2015.04.29~05.05 黒部スキー縦走(1)新穂高~双六小屋

4月29日~5月5日 【のんびりゆったり黒部スキー周遊】
初日)新穂高~双六小屋冬季小屋
14/15シーズン 滑走35日目
Weapons/Manaslu, TLT Speed Rad., TLT5 MNTN TF-X
W/スガー(熊谷山旅会)
行程/新穂高6:10~8:08ワサビ平8:28~13:51大ノマ乗越14:35~14:46双六谷15:13~17:22双六小屋(時間かけ過ぎ。普通の人はこんなにかからないので初めて行く方は参考にしないようにお願いします。)
天候/快晴

***************************************************
今回が最後、今回が最後、毎年そう思いながらも今年のGWも黒部に入った。今回の狙いはまだ滑ったことがない赤牛岳の東西両面と祖父岳の滑走。しかし還暦を越えて早や2年、まして昨年はフリー三昧のシーズンオフを過ごしてしまったので体力の低下が否めない。そんな事を言い訳に、苦しい思いをせずにのんびり行動することをあらかじめ公言しておいたリゾート山行。
***************************************************

今年も飛越トンネルから北ノ俣経由で黒部の奥地に入る予定だったが、数日前に単独で入ったまっちゃんから黒部川の増水状況が伝わり、急遽新穂高側からの入山に変更した。

新穂高の黒部登山センター前で最終パッキングを終えて出発しようとすると、TV局のクルー数人がカメラを構えながら駆け寄ってきて登山届が義務化されたのを知らないのかと正義の味方の詰問口調。(富山・長野・岐阜の)三県警には事前に提出済みだけどと答えると挙げた手のやりどころに困った様子。空いた間に、富士山でのスキー・スノボ禁止という誤報をマスコミはどう考えているんだ、なぜ訂正しないのかと逆質問。しかし暖簾に腕押し、そんな誤報自体知らないなどといけしゃーしゃーと。
20150429_060819DSCN2422_R.jpg 

急速に進んだ雪解けでワサビ平まではシートラを覚悟していたが、蒲田川左俣林道の雪は例年と変わらず毛穴谷出合付近の橋の所から雪がつながりシール歩行開始。

春の訪れのワサビ平で早くも大休止。急がないのが今回のコンセプト(自分への言い訳)だから。
20150429_080721DSCN2424_R.jpg 

ワサビ平を過ぎるとほどなく秩父小沢が見えた。
例年ならこの辺りはゴロゴロと巨大なデブリ群に覆われ、5年前のGWの時なぞ右岸を通れずに左岸を巻かざるを得なかったことすらあったが、今年はこの通りすっかり融けてしまってとても歩きやすかった。
20150429_085129DSCN2426_R.jpg 

見えてからが遠い秩父小沢。やはり谷川辺りとはスケール感が違うとスガーも実感。
20150429_090115DSCN2427_R.jpg 

秩父小沢上部はそこそこ急斜面。
雪庇が張り出す稜線へ向かって登るのはあまりいい気持ではないし、どこからコルへ這い上がるのやら。幸い雪が緩んでいたのでクトーで登り続けることができた。
20150429_131847DSCN2434_1_R.jpg  

それにしても暑さと6泊7日幕営装備の重荷が堪えること。折角がんばって軽量化してきたのに、出発直前に酒とツマミの増量でその分を補ってしまった。まぁ、今回はすっかりリゾート山行気分なので悔いはない。休み休み時間をかけて行けばそれでよし。

珍しくスガーが後ろにいるので不思議に思っていたらこの時足が攣っていたらしい。
20150429_135114DSCN2435_R.jpg 

いやぁ、つらかった。
20150429_135551DSCN2440_1_R.jpg 

風もなく暑いくらいの乗越で槍穂を眺めながら小1時間ものんびりしてから双六谷に向かって滑走開始。

このたった250mが今日の滑走の全てであるが、まだ重荷での滑りに慣れていないので楽しみは二の次、怪我をしないように様子を見ながらの慣熟滑走。下部は地雷がたくさん隠れていたのでスキーヤーズライトの隣の沢へトラバースすると面ツルのきれいな斜面が待っていた。こんなことなら最初からこの沢にドロップすればよかったと思ったが、後でマッキーに聞いたら下部でないと入りづらいとのことのようだった。
20150429_143509DSCN2443_1_R.jpg 

この5年間で確か5回目のGWの双六谷であるが、沢割れなど1か所見たことがあるだけだった。しかし今回はあちこちで水流ゴウゴウである。おかげで冷たくて美味しい水をがぶ飲みできたのではあるが。

双六カールとの出合いはかろうじてつながっていた。帰路は何とかカールを滑ってくることができそうだ。
20150429_162320DSCN2450_R.jpg 

出合を過ぎても小屋はまだ遠い。急登もある。
20150429_165546DSCN2451_R.jpg 

少し歩いちゃ立ち止まっておしゃべり。
そんなペースでようやく冬季小屋に到着。

5年前まだ体力がなかった頃、ワサビ平の先でデブリに阻まれ蒲田川左岸の迂回を強いられ、更にはアップダウンの激しい稜線ルート(大ノマ乗越~弓折岳~冬季小屋)を踏破して来た時でさえ9時間半だったのに、今回はのんびりものんびり11時間10分も掛けてしまった。きわどくドラマチックだった米国出張からの帰国劇がまだわずか3日前の事だったとは言え、ちょっとやり過ぎ。これを書いている今、達成感とは程遠いダラダラ感を感じている。
20150429_172200DSCN2457_R.jpg 

小屋に入ってみると、CANNONのステッカーが貼られたJONESのスプリットボードが立てかけられていた。
私はボードに興味がないので分からなかったが、スガーが言うにはこれは…。

しばらくして戻ってきたボードの主は予想通り撮影に出かけていたsakusaku_fukafukaさん!
久々の再開を喜びあい話に花が咲いた楽しい晩だった。

関連記事

コメント

非公開コメント