フェイス講習会

11月5日【今井健司ガイド岩登り講習会】
W/うっちー

今売り出し中のアルパインクライマー今井健司ガイドにお願いしてフェイスクライミングを習ってきました。
還暦を過ぎていつまでも腕力勝負のクライミングなんてやってられないわけでね。

アップを兼ねて5.9を3本登って欠点を見てもらいます。
20141105_2_1_R.jpg

指摘
・とにかくリラックス。それだけで格段に変わるはず。
・お尻が壁から離れている。胸をそらして腰を入れる。

うっちーは10aまでやりましたが、欠点出ず。
「インドアなら私より上手いんじゃないの?」と最大級のお褒めの言葉。いいなぁ。

てなわけで11aを登ることにしました。
20141105_5_R.jpg

見ての通り下部と最後のハング乗越が核心。
TRですが、うっちーは全くよどみなく登ってしまいました。FLを1本損したねって感じ。
「上手いですねぇ、強いて、本当にあえて言えばですが…(指摘事項聞き損ね)…」

私は下部核心部で左手のカチにどうしても届かず、悪戦苦闘。
足置きとムーブを散々工夫してようやく指先をかけられるようになったのですが、それに体重をかけると剥されてしまいます。なんでみんな剥されないんだろ??(後で分かった事ですが、この時点では二人が使った奥にあるカチまでまだ届いておらず、手前の甘い縁を使っていました。)

そこでカチ練。
20141105_8_R.jpg 

持ち方だけでなく、カチから体を持ち上げる時のムーブ。

その理屈の解説。
20141105_9_R.jpg 
ナイスガイでした。今井ガイド。

たっぷりレストしてから最後のトライ。
これだけやらせてもらったのに登れないんじゃあまりに申し訳ないと頑張ったらなぜか例のカチに指がかかり、トップアウトすることができました。やったぜー。
あと3センチ背があったらと思うんだけれどそれは言い訳、神経系がつながって体が伸ばせるようになるまで頑張ろう。

次に、うっちーのために11bにロープをかける今井さん。
20141105_14_R.jpg 

ビレーは安心できるって言っていただきました。石田さんに恥をかかしちゃいけないと思って相当意識しましたよ。
20141105_16_R.jpg 

11bにしては辛いという出足核心部をうっちーは難なく突破。さすがに最後はよれてテンションをかけましたが見事TO。
「ムーブは私と変わらないけど、結果の違いはレスト姿勢の差ですね。」
ってことでちょっとした姿勢の違いによるレスト効果の体感練習。なるほど。

最後は私が10aを気持ち良く登って本日終了。
20141105_27_R.jpg 

いい1日だった。
20141105_32_R.jpg

Memo)
☆バランス、ムーブ、足置きはできているので自信をもってトライ。リラックスするだけで格段に登れるようになる。←石田さんにさんざん言われていること。
☆お尻落ち姿勢修正。←まったく認識していなかった!
☆取りにくい右(左)手を取りに行く時には切った左(右)足のバランス探り。←探ってなかった!
☆レスト時のバランス探り。←探ってなかった!
☆カチ持ちとその時のムーブ。←ムーブは知らなかった!

今井さん、我々の無理なお願いまでありがとうございました。
またよろしくお願いします。

関連記事

コメント

非公開コメント