インドア講習会

3月30日【石田登山塾ロープワーク&クラック講習】@ストマジ淵野辺

私は盲目的に真ん中が正解だと思っていました。
Left.jpg Center.jpg Right.jpg 何を重視するかの問題ではありますが、確かに。



この日はストマジで6時間のロープワーク講習とそれに引き続く2時間のフィンガークラック講習。

私が知っている限り他の講習会は「知識の伝授」ですが、石田登山塾では「動作の洗練」。徹底した反復練習が行われます。今日はロープの畳み方だけでも一生分以上やりましたが、このくらい反復すると自分自身でもいろいろな事に気付いてきます。

・ロープの畳み方(1.5h)
・ロープの背負い方(0.5h)
・ミニマムギアでの終了点工作(いろいろな支点に対して)(2.5h)
・引き解け結びを使った懸垂下降の仮固定(1.5h)

今まで懸垂仮固定は支点側の2本のロープの間にレッグループのカラビナでワンターンさせたビレイ側ロープを割り込ませて自重で押さえこむ方法を使ってきました。これだと固定は確実ですが解くときにちょっと気を使います。引き解け結びの場合ビレイ端を握って解くので間違えようがありません。まだ慣れていないので固定作業中に5cmくらずり落ちてしまう事があるのですが、これからはこれに変更予定。ワンターンと組み合わせれば完璧か?

フィンガークラック講習
足限なし:○
足限(クラックボードのみ):○
足限(クラックボード継ぎ目の平坦部なし):1フォールTO

関連記事

コメント

非公開コメント