14/15シーズン幕開け 2日目、3日目

11月22-24日【立山初滑り】
W/まっちゃん、おみづ、M.Yumi、寅、ヂュン(群馬BC)、きょうこ(旅岳会)、スガー(熊谷山旅会)、マッキー(←)
Weapons:Sugar Daddy, Onyx, TLT5


2日目はガスッガス。
こんな中滑ってもつまらないし、みんな徐々に行動範囲が広がってきているのでここらでちゃんと雪訓をしておこうということになりました。
Tateyama20141123_21_R.jpg 

スキーは「へた上手い」と言われるレベルだけれど、日本の登攀史上にいくつも名を残したまっちゃんの指導。
みんな真剣な眼差し。
Tateyama20141123_23_R.jpg 

岩と違って雪の確保技術は考えなきゃいけないことが多いです。
Tateyama20141123_18_R.jpg 

そうこうしている内に晴れてきた!

しかし昨日までにギタギタにされた斜面は今朝の冷え込みでガチガチ。
人の少なそうなカガミ谷を滑ることにしました。
Tateyama20141123_16_R.jpg 

ここもトラックは入っていたけど、パウダーが軽いままに保存されていました。
Tateyama20141123_14_1_R.jpg 

Tateyama20141123_28_R.jpg 

本谷に合流して傾斜が緩くなる辺りまで滑って登り返し。
Tateyama20141123_30_R.jpg


今日は2014年11月23日。
ちょうど1年前のこの日…。

みんなでHさん、Iさんに黙祷。
みっともないけどまた涙。
Tateyama20141123_33_1_R.jpg
 Hさん、Iさん、また来るね。

いい時間になったので称名川岸まで滑り降り、今期からOrtovox S1+に代えた私のビーコン訓練。
単独埋没ならデュアルアンテナでトリプルに勝てていた私ですが、今回は全然ダメダメ。
最後はSOS、周りで囃し立てるみんなに加わってもらって探索するありさまでした。

トリプルだけあってコースサーチと複数埋没対応は基本的には早いんだけど、時々示すまだ私が理解していない挙動に面を食らった上に、サークルの大小で示すファインサーチの感覚を掴めていないのが敗因かな。まぁ、7,8年練習し続けたビーコンとすぐに同じようにはできるわけないんですが。自信を砕かれ屈辱感に苛まれながら宿に戻り、今宵も大宴会。


翌日は強風、カチカチ。
転倒して流されたら岩に激突して怪我をする恐れがあったので滑走中止の提案。
みんな快く賛成してくれたので、警備隊にもう一度顔を出しホテル館山で美味しい水出しコーヒーを飲んで下山しました。

滑りは全くの不調だった3日間でしたが、気になっていた1周忌の黙祷はできたし、みなで今季の安全面を見直すことができた幕開けとなりました。

関連記事

コメント

非公開コメント