私事ですが…

4月16日【埼玉医大国際医療センター】

昨晩も入間ベースキャンプでルーフ系の11aをフラッシュ!! 
クラックの11a課題も安定して再登。

思わずつぶやきました。
「オレってもしかして世界で一番強い肺ガン患者かも…。」
61歳になっても未だ最大酸素摂取は50(ml/kg/min)台だし。





__________________________________

辞めた会社の産業医から、在職中に受けた肺のCT検査の事で話があるから会社に来てくれと電話があったのは退職後3日目の事。
えっ、結果は郵送するって言ってたはず。

イヤな予感通り、二つの事業所の二人の産業医の見立てはかなりクロに近いグレーで一致していました。人のいい先生は気の毒そうな表情を浮かべ、すぐに専門医の検査を受けるようにと。 お話が終わって茫然とドアを開けて出ていこうとする私に
「**さん、未だクロと決まった訳じゃないから気を落とさないでくださいね。たまたま血管が重なってそう見えていることだってあるかもしれないし。」
やっぱりクロなんだ!

長年務めた会社の退職事務処理、アメリカの会社への就職と本国への出張、健康保険や社会保険それに年金の手続き、銀行への手続き。そんな時に、入院してそのままという最悪の事態も考えていろいろやらなければならない事が加わりました。


その後の日々。
不思議と(失礼!)生への固執はありません。
ありえないくらいとてもいい人生だったと思っています。それもこれも仕事も遊びも好きなようにやらせてくれたできた家内のお陰です。17歳で知り合えて早44年、本当に感謝。

幸い、人生でやらなければならない事はもう全て終えました。
家内の老後は私の生命保険と年金で何とかなるでしょう。
唯一の心残りは、始めたばかりの仕事かな。新しい世界が広がりかけたのだからもう少しだけやりたかったな。それと最後になるであろうGWの黒部横断もだな。あと11cも1回くらいオンサイトしておきたかったな。 おっと、だんだん煩悩が。

オレってCool。自分でもびっくりの10日間。

涙も出なきゃ、悲嘆にくれることもなし。
何を決めなければならないか、何からすべきか。 ただ淡々と。
だから、これからはゴルゴ常吉と呼んでくれ。戒名も。  




今日専門医の診断を受けてきました。
結果は
「これじゃ、手の施しようがありません。」




なんちゃって、早期発見過ぎてシロクロ付かないそうです。小さすぎるので細胞診も無理。でも形状的にはシロのような気がするなぁと。せっかく早期発見できたのだからすぐに入院という事態を想像していたのですが、このまま3ヶ月に1回CTを撮って様子を見ましょうというお話でした。結構楽観的な感じ。

私ら燃焼系エンジンエンジニアってシリンダ内の混合気の流動や燃焼の推移を計算してアニメーションで見ることに慣れています。その目で今回のCT画像を見てみると、その撮影断面間隔をもっと細かくすれば小さな患部の様子も分かるのではないかと先生に提案したところ、そこまでご心配なら次回そうしましょうかと。頻度も2ヶ月に1回にして頂きました。私が余りに心配するので腫瘍マーカーや各種血液検査も「やり過ぎですけど」とおっしゃいながらもやって頂きました。





__________________________________
というわけで、今季の山スキーは最後まで全うすることができそうです。
最悪クロであっても、自分の体がそういう状態であることが分かったことと、入院まで時間があることは自分の人生にとってとてもありがたい事です。
もしかしたらそう長くはない健康体?、考えて考えてこの先を生きていこうと思います。

最初の診断直後混乱して口走ってしまったカオリン、これが最後と思ったスキーに付き合ってくれたスガー、何かあるなと見抜いてしまったまっちゃん、皆さんには励まされました。
これからもよろしくねー。

オレは行くぜ、黒部!!

関連記事

コメント

非公開コメント

だーかーらー、
常サマは、たとえクロでも進行遅いから。
ゴルゴになれなくて残念だね、やれやれ(=^ェ^=)

どきどきしながら

読んでしまった。
クロは私ですから~ね(*_*)とらないでっ!!

つ、常吉さーん(>_<)ビックリして、心臓飛び出そうでした…。不安でしたね。。
でも早期発見すぎるくらいでよかったです!お身体いたわりながら、これからも力一杯遊んでください!笑
ブログ楽しみにしてますよ〜(*^^)v

憎まれっ子?(笑)

世にはばかる、で是非お願いします!

ボランティア、よろ。

いず、

馬っ鹿にしやがって、もー。
オレは若いの!!

短い老い先、一緒に楽しく遊んでな。
頼むぜ、ホント。

あ、そうか。

kuroさん、

ごめん、ごめん、クロクロって。

ねぇ、ときどきこっち来てるんでしょ。
連絡してよ。
例のお鮨屋ご案内したいんだ。

きょうこちゃん!

きょうこちゃん、

久しぶり!!
読んでてくれてたんだ。
BCにも顔出さないし、甘い生活に浸りきってるのかと思ってた。

残念ながらシロとは出なかったけど、少なくとも時間の余裕を貰えたので精いっぱい生きるよ。
またみんなでrikyu行こうか。

救われたよ!

まっちゃん、

まっちゃんの言葉には救われました。
ホントにありがと。
肺がんと言えばイコールあばら骨を折っての全摘手術だとばかり思っていて、もうこの先山は行かれないと思いこんでいました。だったら生きていても仕方ないなと。

今年前半は娘の結婚を除けば我が家の最悪の年でした。
そんなこんなでGWは同一行動取れない事になったけど、追いかけます。どっかでうまく会えるといいなぁ。電波が入る所があったらスノーブリッジの様子入れておいてください。

これからもよろしくお願いします。
遊べる限り遊びます。

常さま!
びっくりしました
でも、名は体を表すとの言葉通り、常吉さまですから。
うちの父も早期発見でピンピンしてますから、大丈夫ですよ。
また遊んでください。

しょうこちゃん!

しょうこちゃん、

今季は成果いっぱい出せていいなぁ。
色々な事があり過ぎて私は全く振るいませんが、まだまだ続けます。
またお天気のいい日に富士山滑りたいね。

自分の免疫力信じて健康生活心がけます。
てな訳でこれからもよろしく!