ビジネスシューズ界のモンベル?

Scotch Grain。
マイブームです。
20150626_66DSCN2943_R.jpg 

前列左から内羽根式ウィングチップ、外羽根式プレーントゥ。いずれもこのブランドの”This is” であるアシュランスシリーズ。後列は今は廃版となってしまったタッセル。超お気に入りなので全く同じものが2足。

歳も歳、本当は足元を見られたくないのですが、相変わらずトラッドスーツ一辺倒なのでイタリアとか大英帝国とかのカッコいい靴が全く合いません。たまたま遊びで長いこと使っていたScotch Grainのタッセルの品質が非常に良かったので試しにビジネスシューズもこのブランドを買ってみたのですが、これがなかなかいい。

モンベルって持つ喜びはないけれど、だれもが認める高機能・高品質で低価格。
Scotch Grain (byヒロカワ製靴@墨田区)ってビジネスシューズ界のモンベルではないでしょうか。
例えば職人の手による極上革のグッドイヤーウェルト製法 Vs. 1000フィルパワーダウンジャケット。どちらも素材・製法・製品品質は文句なしなのに海外製品とは比べるべくもない低価格。だから持つ喜びには欠けるけれど、使う喜び。

また、モンベルのシュラフに保管用の布製バッグが付いてくるようにこれにはシューキーパーが付いてきます。常によい状態で使ってほしいという造り手の共通の願いを感じます。(羽毛シュラフや羽毛ジャケットは付属のスタッフバッグなんかに詰め込んで保管しちゃいけませんよ。)

雨の日はもちろん、用心のために降水確率が高い日も履かないで欲しいということなので、次は雨の日用にシャインオアレインシリーズが欲しいなぁ。ってか知っていれば初めからそれにしていたのに。

あと何年もない現役引退までは大事に履きたいのでメンテは東京に出たときに八重洲地下街の靴磨き本舗Kamiokaさんにやってもらっています。慣れれば自分でできるのかもしれませんが、少なくとも板のワックス掛けよりずっと難しそうなので。

関連記事

コメント

非公開コメント

スコッチグレイン、おしゃれな知り合いが絶賛しておりました。
手入れが行き届いており、素敵ですね。
シューツリーが最初からついているとのこと。無茶苦茶こだわりを感じますね。私はほぼリーガル一辺倒ですが、今度試してみようかな?

スコッチグレイン、いいですよね。
でも皮革底なので、濡れた外の道を考えると私もリーガルになってしまいます。
常吉さんがトラッド派っていうの、よくわかります。
最近は出先勤務でクールビズなんかあったりして私はほとんどスーツ着ないけど、ブルックスやケント、Jプレスの段返り三つ釦が好きですね。

くーぺきゃんぱーさん、

ありがとうございます。
くーぺきゃんぱーさんならこの話題に反応してくれると思ってました。雨の日には履かないで欲しいということでビジネスユースにはちょっと使いづらい感もありますが、見た目も悪くないし履き心地もいいですよ。この値段で日本の職人さんの手作りっていうにもくすぐられます。
是非一度。

おおっ!

監督さん、

監督さんもトラでしたか。
私は社会に出て以来J-Press一辺倒です。
(最近は先に引退した弟のスーツも「お上がり」で着ていますが、同じくトラッドです。)
最近はどこもクールビズですね。でも私の第2の人生はそれまでのエンジニアから一転して客商売なので、ネクタイ締めると気も引き締まります。戦闘服ですね。