オヤジハイク 乾徳山

6月28日【乾徳山】W/まっきー
天候:晴れ
行程:徳和登山者P9:07→9:20徳和登山口→12:16乾徳山??→道満尾根→道満山→15:06道満尾根登山口→15:35徳和登山者P

昨年4月末に発症した脊柱管狭窄症、多少でも腰を折った状態(=登りと滑り)ならば間歇歩行の症状が出ないことは山スキーシーズン中に確証が持てていたのですが、問題は歩きの下り。しかし先々週の裏妙義縦走、昨日の大若沢・長滑沢遡行ともに短いとは言え下山中に症状が出なかったので少し自信をつけて乾徳山ハイキングにチャレンジしてみました。そう、今はハイキングさえチャレンジング…。

富士山の正面に見える雪渓が先月の板納めで滑った小御岳流し。まだ6月というのに既に雪がつながっていません。
20150628_70DSCN2947_R.jpg 

そもそもハイキングなんてめったに来たことがありません。ましてオヤジ同士で来るとは…。
20150628_72DSCN2949_R.jpg 

でも、みんなが素通りする胎内岩で遊んだり。
20150628_75DSCN2952_R.jpg 

顕著なクラックが走るオープンブックの鎖場で遊んだり。

いくら劣等生だったといえ石田登山塾クラックリード講習卒業生としては鎖なんか使うわけにはいかんでしょう。
登ってみたらジャムももちろん使えましたが、下部はスメア、そこから上はクラックの縁がガバになっていて簡単でした。
20150628_77DSCN2954_R.jpg 

この鎖場を登るとそこが山頂。お歳の方々はもちろん、若い山ボーイ、山ガールが大勢いました。
20150628_82DSCN2959_R.jpg 

さわやかな風とお日様の下、ご飯を食べてのんびりした後は問題の下りです。

ピストンではつまらないので月見岩から分岐する道満尾根を下山することにしました。写真は月見岩付近から山頂振り返り。
20150628_83DSCN2960.jpg 

山頂から道満尾根登山口まで標高差1010m。
心配した歩行不能症状は出ることなく無事下山しました。昨年8月にちょっとわけがあって折立・太郎小屋をピストンした際、上りでも下りでも動けなくなり、しまいには荷物をすべて奪われるという屈辱を味わされたこの病気ですが、まさに薄皮を剥ぐように僅かずつ治癒に向かっているのかもしれません。

こうして山歩きでは症状が緩和されてきているのに相変わらず街歩きでは10分が限界です。でもその理由が消去法で見当がついてきました。それが正しければ今の街中での苦痛から逃れられます。今週は何度か東京に行くのでその時に確認してみたいと思っています。

関連記事

コメント

非公開コメント

対処

大変そうですね
>街中での苦痛から逃れられます
・・・杖を突いて歩くとか?

NO

エフ、

ありがとう。
でも杖は最終手段かな。

それより釣り行きたいんだけど…。