2014/05/08 乗鞍岳剣ヶ峰滑走

 5月8日【乗鞍岳剣ヶ峰】 単独
13/14シーズン 滑走26日目
Dynafit Manaslu, Dynafit TLT Radical Speed, Dynafit TLT5


三本滝P8:55⇒(春山バス)⇒9:15位ヶ原9:30→11:25剣ヶ峰11:45→11:50東北東斜面滑走→ツアーコース→12:35三本滝P

今日も快晴!   
ってか、その二日間を狙って来たんだから当たり前といえば当たり前か。
1405Norikura_03.jpg 
朝から露天風呂でのんびりしすぎて、出発直前まで仕事の打合せメールや、雪の掲示板への初投稿で大わらわ。 汗かいちゃいました。

三本滝から先はマイカー通行禁止。高原バスに乗り換えますが、平日だというのに1台では乗り切れず2台目のバスに乗り込みました。 GW中はさぞすごい人出だったんでしょうね。

最終バス停の位ヶ原山荘前からハイクアップの開始です。
1405Norikura_06.jpg 

何故か直登にこだわる人が多い中、廣田ガイド直伝の楽チンジグを切って登っていたらごぼう抜き。 直伝なんて言っても実はただ単に緩い角度で斜面幅いっぱいを使って登るだけなんですけど。
1405Norikura_07.jpg 

普段ハイクが遅くて仲間に迷惑を掛けている私ですが、いつの間にやら3番手。
1405Norikura_08.jpg 

穏やかに見えますが、強風が吹いている稜線に到着しました。
1405Norikura_11.jpg 

先に位ヶ原山荘に着いていた1号車の人もみーんな抜き去って、一番乗り~!!

頭わりーな、オレって。
(時間が早すぎて雪がまだカチカチじゃん。)  

剣ヶ峰山頂は時折身体を持っていかれそうになるくらいの強い風。脱いだ板やストックが飛ばされないように気を遣いました。
1405Norikura_13.jpg 

黒部に入れなかったシャレでお隣の高天原を滑ってブログネタにしようと思っていたのですが、地面やブッシュの露出が多く楽しくなさそうなので止めました。
1405Norikura_15.jpg 

北側のコルに戻って東北東のメインバーンに飛び込む事にしました。昨日以前の古いトラックが1本入っていたのが唯一残念でしたが、大斜面を一番で独り占めです。
1405Norikura_17.jpg 

案の定上部はまだ固め。
滑りながら「やっちまったな」と後悔したのですが、傾斜が緩んだ辺りからは笑いが止まらない極上ザラメ。
1405Norikura_18.jpg 

もともとは登り返して何本か回すつもりで来たのですが、またあの風の稜線に戻る根性はありませんし、下には気持ち良すぎの斜面がまだまだ続いています。そのままツアーコースに入って駐車場に戻る事にしました。

パウダー時期は斜度がなさ過ぎて板が走らないツアーコースですが、今日はシャバシャバ雪の快感滑降。場所によってはスピードが出過ぎて怖いくらいでした。
1405Norikura_24.jpg

除雪された道路の横断以外は板を脱ぐことなく快適に三本滝へ戻ることができました。
1405Norikura_26.jpg 

乗鞍岳、山としての趣きには欠けますが、凹凸もクラックもデブリもない広い一枚バーンはこの時期のスキー練習にはもってこいです。

関連記事

コメント

非公開コメント

私も

↓ 実は双六リベンジでGW後半は蓮華岳から大沢滑走を目論んだのですが、走行距離240,000kmの愛車が故障、修理に出し一旦直ったということで代車と交換してきたら直っておらず、また再度修理に・・・
この週末こそ行けると思っていたのですがまた出鼻をくじかれテンション下がりっぱなし。
こんな良い天気なのにすることもなく無駄な時間を過ごしております。
常吉さん、シーズン後半はアクティブですね~~。
春の山、満喫せずにシーズン終了となりそうです。

それは残念!

sakusaku_fukafukaさん、

大沢滑走残念でした。
私は初めて滑ったのですが、源頭部の広い斜面よし核心部の急斜面よしのいいルートですね。登りでは絶景の線歩きも楽しめるし、もっと滑られてもいいルートだと思いました。

しかし、24万kmってすごいですね。
私も車を乗り潰す方ですが、20万km近くなるとその先のトラブルが鬱陶しくなったりして車検を期に買い換えてしまいます。