2014/05/2,3 白馬岳滑走(旭岳北面、白馬沢右俣)①

5月2,3日【白馬岳】W/スガー (熊谷山旅会)、まっちゃん(ウチの会)、マッキー(熊谷山旅会)
13/14シーズン 滑走23,24日目
常吉:Dynafit Manaslu, Dynafit TLT Radical Speed, Dynafit TLT5

27日から午前5時の天気予報を見ては毎朝スガーと一喜一憂ならぬ「一憂二憂…」。
ただでさえ例年より短い4泊5日の黒部横断が3泊4日の水晶岳滑走に変わり、そしてそれが2泊3日の太郎小屋定着になり、ついには1泊2日の白馬岳滑走になってしまいました。でもそのお陰で単独黒部横断から帰って来たばかりのまっちゃんやマッキーも参加してくれて楽しいスキーとなりました。


***************************************
2日 ガス後快晴 旭岳北面滑走
猿倉P6:00→大雪渓→11:10白馬山荘12:40→13:25旭岳13:50→北面滑走(3P)→14:10柳又谷14:45→16:00白馬山荘(泊) 


ほぼひと月振りの山スキー。2010年から4年間連続してきたGW黒部横断スキー縦走はついに途切れてしまいましたが、そんな事より何とか山に入れた事は感慨ひとしお。 Photo まっちゃん
MaP5022688.jpg 

ガスの大雪渓を登っていると足元からManaslu(板)の声が聞こえた気がしました。
しばらくの間、心の中でManasluと対話しながら登りました。

Photo まっちゃん
MaP5022692.jpg 

白馬尻に差し掛かる頃から青空が見え始めましたが、涼風が吹いて益々快適です。この辺りから上の雪面は真っ白。昨日は雪だったようです。今更湿った雪など降らずにさっさとザラメになって欲しいのですが。写真に写っている新しいデブリは2号雪渓からのもの。  Photo まっちゃん
MaP5022695.jpg 

急傾斜帯に入ると両岸の崖から巻き込まれたらただでは済まないサイズの湿雪雪崩が連発しました。夕方小屋に到着したスキーヤーに依れば、今日の午後かなり大きなサイズの雪崩が雪渓のど真ん中で起きたそうです。
Photo まっちゃん
MaP5022697.jpg 

小屋まであともう50mほどでしょうか。
4月初めの騒動以来トレーニングをする気も起きず怠惰な日々を過ごしてきたツケが出て、ここで両ももが痙攣してしまいました。心肺機能は全く何でもないのですが、筋力はあっという間に落ちてしまいますね。
14GW_Hakuba18.jpg

なんとか騙し騙し、15分以上も掛けてようやく小屋に到着。
情けないですがこれが今季の現実。黒部横断に入れなくて良かったのかもしれません。
14GW_Hakuba19.jpg 

まっちゃんとマッキーは山頂へ向かいましたが私とスガーは小屋に上がって休憩です。部屋の名前通り剱の雄姿を見る事ができました。
14GW_Hakuba60.jpg 

幸い痙攣は30分ほどでおさまったのでまっちゃん達の帰りを待って一緒に滑りに行く事にしました。

小屋から柳又の源頭部を横切って旭岳とのコルに滑り込みます。標高差がたった150mなので単なるアプローチと思ったのですが、意外に楽しめて儲けちゃった気分です。
14GW_Hakuba21.jpg 

旭岳まではひと登り。
14GW_Hakuba23.jpg 

東面にも垂涎の斜面がありましたが、私の登り返しの体力を考えて北面プリーズ。
しかし、滑る前から後傾ってどういう事でしょ。
SuP1060903.jpg 

旭岳山頂からの1ピッチ目。
面ツル、ザラメ、ノートラック、貸切。
期待以上の素晴らしい雪と斜面が待っていてくれました。
14GW_Hakuba30.jpg 

2ピッチ目もこの通り最高!  歓声・奇声上がり捲りです。
14GW_Hakuba35.jpg 

さてと、3ピッチ目はどうかな? 
14GW_Hakuba37_1.jpg  

3ピッチ目で柳又谷に滑り込みます。斜面は緩やかになりましたが、カーブや地形の凹凸があってこれまた楽しいピッチでした。それにこのロケーション、素晴らしいです。14GW_Hakuba44.jpg 

3ピッチ目のシュプールを眺めながら、
14GW_Hakuba53.jpg 

満足のリラックスタイム。 いやぁ、よかったぁ。
SuP1060922.jpg 

そして満足感に浸りながら柳又谷源頭をのんびりと登り返します。
14GW_Hakuba57.jpg 

この日の登り標高差は白馬山頂に行かなかった私でさえ2200m弱。さすがにもう皆に遅れずに付いて行こうという気が全く起きず、マイペース以下のスローペース。

山荘到着は遅れる事20分以上でしょうか。皆もう部屋に入ってしまったものとばかり思っていたのですが、展望台で声援を送ってくれました。 
14GW_Hakuba58_2.jpg 

嬉しかったな。
もうずいぶん長い付き合いになる3人で撮ってもらった写真もいい1枚になりました。(ちなみにニューモラップ(finetrack)3兄弟、どんな山行にも手放せないお勧めアイテムです。)
MaP5022743.jpg 

夜)
「こんなに持ってくるから足攣るんですよっ!」
だってさぁ、みんなと飲めるのも楽しみで来たんだから…。

関連記事

コメント

非公開コメント

我々も

白馬お疲れ様でした。
予定変更続きだったんですね~~

我々も双六エリアを目論んでましたが、バテと天候下り坂予報で予定変更。
寝不足と暑さからくるバテに双六行きを断念。
弓折岳南面の支稜の雪庇に穴を掘って雪洞泊。

この標高からイタドリケ原へ滑り降り、下山と相成りました。

下山後、常様お勧めの「ぶたさん食堂」の生姜焼きで空腹を満たしました。
とても旨かったです。

今季はダメでした

sakusaku_fukafukaさん、

今年のGWはお天気がスッキリしませんでしたねぇ。
相棒のまっちゃんはそれを見越して24日から黒部に入り、念願の金作谷横断を果たして帰って来ました。
他にもGW後半に高天ヶ原を目指した2パーティーがあるのですが、雨にたたられた辛い行程だったのではないかと想像しています。

sakusaku_fukafukaさん達も残念でしたね。この時期に雪洞を掘るのは大変だったのではないかと思いますが、作ってしまえば快適な夜が過ごせたのではないでしょうか。

ブログでのレポと写真を楽しみにしております。

PS:ぶたさん食堂、ハードで飢えた山行から戻ってきた時は「ここしかない」という感じですね。今回軽身の我々は白馬の定番「おおしも」でボリュームたっぷりの肉料理など食べてしまってカロリー摂取過多でした。