自分を褒めたい 2015 05 30 恒例富士山板収め

5月30日 【不調を押して何とか完登 富士山板収め】
14/15シーズン 滑走41日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/おーすけさん・まっちゃん・M.yumiちゃん・寅(以上ウチの会)、しょうこちゃん(RSSA)、Rosiさん・怒涛の女子ラッセラー(以上チーム薄皮)、ぢゅん、トマホーク、まめぞうむしさん、まっきー(熊谷山旅会)→不浄流し、やじぃ→アウトレットでお買い物
行程/スバルライン5合目駐車場6:55~12:04山頂~コル~吉田大沢~小御岳流し13:30~お中道~14:19 5合目P
天候/快晴一時ガス

自分にとって大御所おーすけさんと滑れるシーズン2度だけのチャンス。 
(ホントはしょうこちゃんに会いたくて参加してるんだけど。)
今回はチーム薄皮のRosiさんや今売り出し中のトマホークも参加するというので楽しみにしていたのですが、先々週の怒涛の6連荘以来微熱と喉の痛みが続き体調最悪。家内にホントのバカじゃないの?と呆れながらの参加になりました。

微風快晴。板収めにふさわしい日になりましたが、この通りの超貧雪です。
しかしこれでも標高差800mの大滑降ですからさすが富士山。
Fuji001DSCN2814_1_R.jpg 
先々週の乗鞍でようやく2,3年前の体力への復活を実感したのですが、今日は山頂までたどり着けるか着けないか五分五分の感じ。とにかくゆっくり行こうと皆さんより20分ほど早く出発しました。

しっかし雪ないなぁ。
Fuji03DSCN2816_R.jpg
脊柱管狭窄症による足のしびれが出る平地歩き。早くもちらつく敗退の二文字…。

あっという間に皆に追い越され…
Fuji04DSCN2817_R.jpg

10時10分。北八合目(本八合目の手前)でまっちゃんから早くも山頂到着の連絡。
11時時点で登頂続行か敗退かを決めることにした。

しかし絶対息が上がらないペース、小まめの休憩を心掛け、5時間10分掛かってしまったけれど何とか登頂成功。
山スキーヤーとしては失格タイムでしょうけれど、この体調不調と腰痛をうまくコントロールして登頂できたことが満足です。さすが老害イヤ老獪。
Fuji06DSCN2819_R.jpg 
みなさんを長いこと待たせてしまったので集合写真を撮ってすぐに出発。体調をコントロールしていただけで別に疲れていたわけではないので休憩なしでも全く問題なしでしたが、後で考えてみりゃチンタラしすぎてたってことかもしれません。

雪面ボコボコだった吉田大沢源頭部。私なんか凹凸に飛ばされないように慎重に斜滑降するのが精一杯だったこの斜面ですが、かのトマホーク君はあんなのゲレンデでも見たことないぜというような果敢な滑りを見せてくれて唖然。
Fuji07DSCN2820_1_R.jpg 
これも恒例、今年も小御岳流しに入るとガスが晴れました。
Fuji08DSCN2821_R.jpg

残念ながらカメラが少々左に傾いてしまいましたが、富士山ならではの滑走風景。
これで面ツルなら言うことなしなんですが。
Fuji09DSCN2824_1_R.jpg 
Fuji10DSCN2823_R.jpg

狭いルンゼの下には
Fuji16DSCN2829_1_R.jpg 
板を脱ぐ場面もあり。
Fuji17DSCN2830_1_R.jpg 
おー、やっと面ツル!!
はるか下方に先に滑ったメンバー5,6人が見えますが、あそこから雪渓末端までの距離はこの写真を撮った位置から彼らまでの距離より未だだいぶあります。
こりゃ楽しめそうだなぁ。
Fuji18DSCN2831_R.jpg

喜び勇んで滑り始めたら何と2ターン目かそこらで板が外れて転倒・滑落。
皆の滑走に刺激されていたこともあってスピードを出していたので全く止まりません。
流されて行く途中で上の写真の右1/3に写っているガレ場が迫ってきているのが目に入り、ヤバイっと思ってセルフアレストポールを雪面に打ち込んでギリギリ5,6m手前で上陸の難を逃れました。

板が外れたための転倒。岩場の通過で板を履きなおした時にTLTのピンがしっかり装着できていなかったのでしょう。
普段は装着後にひねりを加えて確認しているのですが、今日はそれを怠っていました。お祭り気分で真剣さが足りません。たるんでました。

3年前の薬師でお会いしたまめぞうむしさん。今日は山頂でしょうこちゃんが声をかけてご一緒することになったと後で知りました。ちゃんとご挨拶もできず申し訳ありませんでした。
Fuji23DSCN2836_1_R.jpg 
2014/2015シーズンのフィナーレまで残すところあと1ピッチ。
Fuji24DSCN2837_R.jpg 
感動のフィナーレはしょうこちゃんの写真待ちです。

これも富士山ならではの下山風景。
Fuji26DSCN2839_R.jpg 
下山後は御殿場のアウトレットで爆買いしてきたやじぃと不浄流しを滑ってきたまっきーも加わって盛大に14/15シーズンの打上げです。
Fuji29DSCN2842_R.jpg 
宴会後は皆さんの滑走記録の報告会があったのだけれど、私は睡眠不足と疲労で部屋に戻るなり爆睡。
おーすけさん、しょうこちゃん、Rosiさん、まっきーの刺激的な記録をまた聞き逃してしまいました。

一瞬目を覚ました時に行われていた「山行に対する考え方・姿勢」論、私なんかとは段違いのリスクを伴う登攀・滑走を無事に続けているみなさんの真面目な姿勢はもっともっともっと見習わなければと思いました。
 



蛇足
昨年まで幾つもあった「富士山ではスキー・スノボは禁止です」といった類の不法看板は少なくとも吉田口からは撤去されて一つも見当たりませんでした。
関連記事

コメント

非公開コメント

富士山板納め、お疲れ様でした。
薬師以来の再会、嬉しく思います。
今年のGWは私も黒部源流域に入っていて、三俣蓮華岳でぶなの会の2名にお会いしました。
常吉さんにもお会いできるかなと思っていましたが、ちょっとルートが違ったようで残念でした。
これもご縁でしょうから、またお会いできることを楽しみにしております。

マメゾウムシさん、

先日はお疲れ様でした。あの日は初対面の方に何人かいらしたので誰が誰やらで大変失礼しました。せっかくの再会だったのにろくにお話もできず後になって残念なことをしたと思っていました。
ブログは時々拝見しています。
またどこかでお会いしましょう!

常さま!
2日間お世話になりました。
一緒にいたけどあまり話せなかったですね、残念。
体調不良で5時間登頂すごいです。
私、二週前の富士山は、体調良好でそのぐらいでした(笑)

ヒヤリハットの報告での、常さまの言葉は大きかったです。
勉強なります。

しょうこちゃん、

そうだったねぇ。
山じゃ皆に付いて行けないし、民宿じゃ7時半には寝ちゃったし。
でもみんなの滑りはいつものことながら刺激になりました。
来年は精進するので生まれ変わった常吉を見てください。毎年そんな事言ってるけど。

しかししょうこちゃんカッコイイねぇ。いえ、滑りはデフォルトとして。
来年はセンスを笑われている私のスタイリストもやってください。

お疲れ様でした。

富士山滑降お疲れ様でした。
私はあの双六で滑り納めになりました。
常吉さんはあのあと乗鞍をやって、またそのあとに富士山。
頭が下がります。

今シーズンは双六で常吉さんやスガーさんにお会いできて
いい滑り納めになりました。

私は岩や沢はやりませんが、トレッキングで来シーズンへ向けて体力維持しなければ、と思ってます。
年々体力の衰えを実感してますから、サボらず時間を見つけて登らねば、なんて思ってはいるのですが、、、、、

また来シーズン常吉さんとお会いするためには頑張らねば(笑)

でも、お互い無事シーズンを終えて何よりですね。
お疲れ様でした。

いやいや、

sakusaku_fukafukaさん、

いやいやsakusaku_fukafukaさんはもともとの体力が違いますよ。あの超重装備担いで双六まで行っちゃうし、日に何度でもピークを踏むし。
私のように軽量化したらどんなスピードで行動するのやら…。
でも撮影機材はあきらめきれないのでしょうね。sakusaku_fukafukaさんのアイデンティティでもあるし。

私もオフシーズン中は縦走や沢登りに力を入れるつもりです。
またどっかでサプライズないかなぁ。