2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(5)丸山滑走

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
5日目)黒部源流~双六冬季避難小屋
14/15シーズン 滑走38日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/黒部源流左岸台地8:07~10:00三俣蓮華岳10:15~10:23(おみづPと談笑)10:44~10:50丸山11:30~東面滑走~東尾根登り返し~南東面滑走~夏道(下のトラバースルート)~13:30双六小屋
天候/晴後曇り

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************


朝6時の訪問者たち。
これからのウチの会を支える若者P。昨日新穂高を出て翌日のこの時間にもう黒部源流だから恐れ入る。(帰路も温泉沢から新穂高まで1日で踏破。)
20150503_061850DSCN2686_R.jpg 
しかしこの3人もこの後1時間近く遅れて出発したマッキーPの凄まじい追い上げに気おされたのか、水晶山頂からの滑走を先に彼らに譲ったとか。マッキーが非常に感謝していました。

7:40 マッキー隊、水晶に向けて出発。
20150503_074228DSCN2689_R.jpg 
8:07 怠け者隊ようやく出発。
20150503_080728DSCN2690_R.jpg 
三俣蓮華へはまだ硬い斜面を途中から尾根へ逃げてハイマツの藪を漕いで山頂へ。
20150503_094655DSCN2695_R.jpg

山頂に着いて丸山方向を見るとコルに向かって降りてくる二つの人影。
20150503_101609DSCN2697_R.jpg 
まさかと思ったが、昨日新穂高を出てきたおみづと寅ちゃん。えぇ~、なんでこんな時間にまだここにいるの?
二人とも連休前の激務と高速の渋滞で出発が遅れた上に寝不足でヘロヘロ。
その上稜線に露出した地肌にやる気ゼロ。
20150503_102443DSCN2699_R.jpg 
とりあえず今日は温泉に浸かってそれからどうするか考えるという二人と別れ丸山山頂へ。
IMG_0358_R.jpg 
ここも山頂からのドロップは下が見えなかったが、一番いいラインを落とせたようだ。
20150503_113714DSCN2708_R1.jpg 
一旦傾斜が緩む辺りで滑走をやめトラバースラインを使って双六小屋を目指したが、丸山東尾根上のハイマツ地帯でルートミス。少し下へ降りればハイマツ帯を横断する夏道があったのに、トレースに釣られて尾根を登ってしまった。
途中で濃いハイマツ帯に遮られルートミスに気付いたが、スガーがハイマツ帯を数m横切れば雪渓があるからそこを滑ろうという。

急な雪渓上では滑走の準備をする場所がなく、不安定なハイマツの中でシールをはがして板を履く。
20150503_122534DSCN2711_R.jpg 

ドロップポイント。
スガーは器用にハイマツの上を滑って雪渓に下りて行ったが、先端がハイマツに潜ってしまうスキーには無理なのでハイマツに掴まりながら怖々と雪面へ降りた。
20150503_122530DSCN2710_R.jpg 
丸山東尾根南面ハイマツ第3ルンゼと命名しよう。初滑降はスガー。
20150503_122749DSCN2712_R.jpg 
雪が緩んでいるので怖くはないが、ジャストターンサイズ。
失敗してハイマツの中に突っ込まないよう狭い上部はスピードを殺して慎重に滑った。
 20150503_123349DSCN2715_R2.jpg  
わっはっは、これで常吉もFIRST DESCENDERの仲間入りじゃ。あっはっはぁ。
 
そんな冗談を言いいながら双六小屋に到着。
左側が冬季解放小屋。
20150503_135106DSCN2717_1_R.jpg

この日の宿泊者は10人ほどいただろうか。
クマこそ来なかったが、ありえないほどの大きないびきに眠れぬ夜だった。


関連記事

コメント

非公開コメント