新緑デート

6月6日

裏妙義ハイキング
W/やじぃ

来季に向けたオフトレ第一弾。
トレーニングにしちゃぁ軽過ぎの感もありますが、脊柱管狭窄症で平地歩きは5分、10分が限界なので恐る恐る最初の一歩です。(現在東京駅自由通路を丸の内から八重洲側まで休まずに歩くけたら◎。)
前十字靭帯再建手術から丁度1年が経ち、これから本格的に体力回復を目指すやじぃに付き合ってもらいました。滑りも体力もレベル違いのやじぃに付き合ってもらえるのはこんな時でもないと。


この20年、二桁回以上来ている裏妙義篭沢登山道ですが、前代未聞の水量の篭沢が出迎えてくれました。
「あたし、こんなとこ渡れませーん。」とかかわいい事いうから、じゃ他で渡ろうかって飛んで戻ったらバランスを崩してジャボン。歩きだして10分で半身びしょ濡れになっちゃいました。

なんだ、渡れるじゃん。
Uramyougi20150606_2DSCN2879_R.jpg 

めったに見られない裏妙義の滝シリーズをどうぞ。
Uramyougi20150606_3DSCN2880_R.jpg   

新緑と清流と谷間を渡る小鳥の囀り。フィトンチッドとマイナスイオンと脳内シアワセホルモンのそろい踏み。
来てよかったなぁ。
Uramyougi20150606_4DSCN2881_1_R.jpg

いやぁ、びっくり。沢登りの対象になりそうな滝までできていました。
Uramyougi20150606_6DSCN2883_R.jpg

ミニゴルジュ内の勢流。
Uramyougi20150606_7DSCN2884_R.jpg

この登山道を知っている方にこの景色は驚きだと思います。
Uramyougi20150606_10DSCN2887_R.jpg

木戸を過ぎても未だこんな美滝が懸っていました。
Uramyougi20150606_12DSCN2889_R.jpg
ここで落ち葉の伏流にだまされてまたもやボシャン。何でオレばっか。

すっかり忘れていたのですがクライミングも沢登りもやらないやじぃ。
膝のこともあるしこんなとこ連れてきちゃってよかったのかと一瞬心配になったのですが、全く問題ありませんでした。
Uramyougi20150606_9DSCN2886_R.jpg 
というより私よりスムーズだったかも。

てなわけで難なく丁須の頭に到着。
前回木戸壁カンテを登ったついでに来た時はいずとカオリンにてっぺんまで登ってもらいましたが、今回はロープを持ってきていないのでここでお終い。なんせ今朝自宅を出るまでは平標のお花畑を見に行く予定だったんですから。
Uramyougi20150606_15DSCN2892_R.jpg 

のんびりとお昼を食べた後は縦走路中の難関、20mルンゼの鎖の下りです。
今日はルンゼ内がびしょ濡れでいかにも足が滑りそう。
Uramyougi20150606_20DSCN2897_R_1.jpg  

でも全く問題なくスルスルと。
Uramyougi20150606_24DSCN2901_R.jpg  
ウーン、クライミングやらせたいなぁ。でもすぐ負けちゃうだろうな。

赤岩のトラバース。
ここでも「わーい、下の廊下だぁ」とはしゃいでおりました。少しは怖がれよ。
Uramyougi20150606_31DSCN2908_R.jpg 

休憩含めて全6時間。私の脊柱管狭窄症もやじぃの膝の痛みも出ずに無事下山できました。
(二人とも2匹ずつヒルに付かれていたけど被害はありませんでした。)
 Uramyougi20150606_34DSCN2911_R.jpg
これでこれから安心してトレーニングに励めそうです。
でも街は全く歩けないのになんで山だと平気なんだろうか。謎は深まるばかりです。
ま、いいやそんな事。
やじぃ、来年は一緒に 温泉入るぜ! 赤牛滑るぜ!


6月7日
会の行事。
ハイク班、沢班、マルチ班、フリー班に分かれて奥多摩クリーンデイ。

私は半年ぶりのクライミングに入れてもらったのですが、アップで5.9と10aをTRで登らせてもらったらそれだけで腕が売り切れちゃいました。やっぱきれい処達と楽しくハイキング行っときゃよかったわ。
Uramyougi20150607_35DSCN2912_R.jpg 
今日も脊柱管狭窄症現れず。サポートタイツかなぁ。



フリー班が拾ったゴミはほとんどが車道に投げ捨てられたタバコの吸い殻とか、奥多摩線の座席や床に置きっぱなしにされた缶類とか。朝拾ってきれいにしたのに帰りにはまたたくさん。

けっ。
関連記事

コメント

非公開コメント