓の温泉につかり猪鍋をつつくのも良いですよ。 

ありがとうございます!

とら猫イーチ様、

京の美味しい物情報ありがとうございます。
貴兄もかなりの食好きなのですね。

寒い時期の京都の湯豆腐や初夏の鱧は何度かいただきました。季節感と風情があっていいですね。鴨川の鮎は川床で頂きたかったのですが、残念ながら満席だったりで未だ機会がありません。
京都の猪鍋も興味津々です。

大阪も仕事で時々行くことがあります。
大阪の方の食欲には毎回圧倒されますが、お勧めの下町居酒屋などあればお教えください。

PS
血管の破損状況は変化ありませんが、なぜか視力は1.0まで回復しました。