2015.08.15,16 万太郎本谷(1)

8月15,16日【万太郎谷本谷】@谷川 魚野川水系
W/ おみづ(ウチの会)、おかもっちゃん
シューズ:ラバーソール
使用ギア:8×50ロープ、キャメ#2
天候:15日16日ともに曇り時々晴れ
行程:
15日林道車止め6:40→6:53入渓地点(スリット堰堤)→11:45一の滝下11:50→(高巻き)→12:14一の滝上→12:47二の滝→13:10BP
16日BP6:15→6:47三の滝8:05→11:07稜線登山道→肩の小屋→11:23谷川岳(トマの耳)11:24→11:30肩の小屋11:34→12:46谷川RW天神平駅~ベースプラザ→土合駅13:50~15:59土樽駅
***************************************************
元々は4泊5日で剱周辺のクライミングに行く予定であったが、天候不順で中止。パートナーはたまには実家に帰るというので急遽おみづ・おかもっちゃんコンビの万太郎本谷遡行に混ぜてもらうことにした。
***************************************************

初日
大人なので前夜は湯沢健康ランドで快適に宴会をし、翌朝伍作新道登山口の駐車スペースに車をデポ。健康ランドを出る時快晴だった空には雲が低く垂れ込めてしまいましたが、まぁそのうち晴れるでしょう。

林道を僅かに歩いてスリット堰堤の入渓点。スリットにはビーバーが巣を作っていたので邪魔をしないように右手を巻いて越えました。
MDTMP8150007_R.jpg

堰堤を越えるとすぐにナメの始まり。
Mantaro20150815_7DSCN3266_R.jpg

まさに癒し渓、いいねぇ。
Mantaro20150815_9DSCN3268_R.jpg 

日が差していないのでエメラルドに輝いていないのが残念です。ここは胸まで水に浸かって右岸のルンゼに上がって巻きましたが、水温が高いので気持ちのよい水遊びが始まりました。
Mantaro20150815_12DSCN3271_R.jpg


Mantaro20150815_16DSCN3275_R.jpg 

関越トンネルの換気口です。昨夕自宅でセットしてきた高度計は関越トンネルの真上でないと言っていましたが、真面目に地形図を見ていなかったので不確実です。
Mantaro20150815_18DSCN3277_R.jpg

時折日が差すと歓声が上がります。やっぱりこうでなくちゃぁね。
Mantaro20150815_21DSCN3280_R.jpg 

おっ、グラビアで必ず見かける景色。オキドウキョのトロ場の入口です。
Mantaro20150815_23DSCN3282_R.jpg 

最初の核心と評される割には意外に貧弱かな?
MDTNP8150022_R.jpg
カナヅチの私は端からロープを要求しましたが、ぎりぎりまで右岸の棚を歩き、意を決して水に入り後ろ足で右壁を蹴ったら左壁の背の立つところに着いてしまいました。拍子抜けです。

おかもっちゃんは泳ぎが得意なんですが、初めてのザックを背負った着衣水泳には戸惑っていたみたい。
Mantaro20150815_32DSCN3291_R.jpg


Mantaro20150815_37DSCN3296_R.jpg

このトロは滝の取付きまでとても泳げそうもないので簡単に高巻きました。
Mantaro20150815_38DSCN3297_R.jpg

オキドウキョのトロ場を抜けると釜を持った小滝が連続しました。昔はイワナがたくさんいたんでしょうね。
Mantaro20150815_42DSCN3301_R.jpg


Mantaro20150815_44DSCN3303_R.jpg


Mantaro20150815_47DSCN3306_R.jpg

ここは第2のゴルジュ。おみづはヤツメウナギで簡単に取付きまでヘツリましたが、私ははがされてしまって退却。震えが止まるのを待ってロープで引っ張ってもらいました。泳ぎも下手だけどヤツメウナギも下手な常吉です。マジ、なんとかしなきゃ。
Mantaro20150815_50DSCN3309_R.jpg

左岸のテラスに上がってで2mほど登り、落ち口に向かって2歩のちょっといやらしいトラバースは空身になればごく簡単です。
Mantaro20150815_52DSCN3311_R.jpg

小滝の通過に胸まで浸かるヘツリやちょっとした泳ぎが連続し、さすがに寒くなってきました。今日のような条件でも寒くなるのですから気温が低い時だったら厳しい遡行になること請け合いです
Mantaro20150815_64DSCN3323_R.jpg


Mantaro20150815_67DSCN3326_R.jpg

私は読んでいませんでしたが、2週間前まではこの辺りには雪渓がかかっていたそうです。たった2週間でここまで後退してくれていたお蔭で冷たい思いも危険な思いをせずに大ラッキー。
Mantaro20150815_68DSCN3327_R.jpg

登るにせよ巻くにせよ、この遡行の核心、一ノ滝に到着。
Mantaro20150815_69DSCN3328_R.jpg

すごい迫力です。
右壁も左壁も直登の記録が溢れていますが、我々グラビアB's&Gには未練などございません。いやすげー、無理無理。
Mantaro20150815_74DSCN3333_R.jpg

マッキーや藪漕ぎジョニを始め、一ノ滝の高巻きで追い上げられて冷汗をかきながら2時間も費やしたという記録を幾つか読んでいたので、取り付く前に良くルートを観察しておいて約20分で高巻き終了。これから行く人の楽しみを奪わないためにこれ以上は書きませんが、この一文とこの写真で解読できると思います。
Mantaro20150815_75DSCN3334_R.jpg

二ノ滝はスタスタと。
Mantaro20150815_77DSCN3336_R.jpg

二ノ滝上部の登攀。
Mantaro20150815_79DSCN3338_R.jpg

二ノ滝を過ぎるとテン場探しです。この沢には快適なテン場が少ないのでテン場争いが繰り広げられるようですが、今日は我々の前には遡行者がいなことが分かっていたのでのんびりと遡行してきました。
Mantaro20150815_81DSCN3340_R.jpg

ありそうだなぁと思って登ってみたところが薪まで準備されて整備されたテン場でした。後でジョニのブログを見たら彼らもここで泊まっていました。
Mantaro20150815_82DSCN3341_R.jpg

木立の配置が悪くタープが張りづらいかと思いましたが、灌木を使ってうまい具合に張ることができました。
ちょうどお日様が出ていた時間帯。濡れ物もあっという間に乾きます。
Mantaro20150815_87DSCN3346_R.jpg

まだ一時過ぎ。のんびりバーボンの谷川源流水割をちびちびと。
Mantaro20150815_90DSCN3349_R.jpg

仰向けになって空を見ながら剱に思いを馳せていたら…
Mantaro20150815_91DSCN3350_R.jpg
 
すぐに落ちてしまったようです。私が寝てる間に二人が薪を拾いに精を出していてくれていました。悪いねぇ。
MDTNP8150049_R.jpg

16時半ごろ2パーティ8名が息せき切って登ってきました。
良いテン場を確保してしまった我々はのんきに話しかけましたが、トップ集団はそれどころではない様子。
まぁ、今日は全部で3パーティのようですからそれなりのテン場にはありつけるでしょう。

おかもっちゃんが準備してきてくれたつまみの数々。のん兵衛常吉が参加になったので急遽揃えてくれたとか。
感謝~!
Mantaro20150815_95DSCN3354_R.jpg 

食後はたき火を囲んで恒例ベーコンブロック炙りを堪能しました。
Mantaro20150815_99DSCN3358_R.jpg

二日目に続く。

関連記事

コメント

非公開コメント